岡山市が開始した「プラスイッチ」キャンペーンのアンバサダーに古坂大魔王さんが就任

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
岡山市が開始した「プラスイッチ」キャンペーンのアンバサダーに古坂大魔王さんが就任

岡山市プラスチック資源回収啓発アンバサダーに古坂大魔王さんが就任!3月から始まるプラスチック資源の分別回収に向け、10月20日「リサイクルの日」から周知啓発キャンペーン開始!

岡山市では、2024年3月から開始するプラスチック資源の分別回収に向け、周知啓発キャンペーン「プラスイッチ」を2023年10月20日リサイクルの日(※1)から開始します。啓発キャンペーンのアンバサダーには、お笑い芸人の古坂大魔王さんに就任いただきましたのでお知らせいたします。
 ▼「プラスイッチ」Webサイト

▲古坂大魔王さん(左)と大森雅夫市長(右)▲古坂大魔王さん(左)と大森雅夫市長(右)

プラスチックは私たちの暮らしに欠かせない便利な素材ですが、近年、地球温暖化を始めとする環境への影響が世界的な問題となっています。この問題の解決には、一人ひとりが「ごみとして捨てられるプラスチックの量を減らすこと」はもちろん、「捨てる時は正しく分別し、資源として再利用すること」も重要です。そこで、岡山市では、脱炭素社会の実現に向け、現在「可燃ごみ」として焼却処分しているプラスチックを貴重な「資源」として分別回収する取り組みを、2024年3月から実施いたします。

※岡山市は、2021年2月に「ゼロカーボンシティ宣言」を行い、2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指しています。

分別回収に向け、リサイクルへの気運を高め、市民の皆さんに広くご協力をいただけるよう、リサイクルの日(※1)である本日(10月20日)から、周知啓発キャンペーン「プラスイッチ」を開始します。啓発キャンペーンのアンバサダーには、「UNEPサステナビリティアクション」のアドバイザーを務めるなど、SDGs推進活動に熱心で、多様なジャンルで活躍するお笑い芸人の古坂大魔王さんにご就任いただきました。本日から、WebサイトやTVCMなどで、分別方法等をわかりやすくお届けするコンテンツを順次公開していきます。

※1 リサイクルの日(10月20日)は、ひとまわり(10)、ふたまわり(20)の語呂合わせから、1990年に日本リサイクルネットワーク会議により制定されました。

古坂大魔王さん、岡山市プラスチック資源回収啓発アンバサダーに就任

アンバサダー就任の背景

プラスチック資源を分別回収し、リサイクルにつなげるためには、一人ひとりが意識や行動を変え、資源循環に取り組んでいく必要があります。より良い地球環境を未来へ届けるために、難しい取り組みだからこそ、行政と市民の皆さんでワンチームとなってチャレンジを進めていけたら。そのような背景から、「UNEPサステナビリティアクション」のアドバイザーを務めるなど、SDGs推進活動に熱心なお笑い芸人の古坂大魔王さんに今回アンバサダー就任をお願いしました。著名な古坂大魔王さんに、楽しく、わかりやすい広報をしていただくことで、大人だけではなく未来を担う子どもたちにも理解と賛同の輪を広げていきたいと思います。

古坂大魔王さん、アンバサダー就任のコメント

こんにちは。あなたの心の「プラスイッチ」、古坂大魔王です。今回、岡山市プラスチック資源回収啓発アンバサダーという、重要な任務をいただきまして、ありがとうございます。大切なことを一言でお伝えすると「プラは資源」ということです。岡山市のゴミの事情などを聞き、プラは資源として回収するんだよ、というのを体感できるような歌をピコ太郎にも歌わせました。それを聞いてもらって、「でも、なんでこうなるんだろ?」「なんで!?」と、一つのハテナが出ればいいな、というところを考えました。皆さんの取り組み「プラスイッチ」を後押しできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

※ピコ太郎さん出演の動画など、各広報は順次公開予定

古坂大魔王さんプロフィール

1973年7月17日生まれ、青森県出身。

1992年お笑い芸人「底ぬけAIR-LINE」でデビュー。

ピコ太郎プロデューサー。

文部科学省・CCC大使、総務省・異能vation推進大使。現在は、バラエティ番組をはじめ、コメンテーターとして情報番組への出演、世界のトップランナーと音楽、エンターテインメント等についてトークセッションを行うなど、幅広い分野で活躍中。2021年には、国連環境計画が主導するUNEPサステナビリティアクションのアドバイザーに就任。持続可能な世界を目指して地球環境問題の解決にも尽力している。

▲古坂大魔王さん▲古坂大魔王さん

合言葉は、プラを資源に変えよう!プラスイッチ

「プラスイッチ」に込めた想い

岡山市では、これまでプラスチックを「ごみ」として焼却処分してきました。プラスチック資源を分別回収しリサイクルにつなげるためには、プラスチックは「ごみ」ではなく「資源」であると、再認識していただき、資源循環に取り組んでいただくことが必要です。習慣を変えることは大変なことですが、市民の皆さんとチカラを合わせ、プラスチックを「資源」へとスイッチしていきたい。そして、未来を少しでも良い方向へとスイッチしていきたい。「プラスイッチ」にはそのような想いを込めています。

▲第一弾ビジュアル▲第一弾ビジュアル

キャンペーンの象徴となるハンドサイン

10月20日から公開する第一弾のビジュアルやCMでは、市民の皆さんに「プラを資源に変えよう!」というメッセージをわかりやすく伝え、そして心を一つにするため、古坂大魔王さんがハンドサインで「プラスイッチ」を表現。未来は私たち一人ひとりの手にかかっています。このハンドサインがキャンペーンの象徴になれば、そのような想いで制作しました。

▲第一弾CM「プラを資源に変えよう!」篇(15秒)▲第一弾CM「プラを資源に変えよう!」篇(15秒)

プラスチック資源分別回収について

2022年4月1日に施行された「プラスチック資源循環促進法」の趣旨に準じ、岡山市ではプラスチック資源の分別回収を2024年3月から開始します。回収対象の詳細や注意事項などについては、順次情報をお届けしていきます。持続可能な社会の実現に向け、ご理解とご協力をお願いします。

  • 回収対象:現在、可燃ごみで収集しているプラスチックのうち、大部分がプラスチック素材のものが対象です。
    ※プラスチック製容器包装(プラマークの付いた食品トレイや洗剤などのボトル)やプラスチック製品(バケツ、カップ、ハンガー)など
  • 回収エリア:岡山市全域(建部地区を除く)
  • 回収日:週1回「プラスチック資源の日」に回収
    ※資源化物の日ではありません。回収日は地区によって異なります。
  • 回収場所:「可燃ごみ・不燃ごみ」と同じ収集ステーションです。
  • 排出方法:「プラスチック資源」の排出は、透明または中身の見える半透明の袋を使用してください。汚れは拭き取るか、水ですすぎ、水気を切ってください。ラベルはそのままで大丈夫です。

▲プラスチック資源の出し方▲プラスチック資源の出し方

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ