「植物発電botanical light(ボタニカルライト)」が「第1回 インターナショナルイルミネーション アワード」を受賞

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
「植物発電botanical light(ボタニカルライト)」が「第1回 インターナショナルイルミネーション アワード」を受賞

植物発電botanical light(ボタニカルライト)が第一回インターナショナルイルミネーションアワード環境部門にて優秀賞を受賞!

コンセント不要!?植物が育つ環境があれば電力を得ることができる未来のエネルギー

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)が新たに創設した「第1回 インターナショナルイルミネーション アワード」。

「夜景サミット2023 in 足利」にてアワード授与式が開催され、「インターナショナル部門」「環境部門」「まちづくり部門」「テクノロジー部門」「クリエイティブ部門」の5部門の中の「環境部門」にて植物発電botanical light(ボタニカルライト)が優秀賞を受賞いたしました。

湘南の宝石 ホウセキFOREST(2022年11月)湘南の宝石 ホウセキFOREST(2022年11月)

botanical light 開発担当コメント

植物は、人を癒したり、光合成で酸素を生み出してくれたり、時には食べ物として私たちに恩恵を与えてくれますが、植物を大切にするお礼に電力がもらえたら、みんなの植物を見る目が変わりますよね。

そんな着想から、植物は光合成で与えられた光をエネルギーに合成できるなら、合成されたエネルギーを光に戻せる方法もあるのでは?!という推測の元、植物発電の実現に向けて開発が始まりました。

イルミネーションにおいて環境配慮の意識が高まる中、環境と共生するイルミネーションの可能性を追求し持続可能な社会の一助になれるよう日々研究開発を進めて参ります。

botanical light -植物発電- 開発の想い

審査員コメント

電源がない場所で発電できる点を考えると新たな革新的サービスにつながる可能性を感じる。今後の発電能力向上に期待したい。

自然界のエネルギー利用のボタニカルライトにより環境に負担をかけないだけでなく、場所を選ばずにイルミネーションを設置できる点を高く評価した。 (一部抜粋)

植物発電botanical light(ボタニカルライト)とは

植物が元気に育つ環境があれば電力を得ることができる未来のエネルギーです。
植物が光合成をすることで活発になる土壌または水中にいる微生物の働きにより生まれる電力で発電します。
発電の際に排出されるのは水のみで、その水は植物に吸収されるという循環が生まれます。

(電圧3.3V、30~60mA 単三電池約2本分の電圧を確認。※2023年6月時点。1セットあたり)

開発中のプロダクトのため、商品単体での販売は行っておらず、弊社が設置・メンテナンス・経過観察も含めて承っております。

botanical light 詳細についてはこちら

導入事例

渋谷キャスト(2023年10月〜)

渋谷ヒカリエ4階 ヒカリエデッキ(2023年7月〜)

世田谷区烏山川緑道 (2022年12月〜)

株式会社グリーンディスプレイ

グリーンディスプレイは、商空間やオフィス空間等の人々が集う場所に、植物を用いた環境演出や季節や旬を表現する空間演出を提案しています。
都市空間の中で、植物のある空間の心地よさや一年を通して移り変わる季節の楽しみを感じていただくために、クリスマス等のシーズンディスプレイの提案も企画から施工、メンテナンスまで一貫して行っています。

 ▼グリーンディスプレイ公式ホームページ
 ▼グリーンディスプレイ公式Instagram
 ▼グリーンディスプレイ公式note

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ