株式会社NEXYZ.が株式会社長野銀行と業務提携、「ネクシーズZERO」でCO₂排出削減・脱炭素への取組みを支援

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社NEXYZ.が株式会社長野銀行と業務提携、「ネクシーズZERO」でCO₂排出削減・脱炭素への取組みを支援

NEXYZ.が長野銀行と業務提携「ネクシーズZERO」でCO₂排出削減・脱炭素への取組みを支援

長野県庁など県内1,300件以上で導入

株式会社NEXYZ.Group(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 近藤太香巳 証券コード:4346)の連結子会社である株式会社NEXYZ.(東京都 代表取締役 大前成平)は、株式会社長野銀行(代表取締役頭取 西澤 仁志 以下、長野銀行)と業務提携契約を締結し、長野銀行のお客様に対しLED照明や省エネ機器を活用したCO₂排出削減・脱炭素への取組みの支援を始めたことをお知らせします。

▼長野銀行のニュースリリース

株式会社NEXYZ.との業務提携について

長野銀行は、1950年に創業、長野県松本市に本店を置き51支店を持つ第二地方銀行で、株式会社八十二銀行と、2023年6月1日に経営統合、2026年1月1日の合併を予定されています。
「必要とされ選ばれる銀行~長野県のマザーバンク~」をめざし、創業支援やSDGs支援など地域密着型金融に取り組んでおります。当社は、2023年11月に長野営業所を新規開設しており、長野銀行との連携を強めることで、地域の脱炭素社会の実現および地方経済の活性化を後押ししてまいります。

「ネクシーズZERO」が金融機関等の具体的な脱炭素アクションとして採用拡大

株式会社NEXYZ.が提供する「ネクシーズZERO」は、⼀括では購入しにくい業務⽤設備を初期投資0円、⽉々の固定料⾦のみで導⼊できる仕組みで、高額な費用や、手配の煩雑さにより見送られていた設備導入を可能にするサービスです。LED照明や空調などの省エネ設備をはじめとした幅広いラインナップ・初期投資オールゼロ・窓口の一本化・全国対応(32拠点)という4つの特長で、お客様の悩みを課題解決します。

また、株式会社NEXYZ.は中長期の事業方針としてビジネスマッチングの拡大を進めており、現在61の地域金融機関、保険代理店395社以上と業務提携しています。※
「ネクシーズZERO」を紹介するビジネスマッチングは、パリ協定以降、製造業以外の業界でも急がれる気候リスク対応を背景に、金融機関や保険代理店による具体的な脱酸素への取組みとして、積極的に採用されております。提携先パートナーには、ビジネスマッチング実績レポートとして、顧客企業の設備導入による電力削減量およびCO₂排出削減量を算出・提供しており、多数のパートナー企業から、CO₂排出削減量の公表も行われています。

※2024年1月末時点

株式会社NEXYZ.Group(ネクシーズグループ)について

1990年設立(1987年創業)エンベデッド・ファイナンス事業の初期投資0円の設備導入支援サービス「ネクシーズZERO」が主力。CO₂排出削減効果が認められ、2020年環境大臣から「エコ・ファースト企業」の認定を受ける。「ネクシィーズ・ゼロ Green Finance」は世界で最も歴史のある格付け機関ムーディーズ「Aaa(sf)」、国内初のR&Iグリーンローン評価も取得。東証グロース上場の連結子会社 ブランジスタでは電子雑誌やプロモーション支援「アクセルジャパン」を展開。2024年1月に商号をアルファベットに変更し、グローバル展開を目指す。

グループ環境サイト

環境保全活動スローガン「One For Earth ひとりは、地球のために。」を掲げ、NEXYZ.グループの環境についての考え方、事業を通じて全社員が取組む目標と進捗を、数字とイラストでわかりやすくご紹介しています。

サービス動画

設備導入の悩みをゼロに。設備導入支援サービス「ネクシーズZERO」

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ