タンスのゲン株式会社がSDGsに向け羽毛布団回収サービス開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
タンスのゲン株式会社がSDGsに向け羽毛布団回収サービス開始

「人に、地球に、やさしいぬくもり。」タンスのゲン、SDGsに向け羽毛布団回収サービス開始

タンスのゲンの羽毛布団ブランド「dreamdown」が羽毛布団を回収・再循環するサービスを開始『地球資源保護』 『CO2削減』 『動物福祉保護』 を果たし、持続可能な生産・販売を目指します。

家具・インテリアのEC事業を展開するタンスのゲン株式会社(以下、タンスのゲン、本社:福岡県大川市、代表取締役:橋爪裕和)は取り扱い羽毛布団ブランド「dreamdown-ドリームダウン-」から羽毛布団を無料で回収し再循環するサービスを開始したことをお知らせいたします。

本サービスは、「タンスのゲンで購入した羽毛布団」もしくは「新たにタンスのゲンで羽毛布団を購入した方」を対象にしています。これまで羽毛布団を引き取る際にネックとなっていた、引き取りに関する送料を商品代金に転嫁せず、お客様宅からの着払いの運賃をタンスのゲンが負担する形で無料回収を実現いたしました。

羽毛布団ブランド「dreamdown-ドリームダウン-」と羽毛布団無料回収サービスの詳細は以下にて説明いたします。

羽毛布団ブランド「dreamdown-ドリームダウン-」とは

「dreamdown」とはタンスのゲンが取り扱っている羽毛布団ブランドで、2012年~2022年の10年間で累計83万枚もの羽毛布団を販売しており、現在、国内で最も売れている羽毛布団として、確かな信頼と実績を持っています。

徹底管理された日本国内の指定工場で生産

dreamdownの羽毛布団は、日本国内の指定工場で生産されています。社内に羽毛布団専門の企画チームを配置し、寝具の専門研究機関と連携することで安心の品質を実現しています。

羽毛布団のリサイクルによるCO2削減

日本での粗大ごみの排気量1位は寝具であり、羽毛布団は粗大ごみナンバーワン(東京都)で、年間100万枚以上が廃棄処分されています(令和2年度)。日本全体でみると年間で1千万枚の布団が灰になっていることになります。

羽毛を1kg 燃やすと約1.7kgのCO2が発生し1千万枚の羽毛ふとんの焼却処分で、17,000トン以上ものCO2を排出されることになります。

dreamdownは羽毛という自然の恵みを大切にし、使わなくなった羽毛ふとんを回収・再循環することで自然、地球に配慮した持続可能な環境保護に貢献します。

水鳥たちの福祉を保護

dreamdownは自然の恵み、羽毛を大切にします。その証明としてdreamdownの羽毛布団は新しい標準規格「RDS(レスポンシブル・ダウン・スタンダード)認証ロゴマーク」を取得しています。

RDSとは、生きた鳥からの羽毛採取や強制給餌など、非人道的な扱いを受けていないアヒルやガチョウから採取した羽毛であることを、トレーサビリティの審査を通して保証する国際認証基準です。

水鳥たちの命を包括的に尊重し、責任ある原材料の調達を行うことで、製造工程における新たな羽毛の使用量を減らし、資源保護に努めるとともに、消費者が安心できる羽毛をお届けします。

SDGs「12.つくる責任・つかう責任」に貢献

羽毛布団のリサイクルはSDGsの理念「12.つくる責任・つかう責任」に貢献しています。羽毛は蘇生力・再生力に優れており、適切なメンテナンスやリサイクルを繰り返すことで100年の使用が可能といわれています。

また、羽毛はケラチンというたんぱく質でできているため、長期間に渡って使用できると同時に最後には土に還ることが可能です。1枚の羽毛布団の廃棄と炭素の排出をなくし、100年を超えて使い続けることが、SDGs(持続可能な開発目標)やゼロエミッション(脱炭素)への実践につながります。

羽毛布団の無料回収サービスについて

dreamdownは提携の工場と連携して羽毛布団を無料回収し資源として再循環する取り組みを開始いたしました。この羽毛布団無料回収サービスは「タンスのゲンで購入した羽毛布団」もしくは「新たにタンスのゲンで羽毛布団を購入した方」を対象とし、フォームからの申し込み後、お客様ご自身で梱包、配送業者を手配して着払いで送付いただく流れとなっております。

羽毛布団無料回収サービスについての詳細は下記リンクをご参照ください。
「dreamdown」のブランドページは下記リンクをご参照ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向け 特集
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ