富士フイルムビジネスイノベーション株式会社がEcoVadis社のサステナビリティ調査で最高位「プラチナ」評価を3年連続で獲得

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社がEcoVadis社のサステナビリティ調査で最高位「プラチナ」評価を3年連続で獲得

国際的な評価機関EcoVadis社によるサステナビリティ調査で最高位となる「プラチナ」評価を3年連続で獲得

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長・CEO:浜 直樹)は、国際的な評価機関EcoVadis社(本社:フランス・パリ)によるサステナビリティ調査において、最高位となる「プラチナ」評価を獲得しました。プラチナ評価は、世界中の評価対象企業のうち上位1%に入る企業に与えられるもので、当社の同評価の獲得は、3年連続となります。

EcoVadis社のサステナビリティ調査は、企業の「環境」「労働・人権」「倫理」「持続可能な調達」の4テーマにおける方針や取り組みを評価します。これまでに10万社(175か国、200以上の業種)が、同調査による評価を受け、多くのグローバル企業がサプライヤー選定に活用しています。今回、当社は、4テーマの中から「環境」と「持続可能な調達」において高評価を得ました。

当社は、これまでに脱炭素社会の実現に貢献するため、オフィスで使用する複合機やプリンターの消費電力を低減する技術開発に取り組み、低温定着性を有するSuper EA-Ecoトナー※1の開発など、省エネルギー性能の向上を図ってきました。さらに、循環型社会の実現に貢献するため、「使用済み商品は、廃棄物ではなく、貴重な資源である」という考えのもと、性能や安全性を確認した上で積極的に部品をリユースしており、2022年9月には部品リユース率が最大84%(重量比)となる再生型フルカラーデジタル複合機「ApeosPort-VI C RC」シリーズを発売しました。また、持続可能な調達に貢献するため、環境、社会、企業統治などに配慮した調達をグローバルに推進しています。取引先企業を「理念・方針を共有するパートナー」と位置づけ、CSR調達における方針の共有やCSR評価を行っています。評価結果に応じて、当社の環境・人事などの専門スタッフが取引先を訪問し改善点をアドバイスするなど、自社だけでなくサプライチェーン全体における労働環境の改善や環境保全に取り組んでいます。

当社は今後も、2030年度をゴールとした富士フイルムグループ のCSR計画「Sustainable Value Plan (SVP2030)」のもと、革新的な商品・サービスの提供による社会課題の解決と、サプライチェーンにおける環境・倫理・人権などの基盤強化に取り組み、サステナブル社会の実現にさらに貢献する企業を目指します。

※1:トナーの定着温度を低温化することで、定着時の消費電力を低減。消費電力の低減により、機器使用時のCO2排出量が、当社の従来EAトナーと比較し54%削減。

富士フイルムビジネスイノベーションについて

働く人々がより創造力を発揮し組織の力を最大化するために、DXを通じた知識と情報の効果的な利活用を支援します。1962年の創業以来培った技術や知見をもとに、ワークフローソリューション、ITサービス、デジタル複合機などの印刷機器に関する研究・開発・生産・販売を行っています。基幹システムの販売や導入支援、業務プロセスのアウトソーシングサービスも提供し、世界中のお客様のビジネスを革新するグローバルリーダーであり続けます。

・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ