レッドホースコーポレーション株式会社のSDGsへの新たな取組~使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収ボックスを設置

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
レッドホースコーポレーション株式会社のSDGsへの新たな取組~使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収ボックスを設置

【SDGsへの新たな取組】小さなものからコツコツと。使い捨てコンタクトレンズの空ケース回収で、循環型社会貢献の一助に。

―HOYA社の「アイシティ ecoプロジェクト」に賛同、9月より取り組みを開始。―

地域創生事業をメイン事業とするレッドホースコーポレーション株式会社(本社:東京都墨田区、代表執行役社長 山田 健介、以下 当社)は、HOYA株式会社 アイケアカンパニー(所在地:東京都中野区 カンパニープレジデント:橋本 和武、以下HOYA社)が推進する「アイシティ ecoプロジェクト」に賛同し、SDGsへの新たな取組として本社を含め6拠点(東京都墨田区、港区・大阪市・仙台市・千葉市・姫路市)にて使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収ボックスを9月に設置し取り組みを開始いたしました。

 ▼「アイシティ ecoプロジェクト」公式HP

当社は自立自走可能な地域創生の実現を目指し、約250自治体のふるさと納税業務の支援や農林畜水産物の産直サービスを運営しております。HOYA社が推進する「アイシティ ecoプロジェクト」の目指す3つの社会貢献(1.空ケースの再資源化による環境保全、2.障がい者の自立・就労支援、3.(公財)日本アイバンク協会への寄付)は、地域創生においても重要な項目であると考え、同プロジェクトへの参加を決定しました。

当社は現在、全国17か所に拠点を構えておりますが、各拠点における勤務者のコンタクト利用人数を踏まえて設置場所を検討し、今回は本社を含む6拠点に回収ボックスを設置いたしました。また、設置に合わせ社内SNSにて従業員に向けて本プロジェクトについての情報を発信し、理解と協力を呼びかけました。今後も継続的に情報発信を行いプロジェクトへの協力を促進し、これと同時に従業員におけるSDGsへの関心も高めながら循環型社会貢献の輪を広げていけたらと考えています。

 ▼当社におけるSDGsの各取組

コンタクトレンズ空ケース回収ボックス設置拠点一覧 (6拠点)

  • 本社(東京都墨田区)
  • 第二本社(東京都港区)
  • カスタマーサービスセンター(大阪府大阪市西区)
  • ふるさとサポートセンター仙台(宮城県仙台市青葉区)
  • ふるさとサポートセンター千葉(千葉県千葉市中央区)
  • ふるさとサポートセンター姫路(兵庫県姫路市)

従業員の声

コンタクトレンズの空ケースが年間約3,300tもゴミとして処分されていること、コンタクトレンズの空ケースが再利用できることをこのプロジェクトで知りました。コンタクトレンズのケースはとても小さなものですが、日々気に留めず捨ててしまっていたものが自動車部品や家電製品の部品に生まれ変わっていくことも驚きました。これからは、空ケースを捨てずにまとめていくことにします。

「アイシティ ecoプロジェクト」について

アイシティ ecoプロジェクト」は、コンタクトレンズ専門店「アイシティ」を事業展開するHOYA社が推進するリサイクル活動です。具体的には、リサイクルが可能な使い捨てコンタクトレンズの空ケースを対象に、全国の学校・企業・自治体に専用ボックスを設置し回収するという取組です。このプロジェクトでは、3つの社会貢献(1.空ケースの再資源化による環境保全、2.障がい者の自立・就労支援、3.(公財)日本アイバンク協会への寄付)へつないでいくことを目的としています。2010年に同社がコンタクトレンズ業界で初めて取組を開始し、今年で13年目を迎えました。これまで、590.84tの空ケースが回収され、このリサイクルの対価13,143,162円が(公財)日本アイバンク協会へ寄付されています。※記載の回収量・寄付額は2023年9月時点

現在の参加団体数 ※2023年9月時点
  • 学校:2,768校(小・中・高・大学・専門含む)
  • 企業:1,017社2,863拠点(事業所・支店含む)
  • 自治体:289拠点(公共施設含む)

企業情報

HOYA株式会社 アイケアカンパニー

  • 本社:〒164-8545 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス6F
  • 代表者:カンパニープレジデント 橋本 和武
  • 事業内容:コンタクトレンズおよびコンタクトレンズ付属品の販売
  • アイシティ店舗数:363店舗(2023年10月1日現在)
  • URL:https://www.eyecity.jp/

レッドホースコーポレーション株式会社

  • 本社:〒130-0015 東京都墨田区横網1-10-5 KOKUGIKAN FRONT BUILDING 2階
  • 設立:1964年3月
  • 代表者:代表執行役社長 山田 健介
  • 事業内容:地域産業支援及び活性化事業、コンシューマー事業
  • URL:https://www.redhorse.co.jp/
≪本プレスリリースに関するお問い合わせ先≫
  • 広報担当:竹田
  • e-mail: service-info@redhorse.co.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ