株式会社湘建が環境配慮型の集合住宅「SHOKEN VILLA」を販売開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社湘建が環境配慮型の集合住宅「SHOKEN VILLA」を販売開始

不動産総合企業「湘建」が持続可能な社会の実現に向け、環境に配慮した「Nearly ZEH-M」仕様の集合住宅「SHOKEN VILLA」の販売を開始

“お客さまに寄り添い、笑顔あふれる住まいづくり” の ビジョンを掲げ、投資用不動産・居住用不動産の販売・賃貸仲介・管理業務など住まいをトータルにサポートする不動産総合企業、株式会社湘建(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目6-1 みなとみらいセンタービル19階、代表取締役:松尾健太郎)は、国が政策目標として取り組む新築住宅・建築における省エネルギー(省エネ)に関する基準「Nearly ZEH-M」をクリアし愛知県名古屋市に竣工した集合住宅(アパート)『SHOKEN VILLA』の販売を開始、持続可能な社会の実現に向けて、快適で経済的な生活を送ることができるゼロ・エネルギー住宅等の推進について、新たに取り組みましたことをお知らせいたします。

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を掲げ社会課題の解決に世界的に取り組まれるなか、住まいづくりを担う不動産業界でも、近代的なエネルギーの確保や気候変動に対する具体的アクションが求められています。ここ日本においても、一次エネルギー消費量収支ゼロを目指した住宅・ZEHの普及に向け進んでおり、太陽光発電など自家発電でエネルギーをつくる「創エネ」、外皮(屋根・天井、外壁、床)の断熱性能を向上させる「断熱」、効率的にエネルギーを使える最新設備を導入する「省エネ」といった3つの視点に注力した住まいづくりがスタンダードとなるよう、各企業の取り組みが注目されています。

そのような背景のなか、当社においても、環境に配慮した住宅の提供を通じて、持続可能な社会の実現に注力していきたく、この度「Nearly ZEH-M」の基準をクリアしたアパート『SHOKEN VILLA』の販売を開始いたしました。

『SHOKEN VILLA』は、断熱性能を高め、外壁や開口部から逃げる熱量を減らすことにより、基準一次エネルギー消費量から29%一次エネルギー消費削減、太陽光発電による再生可能エネルギーを加えて、室内LED照明、暖冷房、給湯、ドアの施錠といった最新設備により、基準一次エネルギー消費量からの76%の一次エネルギー消費削減するといった、「断熱」「省エネ」「創エネ」を実現したアパートです。環境にはもちろん、家計や健康面でも優しい住まいとなっています。

また、本商品は当社が個人投資家向けに販売するアパートであり、これまで利回りへの懸念から伸び悩んでいた環境配慮型投資用アパートの普及に向け、オリックス銀行株式会社が個人投資家向けのZEH仕様物件購入の融資に優遇金利を設け、フィリックス株式会社が開発に携わっている、注目の商品です。
世界的な潮流としても環境配慮や社会貢献に投資への期待が膨らむなか、ぜひ個人投資に未来へのワンアクションを付加した商品を、ぜひご検討ください。

ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」を指します。

戸建て住宅と集合住宅、低中層・高層・超高層といった階数規模、そして一次消費量の削減率で基準が設けられています。

『SHOKEN VILLA』集合住宅におけるZEH(集合ZEH)について

『SHOKEN VILLA』は、経済産業省資源エネルギー庁が定義する集合住宅におけるZEH(集合ZEH)の判断基準Nearly ZEH-Mに該当した物件となります。

  1. 当該充当に含まれるすべての住戸について、強化外皮基準に適合するUA値が0.41[W/㎡K](※当該地域基準値:UA値=0.60[W/㎡K]以下)
  2. 再生可能エネルギー等を除き、共用部を含む当該住棟全体で、基準一次エネルギー消費量から29%一次エネルギー消費削減(※基準値:20%以上削減)
  3. 太陽光発電よる再生可能エネルギーを導入(※容量不問)
  4. 再生可能エネルギーを加えて、共用部含む当該住棟全体で、基準一次エネルギー消費量からの76%の一次エネルギー消費削減(※基準値:75%以上100%未満削減)

『SHOKEN VILLA』物件概要

  • 所在地:愛知県名古屋市昭和区
  • 階数:地上3階
  • 構造:木造サイディング造 準耐火構造
  • 竣工:2022年9月末
  • 特徴:前項を参照

株式会社湘建 会社概要

  • 社名:株式会社湘建 (国土交通大臣(1)第9146号)
  • 所在地:〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目6-1 みなとみらいセンタービル19階
  • 電話:045-227-8450
  • 設立:2009年1月13日
  • 代表者:松尾健太郎
  • 資本金:1億円
  • 事業内容:不動産売買/不動産仲介/不動産コンサルティング/不動産販売代理業/不動産賃貸管理/リフォーム事業
  • URL:https://shoken-yokohama.co.jp
本件に関するお問い合わせ先
  • 株式会社湘建
  • 電話:045-227-8450
  • FAX:045-227-8451
  • E-mail:info@shoken-yokohama.co.jp

<以上>

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ