豊中市が「とよなかSDGs・公民学連携フォーラム2023」を開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
豊中市が「とよなかSDGs・公民学連携フォーラム2023」を開催

「子育てしやすさNO.1 豊中市」をカタチに! SDGs・公民学連携フォーラムを開催

豊中市は、1月19日(金)に市立文化芸術センターで「とよなかSDGs・公民学連携フォーラム2023」を開催します。
これまでも、地域課題の解決や市民サービスの向上のため、多様な主体が持ち寄る知見やアイデアを形にするための議論の場として同フォーラムを開催してきました。今年度は豊中SDGs・公民学連携プラットフォーム(※)を創設するなど、多くのステークホルダーの連携による地域課題の解決をめざした取り組みを進めています。
今回のフォーラムでは「子育てしやすさNO.1」をテーマに、オープントークや事例紹介を行うとともに、参加者同士が意見交換を行うプログラムを実施し、具体的な連携や実践を図ります。

「とよなかSDGs・公民学連携フォーラム2023」の概要

【日時】

令和6年1月19日(金)14時~16時

【場所】

豊中市立文化芸術センター 多目的室 (曽根東町3-7-2)

【内容】 

1.オープントーク「令和の公民学連携トレンドとは?」

[講師]株式会社官民連携事業研究所 代表取締役 鷲見 英利さん

2.テーマトーク「子育てしやすさNO.1に向けた取り組みについて」

[オープニング]
“子育てしやすさNO.1 豊中市”について
豊中市 都市経営部 経営戦略課 課長補佐 田中 絵里香
[話題提供者]
(1)子育て支援サービスの未来を拓く公民学連携
豊中市 こども未来部 こども支援課 係長 内田 哲
(2)子どもの居場所づくり
団欒長屋プロジェクト 代表 渕上 桃子さん
(3)学校で習い事「放課後select」の取り組み
株式会社ベネッセコーポレーション 執行役員 エリア事業推進本部 大阪支社
支社長 春名 啓紀さん

3.ネットワーキング「豊中市での“子育てしやすさ”とは?」

[コーディネーター]鷲見 英利さん

【定員】

会場50名(予定)

【申し込み】

1月15日(月)17時までに、市ホームページ、電話、メールのいずれかで申し込み。
先着順。詳しくは下記URLからご確認ください。
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/koumin_renkei/torikumi/koumingaku2023.html

<参考>

※豊中SDGs・公民学連携プラットフォーム
令和5年4月1日創設。SDGsに取り組む事業者・団体等が幅広く登録する「豊中SDGsパートナー登録制度」と公民学が連携して地域課題のための具体的な事業に取り組む「公民学連携プラットフォーム」を一体化したもので、より多くのステークホルダーの連携による地域課題の解決をめざすプラットフォーム。
・登録団体数:90団体(令和5年12月1日現在)

講師・コーディネーター略歴

鷲見 英利さん(株式会社官民連携事業研究所 代表取締役社長)

2002年ハイアールジャパンホールディングス(株)に社長補佐として入社。青島海爾の日本市場開拓、ブランディング構築に従事。その後、2006年ジャパンハウジング(株)設立取締役に就任などハイアール等海外企業の日本参入で得た知見、人脈を活かし複数事業を立上げる。2018年(株)官民連携事業研究所を設立し現職に就任。

2012年に設立した(一社)KAI OTSUCHIの取組みにおいて、2015年総務省地域情報化大賞奨励賞を受賞。また、(株)ママスクエアの取組みにおいて2016年総務省地域情報化大賞奨励賞を受賞。2017年四條畷市特別参与に、2023年内閣府企業版ふるさと納税マッチングアドバイザーに就任。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ