シェルパ・アンド・カンパニー株式会社がトヨタ自動車株式会社に「SmartESG」を提供開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
シェルパ・アンド・カンパニー株式会社がトヨタ自動車株式会社に「SmartESG」を提供開始

トヨタ自動車に、ESG情報開示支援クラウド「SmartESG」を提供開始

– 日経BP社「ESGブランド調査」※で4年連続首位のサステナビリティ先進企業で導入 –

シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:杉本淳、以下シェルパ)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:佐藤 恒治、以下トヨタ)に、2023年10月17日よりESG情報開示支援クラウド「SmartESG」の提供を開始しましたので、お知らせします。

トヨタは、「トヨタフィロソフィー」のもと、「幸せの量産」をミッションに掲げ、サステナビリティの取り組みを推進しています。最近では、日経ESGによる「ESGブランド調査2023年」において4年連続の首位となり、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)・インテグリティの各部門で一位となるなど、日本を代表する企業として、サステナビリティ・ESGの領域においても業界をリードしています。

このたび、サステナビリティ推進企業のトップランナーと言えるトヨタで、ESG情報開示における業務負荷軽減と、さらなる市場からの評価向上に向けた分析の高度化を目的に「SmartESG」の導入が実現しました。

「SmartESG」の様々な機能のなかで、特にご期待いただいているのは「SmartESGマトリクス」です。他社事例のリサーチや評価機関ごとの傾向分析など、人力での対応をテクノロジーに置き換え、効率化を実現します。

シェルパは、「SmartESG」の提供を通してトヨタのサステナビリティ経営の高度化に貢献してまいります。

ESG情報開示支援クラウド「SmartESG」について

「SmartESG」は社内のサステナビリティ・ESG関連情報をクラウド上で一元化し、分析や改善まで支援するサービスです。「SmartESGワークフロー」によって外部評価機関や取引先から寄せられる情報開示依頼やアンケート回答作業を大幅に効率化し、社内に点在するサステナビリティ・ESG関連情報を「SmartESGデータベース」に集約します。また、集約した情報を「SmartESGマトリクス」によって、各評価機関・開示基準が求める主要項目ごとにマッピングし、共通性や差異、重要度を明らかにします。さらに、「SmartESGスコアリング」によりベンチマーク企業の独自スコアリングと開示におけるベストプラクティスの特定を行い、導入企業の市場からのESG評価の向上を促します。2022年11月に正式サービス販売を開始し、プライム上場企業を中心に導入が進んでいます。

サービスについての詳細、お問い合わせは下記サイトをご参照ください。

シェルパ・アンド・カンパニー株式会社について

シェルパは、「サステナビリティとテクノロジーをすべての経済活動の”あたりまえ“に」をパーパスに掲げ、提供サービスを通じて企業におけるサステナビリティ・ESG経営のベストプラクティス確立を目指しています。企業がビジネスモデルや戦略にサステナビリティを深く組み込むためにテクノロジーの力を駆使し、経済価値創造とサステナビリティの両立を支援します。シェルパは、企業の非財務情報を”見える化”し、日本企業のESG経営を加速させることに貢献してまいります。

会社概要

  • 会社名:シェルパ・アンド・カンパニー株式会社
  • 代表:代表取締役CEO 杉本 淳
  • 所在地:東京都品川区南大井6-4-22 東京ネオンビル2階
  • 設立:2019年9月
  • 資本金:47,500万円(資本準備金含む)
  • 事業:ESG情報開示支援クラウド「SmartESG」の開発・提供、ESG・サステナビリティ特化メディア「ESG Journal Japan」の運営、専門家によるコンサルティングサービス「ESG Advisory」の提供
  • コーポレートサイト:https://cierpa.co.jp/
※参考:日経ESG「ESGブランド調査2023」(期間2023年6月2日~7月5日、対象約2万1000人)

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ