越井木材工業株式会社が「森林×脱炭素チャレンジ2023」にて優秀賞を2年連続受賞

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
越井木材工業株式会社が「森林×脱炭素チャレンジ2023」にて優秀賞を2年連続受賞

国産材のサプライチェーンで都市と森をつなぐ取り組みが、林野庁「森林×脱炭素チャレンジ2023」で優秀賞(林野庁長官賞)を2年連続受賞!

日本の林業業界の明るい未来を感じる、新しい時代に向けたサプライチェーン。

木材・建材を中心とした幅広い事業を展開、木材の付加価値を追求する越井木材工業株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:越井潤、以下「当社」)は、国産材供給プラットフォーム「KISM(キズム)、DIY木材「K-WOODS LIFE(ケーウッズライフ)」、カーボンストック総合製品(屋外家具)「+biotop(プラス・ビオトープ)」など、山間部から都市部までをつなげる脱炭素時代の新たなサプライチェーンが評価され、林野庁の「森林×脱炭素チャレンジ2023」森林づくり部門において「優秀賞(林野庁長官賞)」を受賞しました。
昨年に続き2年連続優秀賞の受賞となります。

森林×脱炭素チャレンジ2023 表彰式
森林×脱炭素チャレンジ2023 表彰式

受賞対象の事業について

都市部においても森の恵みを取り入れることで、都市生活における様々な課題の解決が期待できます。国産材利用を通して、都市部に木の文化が浸透していくことで生まれる価値の一部が山林へと還元され、持続可能な森林経営へ繋がるとともに、森林の若返りを図ることで森林のCO2吸収機能の強化にも貢献する、山間部から都市部までをつなげる脱炭素時代の新たなサプライチェーンが期待されます。

新しい時代にふさわしいサプライチェーンとして当社が手がける国産材供給プラットフォーム「KISM(キズム)」、DIY用木材「K-WOODS LIFE」、カーボンストック総合製品(屋外家具)「+biotop(プラス・ビオトープ)など、継続した取り組みと新しいチャレンジが日本の林業業界の明るい未来を感じられる取り組みとして評価されました。

持続可能な森林経営を目指して

2021年の輸入材の不足・価格高騰、いわゆるウッドショックが発生したことから、海外市場の動向に左右されない安定供給が可能で競争力のある国産材のサプライチェーンの構築が必要となりました。そのため、国内の社有林を中心に各地域の素材生産者と製材所をネットワーク化するとともに、背板を利用した屋外製品の商品化などの歩留まり改善による多様なグレードやサイズの製材を商品化する取組として、持続可能な森林経営を目指す国産材供給プラットフォーム「KISM(キズム)」事業をスタートしました。

国産材供給プラットフォーム「KISM」循環フロー
国産材供給プラットフォーム「KISM」循環フロー

様々なサイズの規格の需要があるホームセンターをはじめとしたDIY・リフォーム市場へのマーケティングを開始し、DIYと木材の魅力を届けるブランド「K-WOODS LIFE』として防腐木材やサーモウッドなど幅広いラインナップの木材を販売しています。さらに、間伐材を木杭として森林斜面に打ち込むことで表層崩壊を防ぐ「山腹斜面崩壊抑止工」の開発にも取り組んでいます。森林の根系の持つ機能を羽根板と木杭に持たせた独自の工法です。

DIY用木材「K-WOODS LIFE」ホームセンターへの展開・山腹斜面崩壊抑止工
DIY用木材「K-WOODS LIFE」ホームセンターへの展開・山腹斜面崩壊抑止工

国産材の利用により都市と森をつなぐ

屋外家具に求められる高い耐久性と安全性をクリアした屋外用木製家具「+biotop(プラス・ビオトープ)」を、業務用ガーデンファニチャーや国産パラソル・マーケットアンブレラの製造・販売を行っている株式会社富士(所在地:神奈川県鎌倉市)と共同開発しました。薬剤を使用せず熱と水蒸気のみ(ノンケミカル)で木材の性質を向上させる「サーモウッド技術」で、国産材ヒノキを屋外家具として利用することを可能にした家具で、商業施設やマンションの共用部など、人の交流の場での活用が期待されます。また、販売代金の一部を再造林費用にあてて森林再生を促進する企画も検討中です。再造林は広葉樹と針葉樹の混交林をめざし生物多様性の改善につなげます。

カーボンストック総合製品(屋外家具)「+biotop」
カーボンストック総合製品(屋外家具)「+biotop」

また、近年、社会問題となっている、温暖化に伴う熱中症対策として、都市部のバス停の待合場所において、熱をためにくい木材の性質を利用した木製の日よけやウッドデッキの設置などの公共施設の木質化にも取り組んでいます。木材のぬくもりのある景観の形成にも繋がり、都市部のニーズに合致した木材利用を進めています。このように、都市部においても森の恵みを取り入れることで、都市生活における様々な課題の解決が期待できます。

木質化した都市部のバス停留所
木質化した都市部のバス停留所

国産材のサプライチェーンを持続的なものとする再造林

国産材のサプライチェーンを持続的なものとするためには再造林が重要である、という考えを社内外に共有することで、社員自ら「植林活動がしたい」といった声が上がり、当社の社有林において社員や取引会社も参加する植林活動が始まりました。森林づくりを通じて未来を担う人づくり・仲間づくりへとつながっています。

※国内の社有林は約800ヘクタール、蓄材積約12万立方メートル

※主な社有林は三重県尾鷲市、三重県熊野市、大分県日田郡、福岡県、和歌山県、兵庫県など

社員と地元建築業者との植林活動・植林研修
社員と地元建築業者との植林活動・植林研修

越井木材工業では、森林資源の利用推進や気候変動への対策をはじめとした、SDGsの達成に向けた様々な活動に取り組んでいます。人口の多い都心部での木材利用の促進や付加価値の高い用途を開発することで、価値の余剰分を山へ還元して、再植林につなげます。

そして、持続可能な循環型の森林資源を次世代へつなげていきます。

▼ 越井木材工業 関連公式サイト

【本リリースに関するお問合わせ】

越井木材工業の公式サイト内のお問合わせフォームをご利用ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ