株式会社生活総合サービスがアップサイクル青汁「ボコとデコ」発売1周年を記念コンセプトムービーを公開

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社生活総合サービスがアップサイクル青汁「ボコとデコ」発売1周年を記念コンセプトムービーを公開

世界環境デーに合わせ、アップサイクル青汁「ボコとデコ」が耕作放棄地や廃棄物の再生を描いたコンセプトムービー「まるごと愛そう」を公開

京都発のインストゥルメンタル・バンド、jizueによるオリジナル楽曲を起用

健康食品・化粧品の通販ブランド「ていねい通販」を運営する生活総合サービス(本社:大阪市西区靭本町、代表取締役:古賀 淳一)は、「ボコとデコ」の発売1周年を記念して、明日葉の生産地である滋賀県永源寺を舞台にしたコンセプトムービーを制作いたしました。また、本動画には、京都発のインストゥルメンタル・バンドであるjizueが制作したオリジナル楽曲を起用しています。

 ▼「ボコとデコ」コンセプトムービー

「ボコとデコ」発売から1周年を迎えて

日本発のスーパーフードと言われる明日葉を丸ごと使用した青汁「ボコとデコ」は、6月28日に発売から1周年を迎えます。関わる全ての方達に感謝をお伝えするとともに、本商品の軸である「誰かの余り物が、誰かのギフトになる」世界を少しでも感じていただけたらと、コンセプトムービーを制作いたしました。

「ボコとデコ」は、耕作放棄地を開墾した畑で育った明日葉の使用、廃棄物になりがちな茎と根まで余さず使用していること、バガスやベジタブルオイルインキを使ったパッケージの採用など、環境にも良い商品であることを大切にしています。 6月5日は、国連が定めた地球環境について考える「世界環境デー」ということから、「ボコとデコ」を飲んでくださる方の健康と環境の両面に良い影響を与えられる商品であり続けることを、本リリースで宣言いたします。

また、この度のムービーでは、テクニカルでありながら聴き心地の良い音楽が特徴のインストゥルメンタル・バンド、jizueさんとのコラボレーションが実現しました。実際に明日葉畑まで足を運び、農家さんの情熱と命の循環を体感するなかで生まれたオリジナル楽曲は、青々とした山間や、光差す畑の風景がぴったりの音楽に仕上がっています。美しい自然の中で展開される再生ストーリーと合わせてお楽しみください。

jizueによるオリジナル楽曲制作の背景

収穫を待つ2年目の明日葉畑にて収穫を待つ2年目の明日葉畑にて

今回、再生・循環の世界を映像化する上で一番大切にしたのは、「ボコとデコ」の成分やパッケージの優しさだけでなく、生産に関わる人のたくましさと想いの強さも表現することです。ロックやジャズをはじめとする独創的な音楽で多くの人を惹きつけるjizueさんの楽曲は、聴く人やその時々によって様々な解釈が生まれることから、商品が持つ強さを魅力的に表現いただけると感じお声がけしました。

jizue コメント・プロフィール

コメント

「誰かのあまりものが誰かの支えになる」という愛ある優しい循環の中でつくられているボコとデコには、成分はもちろん商品としても、自分も周りの人も労う力がたくさん詰まっていると思います。

今回、楽曲を制作させていただくにあたり、実際に明日葉を育てておられる永源寺マルベリーさんを訪問させていただき、耕作放棄地を豊かな農地にするためのプロセスやそこで実際に働いている方の声を聞かせていただいたり、大自然の中でたくさんのことを五感で感じました。

そして商品ができるまでに、こんなにもたくさんの方の想いと労力が詰まっているのかと感動しました。それは一朝一夕でできるものではなく、何年ものコツコツとした時間が積み重なって、その中で生まれたものがまた飲む人の日々の元気に繋がっていく。そんな風に制作の過程で初めて知ったり、感じた想いを楽曲に込めました。

プロフィール

これまで8枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCK FESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。

コンセプトムービー 概要

  • タイトル:「まるごと愛そう」
  • 公開日:2023年6月5日(月)
  • 動画URL:https://youtu.be/GRaZ666fv7o
  • 「ボコとデコ」公式サイト:https://www.teinei.co.jp/lp/bocodeco/
  • ストーリー:舞台は、滋賀県東近江市永源寺。耕作放棄地から雇用が創出され、美しい畑に生まれ変わっていくさまや、産業廃棄物であった牛糞が堆肥になり、栄養たっぷりの明日葉が育っていくといった、自然の中で展開される循環と再生のストーリーを描いています。

動画ディレクターコメント

トゥモローゲート株式会社 意匠制作部 リーダー
クリエイティブデザイナー兼クリエイティブディレクター
中畑 万梨佳

広告は好告。人々から愛される商品であるためには、「自分自身」についてではなく「自分が好きなもの」について語ること。それによって人々の「好き」に働きかける事ができる。その考えから、今回の映像制作にあたって、ボコとデコの商品の紹介ではなく、ボコとデコの好き( 思想 )を語る作品にしようと思い「まるごと愛そう」この言葉をコンセプトの中心に置きました。

現地で目にした光景と生産者さんや商品開発に関わるすべての人達の逞しさとまっすぐな想いを身をもって感じたからこそ、映像ではボコとデコが生まれた背景をテーマに、自然の尊さ、嘘のない光景、ありのままの想いが視聴者さんに伝わるよう心がけました。ここからさらに沢山の方の心に届く、愛される商品になると信じています。

永源寺マルベリー コメント

コンセプトムービーでは、永源寺の地域性や明日葉の様子を、生命力が伝わるような音楽と共に分かりやすく映像化していただき、明日葉を育てている側としても嬉しく思います。

弊社の有機明日葉がボコとデコの原料となり早1年。栄養満点な茎や根も原料となっており、2年かけて栽培する有機明日葉のすべてがボコとデコには含まれております。年々増加する耕作放棄地問題など解決すべき課題はまだまだありますが、この活動を通じて生まれた商品でお客様が笑顔になってくだされば、こんな幸せなことはありません。

ていねい通販 スタッフコメント

株式会社生活総合サービス
経営管理部/ブランド企画部 リーダー
戸田 良輝

ボコとデコの輪を広げるということは、ただ商品を買ってもらうことではなく、手に取ってくださる方や事業を支えてくださる方々に想いを伝達していくことだと考えています。そのため、ボコとデコに込められた想いや原材料である明日葉が育った環境を伝えるために映像と音楽の力を借りることにしました。

そして何より多くの方々に支えられた結果、無事1周年を迎えられることが出来ました。本当にいつもありがとうございます。

より一層ボコとデコの輪を広げていくために、これからもお力添えいただけると幸いです。

動画スタッフリスト

ていねい通販:戸田 良輝、池田 実由、濵本 拓人、田村真帆

【制作会社】

トゥモローゲート株式会社:池田 亮、水城 達裕、吉本 圭輔、中畑 万梨佳

【作曲】

jizue:山田 剛、井上 典政、片木 希依

【撮影スタッフ】

山嵜 明洋、山嵜 綾菜

【撮影協力】

有限会社永源寺マルベリー

王子食品株式会社:藤田 佳孝

耕作放棄地の現状について

近年、農家の高齢化や後継者不足によって、作物が育てられなくなった土地が長期間放置される「耕作放棄問題」が深刻化しており、災害時の危険性の高まりや、野生動物による農作物被害などの問題が懸念されています。明日葉の生産地である滋賀県内においても、荒廃した土地が25年で約1.8倍に拡大しており、水と緑どちらも豊富な自然環境を活かしきれていない現状があります。

永源寺マルベリーの取り組みについて

「ボコとデコ」に使用している明日葉を提供してくださる滋賀県の農家「永源寺マルベリー」さんは、耕作放棄地の復活プロジェクトを推進されています。過疎化が進む東近江市の永源寺地区で、明日葉やモリンガ、桑など約10種類の薬用植物を栽培し、2023年時点の経営面積は約10ha。薬用植物栽培としては近畿最大規模の畑といいます。耕作放棄地の拡大とともに全国から問い合わせがくるという現在は、自社での利活用だけでなく、そのノウハウを世に広げていくことを目指し、活動されています。

  • 耕作放棄地から明日葉畑へのBefore/After

左Before 右After左Before 右After

サステナブルからリジェネラティブな社会へ

「ボコとデコ」のコンセプトは、自分をいたわることが、社会を良くすることに自然とつながる循環を作ることです。現在は、「ボコとデコ」に使用される明日葉の畑が約2haとまだまだ小さな規模ですが、ゆくゆくは20haの耕作放棄地を新たな明日葉畑にしていくことを目指し、私たちの商品が環境問題に立ち向かうための小さな一助になれればと考えています。

「ボコとデコ」製品概要

  • 商品名:boco to deco(ボコとデコ)
  • 商品区分:健康食品・青汁
  • 価格 :単品3,700円(税込)・毎月定期コース3,330円(税込)
  • 容量 :3g×20本 原材料:有機明日葉粉末(国内製造)、さつまいもでんぷん
  • 栄養成分表示:エネルギー 10.02kcal/たんぱく質 0.10g/脂質 0.05g/
  • 炭水化物 2.57g(糖質 2.01g,食物繊維 0.57g)/食塩相当量 0.005g
  • 販売サイト: https://www.teinei.co.jp/lp/bocodeco/
  • Instagram:https://www.instagram.com/boco_to_deco/

株式会社生活総合サービス

  • 所在地:〒550-0004 大阪市西区靭本町2-3-2 なにわ筋本町MIDビル6F
  • 代表者:代表取締役社長 古賀 淳一
  • Webサイト: https://www.teinei.co.jp/
  • 事業概要: 健康食品・化粧品等の通信販売業
  • 設立年月日:1997年6月17日

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ