株式会社CUVEYESが経産省関東経済産業局主催プログラムに採択

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社CUVEYESが経産省関東経済産業局主催プログラムに採択

脱炭素行動変容アプリ「SPOBY」が関東経済産業局「FORWARD KANTO INNOVATION CONNECT 2022」に採択/埼玉県入間市プロジェクト

自治体が環境問題に取り組む時代。入間市が市民と一体となり脱炭素型ライフスタイルを形成。アプリの活用した課題解決手法とは

株式会社CUVEYES(東京都中央区 代表取締役 夏目恭行、以下「当社」)は、埼玉県入間市における「市民・事業者との共創によるゼロカーボンシティの実現」という社会課題に対するソリューションを持つ企業として、経産省関東経済産業局主催プログラム「FORWARD KANTO INNOVATION CONNECT 2022」に採択されました。
 ▼プログラムHP

 経済産業省関東経済産業局では、「令和4年度イノベーションの社会実装に向けた地域成長産業共創事業」を実施し、それぞれの地域にあった地域の社会課題を解決するソリューションの持続可能な形での社会実装を目指しています。

入間市の脱炭素への取り組み

入間市は、2021年2月、近隣4市とともに2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ共同宣言」を表明しました。また、2022年5月「Well-being City いるま」をテーマに、2022年度SDGs未来都市として内閣府から選定されました。さらに、官民連携による脱炭素型まちづくりを推進する「入間市ゼロカーボン協議会」を設立し、狭山茶・里山の保全や防災レジリエンスの強化など、地域課題解決に資する地域新電力の誘致・創出に向けた取組を推進しています。

アプリ『SPOBY』で市民の脱炭素型ライフスタイル転換を促進

入間市においてゼロカーボンシティに向けた取り組みを進める一方で、地域の市民・事業者にとって理解されやすい新たな仕掛けや魅力的なインセンティブが不足しているという課題がありました。

『SPOBY』は歩行や自転車移動により乗り物利用を抑制し、節約された炭素排出量を見える化できる行動変容アプリです。
市民が楽しみながら脱炭素活動に取り組むことが可能で、一人ひとりの環境意識だけでなく健康意識も高め、行動変容を促していきます。
市民が獲得した脱炭素や健康増進のポイントをご褒美に交換できる仕組みがあり、そこに地域事業者による特典供給が加わることで、送客効果による地域活性化も目指します。

SPOBYについて

「SPOBY」は、本来乗り物に乗って移動すべき距離区間を歩行または自転車で移動したときの二酸化炭素抑制量を計算し可視化する唯一のアプリサービスです。
先月公開された法人版では 従業員の勤務時間における脱炭素量やリモートワーク時の排出抑制量をスコア化し、環境パフォーマンスデータ(スコープ3カテゴリ7)におけるCO2オフセット量の算出を可能とします。
人の活動量増進に繋がるため、「脱炭素」だけでなく「健康」にも寄与するソリューションツールとなります。

活動量、排出抑制量のデータをタイムリーに可視化

アプリで測定された活動量や二酸化炭素排出抑制量のデータは、タイムリーに集計され、管理画面上に表示されます。それにより、環境負荷改善への目標設定、定期的な見直しが可能となり、従業員は日常的に環境保全活動を行うことが可能となります。

サービス概要

  • サービス名:SPOBY(スポビー)
  • アプリ対応機種 :iOS/Android
  • サービスURL:https://spoby.jp/index.html
  • E-Mail:info@spoby.jp

株式会社CUVEYES について

CUVEYES(キューヴアイズ)は、スマホアプリの力で、SDGsの実現を目指す企業です。

  • 代表者名代表取締役 最高経営責任者 夏目 恭行
  • 本社所在地:東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋 DMビル 5階
  • 事業内容:健康増進・脱炭素推進事業
  • URL:https://cuveyes.com/index.html

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ