株式会社ヴァレイが本気でSDGsに取り組み出来上がった洋服を購入できるポップアップイベントを開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社ヴァレイが本気でSDGsに取り組み出来上がった洋服を購入できるポップアップイベントを開催

「Fashion×SDGsをガチでやってみた!」大阪梅田 ルクア イーレ 4F sPACEにてポップアップショップを開催!

チャンネル登録数11.7万人、車椅子YouTuber「現代のもののけ姫Maco」渋谷真子とのトークイベントも開催決定!

日本全国の縫製職人と共に日本製の服づくりを行う「MY HOME ATELIER」を運営する株式会社ヴァレイ(本社:奈良県上牧町、代表取締役:谷 英希)が、服づくりにおける環境と多様性のある社会と人に向き合い、本気でSDGsに取り組み出来上がった洋服を購入できるポップアップイベントを、ルクア イーレ 4F sPACEにて2023年4月5日(水)~4月11日(火)に開催します。

昨今、SDGsという言葉やテーマのイベントや取り組みをよく見るようになりましたが、「ガチ」でやっているのでしょうか?
子どもも大人も、社会全体で課題となり関心が深まっている環境問題、多様性のある社会に株式会社ヴァレイ(以下「当社」)は本気で向き合いました。

「SDGs」ファッションができることは何か

社会全体の様々な業界で環境破壊の問題提起、ジェンダーレス、バリアフリー、誰もが住みやすく持続可能な社会に向けてたくさんの貢献を行っており、ファッション業界でも環境破壊や大量廃棄、多くの課題に向き合っています。

日本製の服づくりを行い「日本の縫製業を次世代に繋ぐ」をVisionに掲げている当社では「MY HOME ATELIER」の仕組みで、在宅でプロの縫製の仕事ができる日本のものづくりのクラウドワーキング化を進めており、「ガチ」でできることは何かとSDGsに取り組んでいます。

今回のイベントでご購入いただける洋服は全て日本製。
ファッションのSDGsに取り組むブランドと、「ギャップ・コントラスト・マリアージュ」をコンセプトに、トレンドに敏感な若者からファッション感度の高い大人の女性や男性まで、世代を超えた幅広い層のお客様一人ひとりに「見たことのない組み合わせ」を提案し、新たなファッション・ライフスタイルとの出会いや発見をお楽しみいただける商業施設を目指す「ルクアイーレ」にて、ポップアップイベントを開催します。

「Fashion×SDGsをガチでやってみた!ポップアップショップ」参加ブランド

「Kainos(カイノス)」

チャンネル登録数11.7万人、車椅子YouTuber「現代のもののけ姫Maco」渋谷真子
「ただ普通の洋服が着たい…」車椅子ユーザーでも可愛く着られる服をテーマに廃棄予定の洋服をオリジナルリメイク。株式会社ワンピース(本社:兵庫県加古川市、代表取締役:久本 和明)協賛の元、アップサイクルの服づくりが実現しました。着用しやすい前開きや、座ってもキレイに映えるディティールにこだわり、障がいのある方も、そうでない方もときめく服をお届けします。

  • 株式会社ワンピース HP:https://onepeace-net.com/
  • 提供商品:「CAWAII(カワイイ)」Ehre style(エーレスタイル)

「AFRICL(アフリクル)」

デザイナー沖田紘子が運営する、西アフリカ、ベナンの手染めの伝統生地バティックを日本の縫製で仕立てるブランド。「一生モノ」のものづくりを目指し、大人の方々のために纏う美しい伝統文化をお届けします。
「凛と生きるすべての人に笑顔のきっかけを」

  • 2021年7月  サステナブルセレクション一つ星取得
  • 2021年12月  エシカルファッションショー参加
  • 2022年2月  ウーマンズビジネスグランプリ特別賞、さわやか信用金庫賞受賞

「rrrrrrrrr(ナインアール)」

アパレル業界の課題と真剣に向き合ってスタートした「私と未来を創る服」をお届けします。
毎日洗えてシワにならない魔法の「カラースラックス」や、シワを目立たせない「プレミアムカラーシャツ」などお客様のニーズから目的にあった、用途に困らない服を設計し、流行に囚われず、着ていて心地よい衣類を創っています。日本国内生産の高品質な商品を適正価格で販売、人と環境にやさしい未来を創る、サスティナブルファッションを目指しています。

「MY HOME ATELIER(マイホームアトリエ)」

当社が運営するブランドで構成されたチーム「新-ARATASHI」では、どの商品も「MY HOME ATELIER」を利用し、日本の縫製職人が自宅で縫製を行うことで失われてゆく技術を次世代に繋いでいます。

Ruimeme(ルイメーム)、Filvoir(フィルボワール)、jesh(ジェッシュ)etc…新進気鋭のデザイナーズブランドのお洋服を数量限定で取り揃えています。

 ▼参加ブランドSNSアカウント

ポップアップイベント開催のきっかけ

車椅子YouTuber 渋谷 真子と株式会社ヴァレイ代表取締役 谷 英希のTwitterでの一通のDMがキッカケとなりこのプロジェクトが立ち上がりました。
多様化が進み誰もが住みやすい社会を目指す中、本当に必要とされている服が作られているのでしょうか。
再生繊維や二次流通、オーガニックコットンなど売るための言い訳になっていないでしょうか。
SDGsが掲げる、働きがい、経済成長、つくる責任、つかう責任、パートナーシップで目標を達成する、人や国の不平等をなくす、難しい課題だからこそ、SDGsに向き合うブランドと当社が「ガチ」で取り組むイベントです。

ポップアップイベント詳細

  • 「Fashion×SDGsをガチでやってみた!ポップアップショップ」ルクア イーレ 4F sPACE
  • 期間:4月5日(水)~4月11日(火)(営業時間:10:30~20:30)

トークセッション

  • Kainos 渋谷 真子 × 谷 英希 登壇(4月8日(土)13:30~14:30、17:00~18:00)
  • AFRICL 沖田 紘子 × 谷 英希 登壇(4月9日(日)13:30~14:30、17:00~18:00)

株式会社ヴァレイ代表取締役 谷 英希 コメント

最近どこに行ってもサスティナブルが語られていたり、商談をしていても企業や銀行の方の胸元にはSDGsのバッジが付けられています。どんな仕事であっても人や環境、社会にとって持続可能なものしか残っていかない時代です。
そんな中ファッションは本当に変化し持続可能なものになっているでしょうか?色合いや写真やコンセプトだけが先走り、お客様はトレンドとして商品を購入しますがその中身は何も以前と変わっておらずサスティナブルが売れるためのコピーになってしまっていると感じています。僕達の日本の縫製業を次世代につなぐというビジョン達成のためにも、今回は素晴らしいデザイナーやクリエイターさん達と共にガチで僕達にできるSDGsに挑戦してみたいと思います。

Kainos代表 渋谷 真子 コメント

「車椅子に乗ってるせいで好きな服を着れない」「お洒落を楽しめない」そんな悩みを抱えている人は多くいます。私も着たい服があっても、着るのが大変だから…座ってる時のシルエットが綺麗じゃないから…と諦めていた服も多くあります。”好きな自分”でいる事で鏡の前にいると笑顔になれるはずです。
今回のコラボをキッカケに車椅子の人がお洒落を諦めない、笑顔でいられるための服作りが今後も出来たらいいなと思っています。車椅子ユーザーだけでなく、多くの人にとっても「着やすいお洒落な服」となっていくと感じています。

「MY HOME ATELIER」とは

様々な事情で働けなくなった縫製職人が「自宅を小さな縫製工場」として仕事ができるよう、本社でマザー工場を運営しています。自宅ではできない裁断や資材の管理、特殊ミシンでの仕上げや検品などはマザー工場で行います。縫製士がすぐに仕事ができるように資材を届ける、万が一のトラブルがあった際には即座に対応するなど、服づくりに必要な工程を連携しています。
「MY HOME ATELIER」は北は福島県から南は長崎県まで全国に約260拠点を展開。主に布帛の婦人服を取り扱い、有名D2Cブランドやパリコレ出展ブランドなど、日本の縫製の技術力を活かす高品質な服づくりを小ロットから行っています。

縫製職人のクラウドワーキングで日本を変える「MY HOME ATELIER」詳しくはこちら
  • https://www.valleymode.com/mh-atelier-info/
  • 2019年 経済産業省「羽ばたく中小企業300社」選出
  • 2023年 経済産業省「次代を担う繊維産業企業100選」選出
  • 経済産業省主催「第3回アトツギ甲子園」優秀賞受賞

会社概要

【メディア出演歴】

テレビ東京 ガイアの夜明け、AERA「現代の肖像」、月刊事業構想、日経新聞、産経新聞、NHK国際放送「Rising」、BS朝日 Fresh Faces、NHK ルソンの壺、NHK おはよう日本、奈良テレビ ゆうドキッ!、TBS 坂上&指原のつぶれない店、など

【本リリースに関する報道のお問い合わせ先】
  • 株式会社ヴァレイ(広報担当:田中)
  • TEL:0745-31-5156(平日9:00~17:00)
  • e-mail:info@valleymode.com

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ