株式会社ふくしごと が「日々のてまひまマーケット2023」の参加企業を募集開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社ふくしごと が「日々のてまひまマーケット2023」の参加企業を募集開始

企業と福祉施設がWin-WinになれるECプラットフォーム!『日々のてまひまマーケット2023』参加企業募集スタート!

企業に福祉商品販売の場を提供してもらうことで社会課題解決に参加できる仕組みを創る。新しい買い物の形

株式会社ふくしごと(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋爪大輔)は、障害者の賃金向上を目的とした「日々のてまひまマーケット2023」の参加企業を2023年7月10日より公式HP(https://hibitema.com/)から募集開始します。

弊社(株式会社ふくしごと、以下ふくしごと)では、2016年より「厳選した福祉商品のカタログを企業や団体へ回覧いただき販売する」という仕組みを構築し、企業に福祉商品を販売する場を提供してもらうことで、安定的な生産が難しかったり、マーケティングやプロモーションができなかった福祉商品の流通を創っています。

SDGs(持続可能な開発目標)が世界中で注目を浴びる中、特に目標8「働きがいも経済成長も」に焦点を当て、全ての人が活躍できる社会を目指しています。しかし、新しい活動を始めるのは簡単ではありません。そこで、ふくしごとは企業の皆さまに、福祉商品のカタログをご覧いただき、販売に参加していただく仕組みを創りました。

このことにより、社会全体、そして社員一人一人が社会課題解決に直接参加でき、理解を深めるきっかけとなります。

 ▼申込みはこちらから

〈日々のてまひま〉誕生の背景

日本には13人に1人が障害者と言われています。彼らは普段就労支援施設に通い、それぞれの障害の度合いに応じて様々な仕事や作業を行っています。中には自分たちで商品を作り、それを売る施設もあります。

これまで就労支援施設では障害者の居場所づくりを大切にしてきた一方で2006年に法律が変わり、「障害がある人たちでも働いて収入を得ることが大切」という考え方が広まりました。これは、障害者自身の生活が自立するだけでなく、社会全体の負担も減らすことにつながります。

もし企業がもっと障害者を雇うようになったり、仕事を施設に発注できるようになったら、労働力が不足している企業の事業成長にも貢献できるのです。

私たち「ふくしごと」は、障害者が社会ともっとつながり、働く場を増やすことを目指しています。そんな思いから「日々のてまひま」というプロジェクトが生まれました。これは企業と福祉施設をつなぐ新しい取り組みです。

日々のてまひまマーケットとは?

「日々のてまひまマーケット」とは、九州各地の福祉施設で作っているユニークな商品を企業の専用オンラインショップで販売する、新しい取り組みです。

参加する企業は専用のオンラインショップを提供され、そのショップを通じて社員が商品を購入することができます。購入した商品は決められた期日に、企業に一括で配送されます。

企業が店舗の代わりになることで、販売コストを削減し、施設の非効率な生産コストを賄います。また、施設単体ではこれまで担えなかった、プロモーション費用や営業コストは、ふくしごとにて請け負うため、福祉施設は経済的な懸念から解放され、商品作りに集中できます。受注生産方式なので、余分な在庫を抱えるリスクもありません。

日々のてまひまマーケット2023 参加施設紹介

今回紹介する施設は、佐賀県産の小麦粉を使用したワッフル「オレンジ」、農薬・除草剤を使わず育てたハーブやこだわり素材の焼き菓子「クール・ド・ナチュール」、無添加のドライフルーツ「ワークセンターがたっこ」、大分県玖珠町で育てた肉厚きくらげ「きりかぶ」の4施設です。この施設は、ふくしごとにて商品計画やデザインをお手伝いしています。

オレンジ(佐賀県):佐賀県産の小麦粉を使用したワッフル

クール・ド・ナチュール(佐賀県):農薬・除草剤を使わず育てたハーブ、こだわり素材の焼き菓子

ワークセンターがたっこ(佐賀県):無添加のドライフルーツ

きりかぶ(大分県):大分県玖珠町で育てた肉厚きくらげ

障害者とつながり「応援したくなる企業」に

これまでCSR(Corporate Social Responsibility)活動に取り組んできた企業も多いことでしょう。「企業の社会的責任」と訳される通り、企業が社会で活動する上で良いことだという認識はある一方で、活動が本業には直接関わらない範囲にとどまったり、コストに悩んでいるという話も聞きます。

「日々のてまひまマーケット」を活用すれば、社会的意義のある商品の購入を社員に促す場を手軽に提供できます。企業が社員に対する福利厚生として、また企業文化の一部として、社会的な価値を持つ商品の購入を推奨・促進することは、CSR活動が本業に直結し、社員への感謝の気持ちを示す一方で、CSR活動の費用負担を最小限に抑えることが可能です。

「日々のてまひまマーケット」は社会貢献とビジネスを一致させる新たな方法を提供します。私たちと一緒に、福祉施設と企業が手を取り合い、より良い未来を創造していきましょう。

2023年スケジュール

  • 企業申込期間  2023年7月10日(月)〜2023年8月25日(金)
  • 注文受付期間  2023年10月3日(火)〜2023年10月15日(日)
  • 注文の締切日  2023年10月15日(日)
  • 商品の受渡日  2023年11月16日(木)運送会社より各企業へ納品

会社概要

  • 会社名:株式会社ふくしごと
  • 所在地:福岡県福岡市博多区千代1-20-14
  • 代表者:代表取締役 橋爪大輔
  • 設立:2015年2月12日
  • URL:https://fukushigoto.co.jp/
  • 事業内容:障害福祉施設の商品開発・製造・販売、障害者のアートを使ったデザイン・絵の使用権販売、障害者施設と連携した企業の人材育成、障害福祉施設の調査・研修・コンサルティング、障害福祉施設の設計デザイン、障害福祉の情報発信
 ▼公式WEBサイト
 ▼公式Instagram

ご興味を持ってくださるメディアの方は、下記のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。
皆様の取材のご協力をよろしくお願いいたします。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ