株式会社インフォマートが「One by One インボイス」に協賛、デジタル化した書類量に応じNPOに寄付

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社インフォマートが「One by One インボイス」に協賛、デジタル化した書類量に応じNPOに寄付

インフォマート、invoxが主催する支援プロジェクト「One by One インボイス」に協賛

プロジェクトを通じ、デジタル化した書類1件につき1円を子どもに関する課題に取り組むNPOへ寄付

デジタルの力であらゆる業務を効率化する株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:中島 健、以下「当社」)は、株式会社invox(本社:東京都新宿区 代表取締役:横井 朗、以下「invox」)が主催する支援プロジェクト「One by One インボイス」に協賛します。当社が提供する「BP Storage for 請求書」「BP Storage」、そしてinvoxと協業して提供する「発注書AI-OCR(invox)」でデジタル化した書類1件につき1円が、子どもに関する課題に取り組むNPOへプロジェクトより寄付されます。

「One by One インボイス」プロジェクト協賛への想い

当社は「世の中の役に立ち、世の中に必要とされ、世の中に喜んでいただける事業を通じ、お客さまと共に会社も個人も成長し続け、社会に貢献していきます」という経営理念のもと、「BtoBプラットフォーム」をはじめとするクラウドサービスの提供を通じて、企業の業務効率化やコスト削減の実現を後押ししています。

この度、invoxが主催する「One by One インボイス」プロジェクトが掲げる「事業を通じて子どもたちが生きる未来を明るくする」という理念に強く共感し、プロダクト協賛企業としてプロジェクトへ参画することになりました。

協賛内容

当社が提供する「BP Storage for 請求書」「BP Storage」、そしてinvoxと協業して提供する「発注書AI-OCR(invox)」でデジタル化した書類1件につき1円が、子どもに関するさまざまな課題の解決に取り組むNPOの方々へプロジェクトを通じて寄付されることで、社会課題の解決へ貢献します。

認定NPO法人フローレンス ご担当者様からのコメント

「One by One インボイス」プロジェクトを通じて、株式会社インフォマートさまとともに、こども・子育て領域の課題解決に取り組めることを、大変嬉しく思っています。企業の皆さんとともに、こどもたちに明るい未来を手渡すこのプロジェクトに賛同し、取り組みが大きく広がっていくことを願っています。

「One by One インボイス」プロジェクトについて

「One by One インボイス」プロジェクトは、invoxが主催する子ども支援プロジェクトです。事業を通じて子どもに関するさまざまな課題の解決に取り組むNPOの方々へ寄付を行い、資本主義では手が届きづらい子どもたちの支援と事業活動をリンクさせることで社会の資源を循環させ、子どもたちが安心して生活でき十分な食事や教育・支援を受けられる社会の実現を目指します。

サービス概要

「BP Storage for 請求書」は、PDFや紙といったあらゆる形式の請求書をAI-OCRでデータ化する請求書受領サービスです。請求書をメール添付のPDFや電子インボイスで受け取る場合は自動で取り込み、紙で受け取る場合はスキャンをするだけで、振込・仕訳データを生成します。99.9%以上(※1)のデータ化精度で、請求書の受け取りから支払い、計上業務を自動化します。

「BP Storage」は、電子帳簿保存法の電子取引とスキャナ保存の要件に対応。請求書や納品書等、あらゆる国税関係書類をAI-OCRとオペレータが自動でデータ化して電子保存します。

「発注書AI-OCR(invox)」は、「BtoBプラットフォーム 受発注ライト」(※2)の有料オプション機能です。FAXやメール(PDF)で受け取った発注書をAI-OCRでデータ化し「BtoBプラットフォーム 受発注ライト」に自動で連携します。その受注データを「BtoBプラットフォーム 受発注ライト」から基幹システムに取り込むことで、全ての受注をデータ化し、入力作業を削減することができます。

(※1)精度重視のオペレータ確認ありとスピード重視のオペレータ確認なし(AI-OCRのみ)を選択でき、オペレータ確認ありのデータ化精度。

(※2)「BtoBプラットフォーム 受発注ライト」について:https://www.infomart.co.jp/asp/seller/light.asp

インフォマートについて

1998年の創業以来、企業間取引における請求・受発注等の業務効率化を実現するクラウドサービスを提供・運営しています。主力サービスの「BtoBプラットフォーム」は、101万社以上が利用。プラットフォーム内の総流通金額は年間44兆円以上。

  • 会社名:株式会社インフォマート(東証プライム市場:2492)
  • 代表者:代表取締役社長 中島 健
  • 本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
  • 設立:1998年2月13日
  • 資本金:32億1,251万円(2023年9月末現在)
  • 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
  • 従業員数:791名(2023年9月末現在)
  • URL:https://corp.infomart.co.jp/

<以上>


関連▶請求書をカード払いにするメリット とは?

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ