有限会社スワニーが「アップサイクリング・ワークスペース™(UCWS)」の取り組みを開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
有限会社スワニーが「アップサイクリング・ワークスペース™(UCWS)」の取り組みを開始

スワニーが持続可能なものづくりを支援する地域循環型の取り組み「アップサイクリング・ワークスペース」を始動。

MiYO ORGANICと共に廃プラのアップサイクルを活用したプロダクト化を推進。

2023年5月10日、有限会社スワニー(本社:長野県伊那市、代表:橋爪良博)と株式会社ミヨオーガニック(本社:愛知県名古屋市、代表:山本美代)は、廃棄プラスチックをアップサイクルし新たな価値をもつプロダクトとして生まれかわらせるための企業向けの取組み「アップサイクリング・ワークスペース™(UCWS)」を開始する。

近年、SDGs(持続可能な開発目標)は社会全体の課題であり、さまざまな企業が持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現へ向け取り組んでいます。そのうちプラスチックリサイクルにおいては、廃プラスチックを元の原料に戻してから加工する必要があるため資源を使って新しい製品を作るよりコストがかかってしまうこと、また、リサイクル原料を使用した製品品質の担保という2つの大きな課題があります。

これらの課題を解消しつつ持続可能なものづくりを実現するための枠組みとして、社会福祉協議会と企業が連携したUCWSを2023年5月から開始します。このUCWSでは、企業から排出される廃プラ資源を収集後、社会福祉協議会で洗浄・分別・粉砕までを行い、再生材化。アップサイクリングの実現をサポートするとともに、社会福祉協議会と連携することで、これまで課題であった廃プラの再生にかかる工程を企業向けサービスとして実現しつつ、同施設で勤務する障がい者への雇用も創出にも役立ちます。

MiYO ORGANICが知見を持つホスピタリティ業界におけるノウハウを活かした収集〜流通網の構築を、スワニーは再生材の特性を活かした設計〜部品成形、製品化までを支援し、それぞれの企業の要望にあったアップサイクリングの実現をサポートします。
また、企業はこの再生材化材料のまま購入し、自社内でアップサイクルすることも可能です。

アップサイクリング・ワークスペースのロゴマークアップサイクリング・ワークスペースのロゴマーク

UCWSの取り組みから生まれた第1弾のプロダクトとして、MiYO ORGANICから自社製品である歯磨きペーパー ™用ケースを製作しました。

MiYO ORGANICの山本美代は「使い終わったプラスチック製品を回収し、新たなモノに作り変えて循環させていくことで、ゴミを増やすことなくかつ新しい価値もつプロダクトを生み出せると考えています。そのためには、材料の理解と製品としての品質維持するための知見を持つスワニーとの連携はUCWSの取り組みを大きく後押ししてくれると確信しています。」

このUSWSの取り組みは、スワニーが拠点を置く長野県伊那市からスタートします。 スワニーの橋爪良博は次のように述べています。「UCWSは、各地方自治体や社会協議会と地元企業が連携することで実現する取り組みであり、全国への展開が可能です。MiYO ORGANICとの連携を通じ、持続可能なモノものづくりを大きく後押しするこの取り組みが全国の多くの企業へ展開していくと期待しています。」

社会福祉法人 伊那市社会福祉協議会

社会福祉協議会ロゴ社会福祉協議会ロゴ

伊那市社会福祉協議会が経営する障害者就労支援施設には「ゆめわーく」「輪っこはうす・コスモスの家」「さくらの家」の3事業所があり、自主製品の制作販売、地元企業からの受注作業、また企業等へ出向いて行う施設外就労にも力を入れ、3事業所がタッグを組んで障害のある利用者一人ひとりの自立に向けた支援と、利用者が作業等により得る工賃の向上に取り組んでいます。

有限会社スワニー

スワニー_ロゴスワニー_ロゴ

1970年に弱電・電子機器の製造業として設立、2010年に製品設計会社として事業転換。最新の3Dプリンタと3Dモデリング技術を駆使し、製品の設計、試作、量産化を一貫してサポートする企業として数多くの実績を上げ、事業を急速に拡大しています。その他、行政と連携し完全地産の製造業ご当地お土産プロジェクトや商店街の空きスペースを活用した内職ワークスペースなどの事づくりプロジェクトの発案・主導も行っています。また、3Dプリント樹脂型デジタルモールドなどの新技術も生み出し展開、アイデアを迅速に形に出来る、日本で一番頼ってもらえる設計会社を目指しています。

MiYO ORGANIC

環境に配慮したライフスタイルを実現するMiYO ORGANICは、自社開発した竹歯ブラシや歯磨きペーパー、竹綿棒、竹ヘアコームなどを通して、サステイナブルがあたりまえの日常を目指し社会課題に取り組んでいます。「美しい地球を次の世代に」をテーマに、これまでに140万本の竹歯ブラシを販売し、14t以上のプラ削減をおこなってきました。2022年には「グッドデザイン賞」を受賞した他、2年連続で「愛知県ワンウェイプラスチック削減取組優秀賞」にも選ばれています。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ