国連WFP「レッドカップキャンペーン」に辛ラーメンが参加~辛ラーメン×SDGs

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
国連WFP「レッドカップキャンペーン」に辛ラーメンが参加~辛ラーメン×SDGs

【辛ラーメン×SDGs】途上国の学校給食支援を行う国連WFP「レッドカップキャンペーン」に12月より辛ラーメンが参加

対象商品を購入すると、世界の子どもたちを飢餓から救う寄付へ繋がる。毎日の買い物や食事を通じて、世界を少しずつ変えよう

株式会社農心ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金大廈)は、国連WFPが展開する、世界の子どもたちの飢餓をなくすための取り組み「レッドカップキャンペーン」に、2023年12月より辛ラーメンが新たに参加することをお知らせいたします。キャンペーン対象商品を購入いただくことで、売上の一部が国連WFPの学校給食支援に寄付されます。キャンペーンへの参加に伴い、キャンペーン対象商品のパッケージデザインも一部リニューアルしました。

対象商品の「辛ラーメン 3食入 袋麺」対象商品の「辛ラーメン 3食入 袋麺」

対象商品の「辛ラーメン カップ」対象商品の「辛ラーメン カップ」

「レッドカップキャンペーン」参加の背景

韓国や日本をはじめ、世界中(約100か国)で愛されている「辛ラーメン」でおなじみの農心では、「Lovely Life Lovely Food(おいしい人生は楽しい、農心)」を合言葉に、食を通じて世界中の人達の人生をたのしくすることを支援しています。この活動の一環として、新たに12月より国連WFPが行っている「レッドカップキャンペーン」の活動に参加することといたしました。事業を通じて、「子どもたちの栄養状態の改善」をはじめとしたSDGsへの貢献を果たしてまいります。

レッドカップキャンペーンとは

毎日のお買物で学校給食を支援できる、レッドカップキャンペーン。2011年開始以来、累計約2,600万人以上の子どもたちに学校給食を届けました。(2023年時点)国連WFPが給食を入れる容器として使っている赤いカップを目印に、レッドカップキャンペーンに賛同する企業からキャンペーンマークのついた商品が発売されています。対象商品を購入すると、その売り上げの一部が企業から寄付されます。

学校給食はただ、子どもたちを飢餓から救うだけではありません。それは子どもたちの発育を助け、教育の機会を与え、家計を助け、暮らしを守り、途上国ではまだ低い女子の就学率を高め、やがて、自分の夢を持った若者は社会や国の発展の力になります。学校給食支援はSDGsの貢献にもつながるのです。

国連WFP「レッドカップキャンペーン」に辛ラーメンが参加

©Mayumi Rui

【辛ラーメン×SDGs】

辛ラーメン「レッドカップキャンペーン」実施概要

キャンペーン対象商品の「辛ラーメン 3食入 袋麺」と「辛ラーメン カップ」をお買い上げいただくと、それぞれ商品1点につき0.1円が寄付され、国連WFPを通じて途上国の子どもたちへ学校給食を届けることができます。キャンペーンへの参加に合わせて、12月からは「辛ラーメン 3食入 袋麺」と「辛ラーメン カップ」のパッケージには、キャンペーン対象商品であることが一目でわかるようにキャンペーンのロゴマークが加わります。

※新パッケージ(12月1日より順次適用)

開始日

  • 2023年12月1日から

※店頭の在庫状況次第で多少前後する可能性がございます。

対象商品

辛ラーメン 3食入 袋麺
辛ラーメン カップ

 辛ラーメンについて

厳選した唐辛子の「辛さ」、ブレンドしたオリジナルスパイスと素材の旨み成分がたっぷり溶け込んだ「旨味スープ」、「旨さ」と「辛さ」がマッチした絶妙なおいしさがクセになる「うまからっ!」味です。特殊な方法で作られた楕円形の麺によるなめらかな口当たり、特別に配合した高級麺用の小麦粉を使用したコシのある麺を特徴とした製品です。

「国連WFP」について

国連WFPとは、国連機関であるWFP国連世界食糧計画(国連WFP)と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という二団体の総称です。

国連WFP日本事務所は、日本政府やNGO、企業などとの協力推進、および広報活動を行っています。

国連WFP協会は、募金活動や、企業・団体との協力関係の推進、広報活動を通して日本における支援の輪を広げています。

2022年、日本政府からは265,125,622米ドルが寄せられ、日本は世界有数の支援国として国連WFPの活動を支えました。また、国連WFP協会を通じて民間(企業・団体、個人等)からは4,372,908,156 円が寄せられました。

株式会社農心ジャパンについて

会社概要

  • 社名:株式会社農心ジャパン
  • 所在地:東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル4階
  • 代表取締役社長:金大廈
  • 創設:2002年1月8日
  • 事業内容:韓国食品の輸入販売
  • 会社HP:https://www.nongshim.co.jp/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ