海と日本プロジェクト広報事務局/さまざまな形や動きに、子どもたち108名が大興奮!【海のプランクトン観察体験~海と日本プロジェクト~】を開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
海と日本プロジェクト広報事務局/さまざまな形や動きに、子どもたち108名が大興奮!【海のプランクトン観察体験~海と日本プロジェクト~】を開催

海と日本プロジェクト広報事務局のSDGsに関する取り組み/2021年8月13日(金) はこだてみらい館

はこだて海の教室実行委員会は、8月13日(金)、「海のプランクトン観察体験~海と日本プロジェクト~」を開催し、のべ108名が参加しました。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

「海のプランクトン観察体験~海と日本プロジェクト~」イベント概要
・日程:2021年8月13日(金)15時~18時

・開催場所:はこだてみらい館
・参加人数:108名
・主催:はこだて海の教室実行委員会
・共催:日本財団 海と日本プロジェクト
・協力:NPO法人ディスカバーブルー、はこだてみらい館

知られざる「プランクトンの世界」を観察
光合成によって酸素を生み出す植物プランクトン、魚たちの餌となって海の生態系をささえる動物プランクトンなど、海の中で重要な役割を持つプランクトンたち。その数は約15万種以上ともいわれ、たった1滴の海水に、実は無数のプランクトンたちが生きています。
本イベントでは、「はこだてみらい館」の一角に顕微鏡6基と函館の海水を用意し、講師(NPO法人ディスカバーブルー 水井涼太先生、寺西聡子先生)の指導・解説の下、子どもたちに観察してもらいました。

いつまでもこの海と暮らしていくために
水井涼太先生(NPO法人ディスカバーブルー代表理事)は子どもたちに、次のように語りました。
「海と陸はつながっています。山の栄養を含んだ雨水が川を通じて海に注がれ、植物プランクトンを育みます。そして、それらを食べて魚のエサになる動物プランクトンが増えるのです。一方、海のごみのほとんども、川が陸から運んでいます。皆さんが顕微鏡でのぞいた海水の中に、赤や青の小さな破片がありませんでしたか?それは、『マイクロプラスチック』と呼ばれる、プラスチックの小さなカケラです。魚たちがプランクトンと間違えて食べてしまい、魚にとって良くないし、それを食べる私たち人間にも悪い影響があります。このように海と陸はつながっていますから、皆さん、ごみは決められた場所にきちんと捨てたり、プラスチックをあまり使わないようにするなど、海を守るための行動をしていきましょう。」

団体概要
はこだて海の教室実行委員会
団体所在地:函館市旭町6-14 
電話番号:0138-86-7602
会長:菅原雅仁
設立:2018年12月1日
URL:https://www.hakodate-umi.com/
活動内容:函館朝市ミニ水族館の運営、海に関連した「子ども向け講座」を実施

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ