株式会社ネオスが国際協力機構(JICA)2023年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社ネオスが国際協力機構(JICA)2023年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択

株式会社ネオス 国際協力機構(JICA)2023年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択

フィジーでの無収水削減に向けた水道メーター検針アプリニーズ調査が決定

グループ全体で住のソリューション提供に取り組み、システム開発を主事業とする株式会社ネオス(本社:福岡県福岡市、代表取締役:稲田哲将、以下「当社」)は、国際協力機構(JICA)2023年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択され、フィジーにおける水道メーター検針アプリのニーズ確認調査を実施することが決定しました(2023年度採択:68件)。本採択は、国際協力機構(JICA)の審査を経て、当社開発の水道メーター検針アプリが開発途上国の課題解決やSDGsのゴールに貢献するものとして採択されました。今後の海外展開を見据え、フィジーでのアプリ実証テストや事業展開の可能性を検証します。

詳細について:

2023年度「中小企業・SDGsビジネス支援事業」概要

中小企業・SDGsビジネス支援事業(以下、本支援事業)では、開発途上国の課題解決に資する製品/サービス・技術・ノウハウを有する日本の民間企業等の海外ビジネス展開支援を通じて、開発インパクトへの貢献によるSDGsの達成促進と、ODA(政府開発援助)を通じた二国間関係の強化や経済関係の一層の推進に資することを目的としています。

ニーズ確認調査と当社の調査目的について

国際協力機構(JICA)「中小企業・SDGsビジネス支援事業」のニーズ確認調査は、開発途上国のビジネス展開に関する初期仮説に基づき、顧客ニーズの検証、 顧客ニーズと製品/サービスとの適合性の検証を実施した上で、初期的な事業計画を策定することを目的としています。 当社は、本調査を通じて当社水道メーター検針アプリ「SNAPPY(スナッピィ)」製品のフィジーにおける現地の課題、ニーズの把握やアプリの実証テストを通した適合性の検証を目的とします。

当社の水道メーター検針アプリSNAPPYは、水道メーター検針業務の業務効率化と検針の正確性向上を実現し、無収水問題の解決へ貢献ができます。また、水道メーター検針専用の端末を必要とせず、一般的なスマートフォンで検針業務が実施できるため導入ハードルが低く、また毎月の費用を抑えることができます。

該当の当社アプリについて

SNAPPYとは

水道の利用料金の請求業務を簡単・正確に実施できる独自開発アプリです。水道メーター数値の紙への手書きや専用端末での読み取りが主流でしたが、紙への書き取りは業務の煩雑さが、専用端末はコストの面でそれぞれ課題があります。当社が独自開発したアプリを利用すれば、一般的なスマートフォンで水道メーターに貼り付けたQRコードと水道使用量をアプリで読み取るだけで業務が完結し、業務の煩雑さ・高コストといった課題を解決できます。

会社概要

株式会社ネオスは住宅不動産業界のパッケージシステムやWEBシステムの独自開発を行い、全国200社以上へ導入。不動産会社の一部門からスタートし、1999年に分社化。その後、25年間、住宅不動産業界に特化したシステム開発と顧客サポートにより、不動産業界のDX支援を行う。

株式会社ネオス

  • 代表者 :代表取締役 稲田哲将
  • 所在地 :福岡県福岡市中央区大名1-4-1
  • 設立  :1999年1月
  • 事業内容:住宅不動産業向けのシステム開発、パッケージ販売、Webコンテンツ制作、WEBサイト(ホームページ)の企画制作と運営管理
  • URL  :https://www.neos.ne.jp/

本件に関するお問い合わせ先

  • 株式会社ネオス
  • 担当: 経営管理本部 河野誠喜
  • Tel  : 092-724-7910
  • Mail: info@neos.ne.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ