「鈴森village」LEED for Homesのゴールドレベルを取得

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
「鈴森village」LEED for Homesのゴールドレベルを取得

和光市の環境共生型賃貸住宅「鈴森village」、国内4例目となる「LEED for Homes(リード・フォー・ホームズ)」をゴールドレベルで取得

入居者と地域のウェルビーイングを実現し、地球環境負荷を削減する賃貸住宅への挑戦

2023年8月30日(水)、埼玉県和光市の環境共生型賃貸住宅「鈴森village(ヴィレッジ)」が、「LEED for Homes(リード・フォー・ホームズ)」を取得しました。わが国ではまだ実績がわずかしかなく、当物件は国内4例目の認証取得となりました。レベルは最高位のプラチナに次ぐ「ゴールド」です。

賃貸集合住宅では極めて希少な取得例に

今回、鈴森villageが認証を取得した「LEED for Homes(リード・フォー・ホームズ)」は、米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発・運用している国際認証制度「LEED(Leadership in Energy and Environmental Design:リーダーシップ・イン・エナジー・アンド・エンバイロンメンタル・デザイン)」の住宅部門です。

1998年にアメリカでスタートしたLEED認証制度は、地球環境だけではなくコミュニティーや社会に対する貢献も評価する点が大きな特徴です。現在では180数カ国で運用されており、日本でも近年、オフィスビルなどでは取得が進んできました。

しかし、認証取得のハードルの高さから、住宅分野ではまだ普及しておらず、鈴森villageが国内で4例目となりました。特に、収益性が優先されがちな賃貸集合住宅では、申請自体が極めて少ないのが現状です。

オーナーと建築家・ランドスケープアーキテクト・LEEDコンサルタントが協働

株式会社鈴森(所在地:埼玉県和光市、代表取締役社長:鈴木早苗)は、和光市に代々所有する土地に、100年後を見通した環境共生型賃貸集合住宅を建設することを目指し、2017年から鈴森villageの計画を進めてきました。

当初からオーナーの鈴木早苗氏(鈴森代表取締役社長)の強い意志によりLEED認証取得を目指し、建築家・三浦丈典氏(設計事務所スターパイロッツ代表)、ランドスケープアーキテクト・石井秀幸氏(スタジオテラ代表取締役)、LEED認証コンサルタント・平松宏城氏を中心としたチームでプロジェクトを推進しました。

入居者、地域、地球環境に配慮した次世代型住宅

LEEDの思想は、地球環境に配慮しながら、人々のウェルビーイングの実現を目指すものです。認証にあたっては、環境的視点から敷地、水、エネルギー、資材、室内環境などを評価します。

鈴森villageは、高断熱・高気密の建物に、高効率エアコンや節水トイレ・蛇口・シャワーといった省エネ設備を備え、エネルギーロスの極めて少ない仕様となっています。また、躯体は自然光を極力取り入れつつ、各戸の間取りには豊かなバリエーションを実現しました。塗料や仕上げ材には、有害な化学物質や南洋材を一切使用していません。

さらに「立地や交通利便性」「敷地内の豊かな緑を在来種や適合種(地域の環境に適した種類の植物)で構成していること」「植栽の灌水に雨水を利用し、節水に配慮していること」などにも対応しています。

鈴森villageの入居者は、同等の広さを持つ住宅と比べて光熱費が抑えられるうえ、緑豊かで夏涼しく冬暖かい快適な暮らしを享受できます。入居状況は2023年8月末現在、ほぼ満室となっています。

地面だけでなく、建物2階の壁面にも植栽を配し重層的な植栽を実現地面だけでなく、建物2階の壁面にも植栽を配し重層的な植栽を実現

敷地内に元からあった大木を可能な限り残した敷地内に元からあった大木を可能な限り残した

雨水は2階の植栽に浸透させた後、地面の植栽へ染み込ませる雨水は2階の植栽に浸透させた後、地面の植栽へ染み込ませる

2階の植栽を潤した雨水は、鎖樋を通って地面に染み込む2階の植栽を潤した雨水は、鎖樋を通って地面に染み込む

周辺の住宅街に配慮し低層棟とした周辺の住宅街に配慮し低層棟とした

住戸例。吹き抜けを介して自然光が降り注ぐ住戸例。吹き抜けを介して自然光が降り注ぐ

プロジェクトメンバー

建築家・三浦丈典氏プロフィール

設計事務所スターパイロッツ代表

東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒。ロンドン大学ディプロマコース修了。早稲田大学大学院博士課程満期修了。2001年~2006年ナスカ一級建築士事務所。2006年スターパイロッツ設立。まちづくりや都市経営、公民連携にも積極的に関わる。「道の駅FARMUS木島平」で2015年グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)、2015 JCDデザインアワード銀賞、日本建築美術工芸協会(AACA)賞、中部建築賞、2016年稲門建築会特別功労賞などを受賞

ランドスケープアーキテクト・石井秀幸氏プロフィール

株式会社スタジオテラ代表取締役
登録ランドスケープアーキテクト
一級造園施工管理技士
自然再生士
RaCS雨水活用施設設計技士(雨水デザイナー)

東京都生まれ。2003年オランダのベルラーヘ・インスティテュート留学。株式会社久米設計、株式会社LPDを経て、2013年株式会社スタジオテラ設立。2017年山梨県景観アドバイザー就任。2020年からノミガワスタジオ(ギャラリー&イベントスペース)共同運営。東京理科大学建築学科非常勤講師。2021年造園学会賞受賞。2022年香川県坂出市さかいで再生会議委員、東京都町田市の町田薬師池公園四季彩の杜魅力向上計画委員就任

LEED認証コンサルタント・平松宏城氏プロフィール

株式会社ヴォンエルフ 代表取締役兼CEO
株式会社Arc Japan 代表取締役
LEED® Fellow™、USGBC®Faculty(米国グリーンビルディング協会ファカルティ)
LEED AP® (BD+C:新築、ND:ネイバーフッド)
一級造園施工管理技士 、CASBEE不動産評価員

静岡県浜松市生まれ。1984年 大阪外国語大学外国語学部卒業。日米の証券会社勤務後、環境NPOを経て社会起業家として2006年に有限会社CSRデザイン&ランドスケープ設計事務所(現在の株式会社ヴォンエルフ)を立ち上げる。創業当時から民間企業、金融機関、公的機関との横断的連携を図ることでサステイナブルランドスケープとグリーンビルディングの普及促進に努め、持続可能な都市環境構築のための枠組み作りを目指す。

鈴森villageオーナー・鈴木早苗氏プロフィール

株式会社鈴森代表取締役社長
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
アフィリエイテッド ファイナンシャルプランナー
美容師

埼玉県生まれ。獨協大学外国語学部仏語学科卒。先代社長(父)より株式会社鈴森を受け継ぎ、代表取締役に就任。共に鈴森villageの立ち上げに携わった夫とは2018年に死別。一男一女の母。鈴木家継承者。

物件概要

  • 所在地:埼玉県和光市本町4410-1ほか
  • 交通:東武東上線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線「和光市」駅徒歩5分
  • 用途:集合住宅+テナント
  • 戸数:住戸26+テナント4
  • 延床面積:2,231.3m2
  • 事業主体:株式会社鈴森
  • 設計・監理:設計事務所スターパイロッツ
  • 完成:2023年2月
  • 賃料:20万円前後

会社概要

  • 社名:株式会社鈴森
  • 代表者:代表取締役 鈴木早苗
  • 本社:埼玉県和光市本町13-28
  • 事業内容:不動産の賃貸・管理、美容院の経営

参考資料

2022年11月28日配信プレスリリース

2023年2月10日配信プレスリリース

note連載

間もなく完成! 緑豊かで一年中快適な住まい #1 環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
本当にいい、住み続けたい賃貸住宅とは?〈前編〉 #2環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
本当にいい、住み続けたい賃貸住宅とは?〈後編〉 #3環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
私たちがLEED認証にこだわる理由とその魅力〈前編〉#4環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
私たちがLEED認証にこだわる理由とその魅力〈後編〉#5環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
絶賛入居者募集中のヴィレッジ内を探検! #6環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
池袋へ14分、和光市でゆったり暮らそう! #7環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
行政と地主の連携で持続可能なまちづくり〈前編〉#8環境共生型賃貸住宅「鈴森village」
行政と地主の連携で持続可能なまちづくり〈後編〉#9環境共生型賃貸住宅「鈴森village」

物件に関するお問い合わせ

リゾン和光支店
東京R不動産

本件に関する報道関係のお問い合せ

  • 鈴森village広報チーム
  • press.svpj2022@gmail.com

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ