住信SBIネット銀行とテミクス・グリーンが「ローカルSDGs四国」へ参加

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
住信SBIネット銀行とテミクス・グリーンが「ローカルSDGs四国」へ参加

住信SBIネット銀行株式会社と株式会社テミクス・グリーンがローカルSDGsを実現するため「ローカルSDGs四国」へ参加

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長(CEO):円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」)と子会社の株式会社テミクス・グリーン(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 巧、以下「THEMIX Green」)は、ローカルSDGs四国の趣旨に賛同し、会員となりました。

住信SBIネット銀行は、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」に賛同し、DX推進による金融の高度化を追求した利便性の高い各種金融サービスの提供をはじめ、環境配慮型住宅への住宅ローン特別金利優遇や持続可能な社会の実現に取組む法人のお客さまへのSDGs事業者プログラムのご提供等、さまざまな課題の解決に資する活動に取組んでおります。

THEMIX Greenは、カーボンクレジット事業および林業・林政DX事業の推進のため、複数の自治体や企業、銀行等と協力し、林業・林政DXによるコスト削減及び業務の効率化、創出されたカーボンクレジットの地産地消の実現を目指しております。

また、ローカルSDGs四国は、企業、金融機関、NPO等活動団体、大学・研究機関、有識者、行政等が有機的に連携し、環境社会・経済それぞれの課題に、ESG等の視点を導入して同時解決に取り組み、自然資本を損なうことなく活用しつつ次世代に継承し、ローカルSDGsが達成された魅力ある四国を創ることを目的としています。

このたび、住信SBIネット銀行とTHEMIX Greenは、脱炭素およびローカルSDGs実現のための活動の一環として、ローカルSDGs四国に入会いたしました。

住信SBIネット銀行およびTHEMIX Greenは、ローカルSDGs四国の活動を通じ、四国の企業、金融機関、行政等と連携し、四国の林業・林政DXをはじめ、魅力ある持続可能な地域社会の発展に貢献してまいります。

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで金融サービスを変革し、より快適で便利かつ、持続可能な地球環境、経済・社会の発展に貢献していくことを目指してまいります。


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ