株式会社オリエントコーポレーションが”サステナビリティリンクボンド”を発行

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社オリエントコーポレーションが”サステナビリティリンクボンド”を発行

オリコ「第33回無担保社債:サステナビリティリンクボンド」を発行

創業期の個人事業主におすすめの年会費無料法人カードなど金融&決済サービスを提供する株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が、日本国内の市場において公募形式による「オリコ第33回無担保社債サステナビリティ・リンク・ボンド(以下:本サステナビリティ・リンク・ボンド)」を発行しました。

サステナビリティ・リンク・ボンドとは

サステナビリティ・リンク・ボンドとは、発行体が事前に設定した将来的なサステナビリティ/ESGに関連する目的の達成状況に応じて、財務的・構造的な特徴が変化する可能性のある債券の総称です。

サステナビリティの取り組みと目標(KPI)

オリコは、長期目線で社会価値と企業価値の両立をめざす「サステナビリティ」を経営の軸として、10 年後のめざす社会・めざす姿からのバックキャスティングによって、2023 年 3 月期を初年度とする中期経営計画を策定し、重要課題の実現に向け、サステナビリティの取り組みと目標(KPI)を設定しています。

その重要課題のひとつとして「持続可能な地域づくりへの貢献」を掲げており、海外事業では東南アジアにおいて国ごとに最適な金融商品やサービスを提供し、自動車市場の発展をめざしています。

オリコ・サステナビリティ・リンク・ファイナンス・フレームワーク

2022年10月、オリコが事業展開している3カ国(タイ、フィリピン、インドネシア)のオートローンの年間取扱高をKPIに選定し、取扱高の増加をSPT※1に設定したオリコ・サステナビリティ・リンク・ファイナンス・フレームワーク(以下、本フレームワーク)に基づく資金調達の第二弾として、信販会社初となる本サステナビリティ・リンク・ボンドを発行することといたしました。

本フレームワークは、国際資本市場協会(ICMA)が定める「サステナビリティ・リンク・ボンド原則2020」との適合性について、第三者評価機関である株式会社格付投資情報センター(R&I)よりセカンドオピニオンを取得しています。

※1 SPTとはサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットの略であり、オリコのサステナビリティ戦略と整合した取り組み目標

サステナビリティ・リンク・ボンドの概要

※2 SPTを達成出来なかった場合、SPT判定日後に発行総額の0.10%相当額を当社が事業進出している東南アジアの国々に対してポジティブなインパクトを創出することを目的として活動する一般に認知された法人・団体に寄付。
寄付先については、必要な機関決定を経て選定し、ウェブサイトにて開示

本サステナビリティ・リンク・ボンドに関する投資表明

本サステナビリティ・リンク・ボンドへの投資表をしていただいた投資家をご紹介いたします。

投資表明投資家一覧

  • あいち知多農業協同組合
  • あぶくま信用組合
  • 一関信用金庫
  • 上田信用金庫
  • 大川信用金庫
  • 鹿児島興行信用組合
  • 株式会社秋田銀行
  • 株式会社東邦銀行
  • 北見信用金庫
  • 釧路信用金庫
  • さわやか信用金庫
  • 高松信用金庫
  • 銚子商工信用組合
  • 東京海上アセットマネジメント株式会社
  • ニッセイアセットマネジメント株式会社
  • 兵庫信用金庫
  • 三重県信用農業協同組合連合会
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社

(五十音順)

関連情報

当社の重要課題(マテリアリティ)
オリコ・サステナビリティ・リンク・ファイナンス・フレームワーク
セカンドオピニオン(R&I)

<以上>

関連記事➡ オリコの法人カード「EX Gold for Biz 」のデメリットとは


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、資金調達をすると同時にSDGsへの取り組みを簡単に実施できる新しく便利な融資商品です。
銀行に法人口座を開設すると利用でき、都市銀行から地方銀行が積極的に取扱っています。

私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。
VOIXでは他にも、資金繰りを楽にする「中小企業におすすめの法人カード」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ