株式会社IKUSAが体験型のSDGsイベント「SDGsコンパス」を提供開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社IKUSAが体験型のSDGsイベント「SDGsコンパス」を提供開始

世界を変える、はじめの一歩を支援する体験型のSDGsイベント「SDGsコンパス」をリリース

企業の研修、自治体や商業施設での親子向けイベントに対応した全4種のプログラムを提供

”あそび”で社会課題を解決する株式会社IKUSA(本社:東京都豊島区、代表取締役:赤坂 大樹)は、世界を変える、はじめの一歩を支援する体験型のSDGsイベントとして「SDGsコンパス」(https://sdgs-compass.jp/)をリリースしました。

SDGsコンパスとは

”ワクワクするSDGs体験を全ての人に”というミッションのもとに開発されたあそびとSDGsの学習を掛け合わせた体験型のイベントです。
SDGsに関する知識や経験がない。一緒に始める仲間がいない。そんな理由で踏み出せない企業や自治体、個人の”はじめの一歩”をワクワクするあそびの力を使って支援します。
SDGsのことを自分たち一人一人が考え、自分ごと化することが最初の第一歩となります。
弊社は体験を通じて、そのはじめの一歩になることを目標としています。

”あそび”と”SDGsの学習”を掛け合わせた事業の開発背景

弊社はこれまで、チームビルディング研修や地域活性化イベントを企業や自治体、商業施設を通じて世の中に届けることを事業にして参りました。
その中で、「命にかかわる大事な行事だが防災訓練や防災研修の参加率が低い」という悩みを各担当者様から伺うようになり、「社会にインパクトを与えられる無くてはならない事業も作りたい」と考えていた弊社の想いとも重なり、”あそび”を通じて防災を学ぶことができる「あそび防災プロジェクト」を2018年に立ち上げました。
届けたい情報を”あそび”と掛け合わせることで参加しやすいものに変え、興味・関心を持っていただきにくい社会課題においても、より多くの方に参加していただけるようになり、150程の導入実績を作ってきました。
この経験から「個人の理解を深め、意欲的に取り組んでほしいが実現できていない」「実際何から始めたら良いか分からない」などの悩みをいただいていたSDGsの領域にも挑戦しようと考えました。
SDGsコンパスは、「世界を変える、はじめの一歩を支援する」というビジョン、「ワクワクするSDGs体験を全ての人に」というミッションを掲げています。
「SDGsに関する知識や経験がない」「一緒に始める仲間がいない」という理由ではじめの一歩を踏み出せない企業や自治体、個人に対して、ワクワクするあそびの体験を通じて支援していきます。
また、弊社は、”あそびの価値を高める”というパーパスを掲げ、累計2000団体以上の企業や自治体で体験型サービスを届けてきました。現在は年間1000社を超える社内イベントを実施しています。
これまでの経験を活用し、弊社が開発したサービスを通じて、SDGsを軸に多くの人の行動変容を促したいと考えています。

体験型のイベントにこだわる理由

①SDGsに対する関心の薄い人であってもサービスに興味を持ちやすいこと

これまでに述べてきた内容と被る部分はありますが、弊社が挑戦している地域活性化や防災対策では、お客様は何かしらのメッセージを興味・関心がない方に伝えることに苦労しています。
興味のない人にも関心を持ってもらうには、”何か楽しそう”や”ワクワクする”などの人間が本来持っている楽しいことがしたいという欲求を刺激することが有効です。
体験は、そのような効果を持っているので、関心の薄い人でもサービスに興味を持ちやすく、参加ハードルを下げることができます。

②体験することによる学習効果が高いこと

あそびを体験することで体験者の意欲が高まります。
あそびを体験すると、心が開いたり気分が上がったりします。その状態で、SDGsなど知識を学べる時間を取れば、活発な議論が生まれたり学びに対して前のめりになってくれたりします。
具体的に、体験のどういう点が優れているかというと、
・純粋に楽しいことをしている時の意欲の高さ、没入感は計り知れない
・学び、考えたことをすぐアウトプットすることができるので、その場でPDCAサイクルを回すことができる
・自分一人ではなく、チームで協力することがほとんどなので、自分では気付けなかった視点を持つことができる
という点が挙げられます。
実際にイベントに参加して感じたこと、イベントを開催して参加者様からいただく感想からも、体験の学習効果は非常に高いと感じています。
その根底にあるのは、弊社の”あそびの価値を高めたい”という想いと、参加者様から”あそび”によって組織や個人が良い方向に変わったと感謝していただいた経験です。
こちらの2つを理由に、体験型のサービスを提供し続けるの両方を持っている企業は少なく、ハードルは高い取り組みですが、あそびを通じて、社会課題の解決に挑み続けていきたいと考えています。

SDGsコンパスのプログラム

各プログラムの概要をご紹介していきます。

SDGsビジネスゲーム~ワールドリーダーズ~

企業のためにつくられた企業経営を体験できるSDGsビジネスゲームです。

各チームは企業として戦略を立て、労働力や資本を使って利益を競います。
ただし、利益を追求するだけでは次第に企業としての価値を向上させることが難しくなります。長期的な利益を生むため、各チームは環境や社会など様々な要素を考慮し、最終的に多くの資金を稼いだチームの勝利です。
SDGsにおける企業の役割を学ぶだけでなく、戦略思考や情報共有、駆け引き、チームビルディングなどさまざまなことを体験できます。

 ▼サイトURL

実際のゲームで使用する物品です。労働力や資金を使用することで事業を立ち上げ、新たな資金を獲得します。実際のゲームで使用する物品です。労働力や資金を使用することで事業を立ち上げ、新たな資金を獲得します。

SDGs謎解き~ある惑星からのSOS

オンラインで楽しめる、SDGsと謎解きを掛け合わせたイベントです。

参加者の皆さんはチームに分かれて、「ある惑星」を救うために、環境や社会に関する様々な課題を解決しなければなりません。
その惑星の現状を知るために、ストーリーに沿ってチームで「謎解き」にチャレンジする必要があります。
謎を解きながら星の現状を知り、チームで解決策を考えることで、ゲームを通して自然とSDGsに触れることができます。

 ▼サイトURL

実際のゲーム画面です。参加者はゲーム専用ウェブサイトを使用しゲームを進めていきます。

実際のゲーム画面です。参加者はゲーム専用ウェブサイトを使用しゲームを進めていきます。

SDGsワークショップ~SDGsマッピング~

自社とSDGsのつながりを見つけるワークショップ型の研修です。

SDGsマッピングとは、自社事業とSDGsの17目標を紐付けて整理するフレームワークです。
IKUSAのSDGsマッピングは、SDGsの知識があまりない方でも気軽に取り組める入門編のワークショップです。
SDGsの目標を構造化して示した「ウェディングケーキモデル」に自社の取り組みを分類し、自社とSDGsのつながりを見つけます。
SDGsマッピングを行い自社とSDGsのつながりを感じることで、SDGsを身近なものとしてとらえ、自分ごと化することができます。
サイトURL:https://sdgs-compass.jp/sdgs-mapping/

自社のSDGsについて考えるだけではなく、他社のSDGs事例を動画で学ぶことで、SDGs導入のヒントを得ることができます。自社のSDGsについて考えるだけではなく、他社のSDGs事例を動画で学ぶことで、SDGs導入のヒントを得ることができます。

SDGsアドベンチャー

体験を通じてSDGsを親子で学ぶことができるワークショップです。

「世界を大冒険!SDGsアドベンチャー」というテーマのもと、いくつかの島に見立てたワークショップを周遊していただきます。全ての島をクリアすると、SDGs缶バッチを受け取ることができます。
楽しいワークショップを通じて、親子でSDGsの取り組みについて考えることは勿論、各ワークショップの終了後、QRコードを読み込むことで、SDGsの現状の課題をみることができます。ワークショップ終了後もSDGsについて話し、考えるキッカケを作ります。

 ▼サイトURL

ワークショップ終了後にフェアトレードマークについての説明を聞いている写真です。ワークショップを楽しみながらSDGsついて学ぶ機会もあります。ワークショップ終了後にフェアトレードマークについての説明を聞いている写真です。ワークショップを楽しみながらSDGsついて学ぶ機会もあります。

SDGsコンパスで学べること

①「綺麗事だけでは解決できない」ことを知る

SDGsコンパスのゲームは、ただ綺麗事を行えばゲームが成功する仕組みではないため、実際のビジネスシーンと通ずる部分が大きく、体験を通して「綺麗事を言っているだけでは解決できない」というSDGsの実情を知ることができます。

②どの範囲で問題を見るか、自分の興味は何かを考えるきっかけとなる

SDGsと一言で言っても全てを網羅出来る訳ではないので、優先課題を決める必要があります。SDGsコンパスは、親和性が高い目標が何か考えるきっかけを作ります。

③自社の魅力をSDGsの視点から再発見し、見直すきっかけとなる

SDGsマッピングを通して、自社の企業理念やミッションを見直すこともでき、自分たちの強みを再認識できます。その上で課題解決のためのイノベーションをどう生み出していくか、どう行動するか考えていきます。

株式会社IKUSAについて

会社概要

  • 社名:株式会社IKUSA
  • 本社所在地:東京都豊島区東池袋3-20-21広宣ビル 4F
  • 代表取締役:赤坂 大樹
  • 事業内容:イベント事業・フードデリバリー事業・デジタルマーケティング事業
  • 設立:2012年5月29日
  • HP:https://ikusa.co.jp/

サービスサイト一覧

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向け 特集
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ