株式会社エフラボの「サーキュラーエコノミープロジェクト」第一弾、アップサイクル家具の抽選販売を開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社エフラボの「サーキュラーエコノミープロジェクト」第一弾、アップサイクル家具の抽選販売を開始

株式会社エフラボ、捨てられるはずの家具をアップサイクル。「メイドイン能登」の高品質な家具へ再生し、期間限定で抽選販売します。

「椅子再生工場」のエフラボが手掛けるサーキュラーエコノミープロジェクト。第一弾企画は、某有名ブランドの家具をアップサイクル。能登半島地震・復興支援のため、本企画の売上は寄付いたします。

さまざまな理由で商品化されず、廃棄予定だった良質な家具をアップサイクル。一点モノの家具として、抽選販売いたします。

国内最大級の椅子再生工場として、張替・補修を手がけてきた株式会社エフラボ(本社:石川県七尾市、代表:松井 正尚)は、サステナブルな事業活動を推進し、お客さまへ新しい価値提供を目的とする「サーキュラーエコノミープロジェクト」を開始。

その第一弾企画として、2024年2月7日(水)から商品化されず行き場をなくした良質な家具を再生し、アップサイクル家具として抽選販売いたします。

なお本企画の対象商品の売上は、能登半島地震・復興支援のため、微力ながら全額寄付させていただきます。被災地に工場を構える立場としても、責任をもってお届けいたします。

石川県七尾市で約20年に渡り、椅子やソファの張替や修繕、新規製作をしてきた私たちも

能登半島地震により、工場が一部損壊しながらも、なんとか稼動開始までこぎつけることができました。

弊社のある能登地区は言葉にできないほどの甚大な被害を受けている状況ではありますが、地域雇用の継続を強く願い、本企画をリリースいたします。

被災地にいながらも、今できることと向き合い、工場の立て直しに取り組んでまいりますので、応援いただけますと幸いです。

国内最大級の椅子再生工場・株式会社エフラボとは

石川県・七尾市は古くから建具や繊維業などが盛んであったことから技術を持った職人が多い地域です。過疎化に伴う人口減少が進んでいますが、技術を持った高齢者人材(シルバー人材)の協力のもと、地域や社会に貢献できるものづくり産業を目指しています。

私たちエフラボは、石川県・能登半島の七尾市に本社工場を構え、椅子の張替・修繕を専門に行っている「椅子の修理屋さん」です。

主にホテル業界をはじめ、レストランやウェディング業界のお客さま向けに、椅子再生の事業をご提供しています。

能登には、多くの大工、建具屋、縫製工場がありましたが、時代の変化と共に激減してしまい、同時に多くの職人やその技術が失われてしまいました。私たちは、この確かな技術と経験豊富なシニア職人たちと共に、能登から「生産拠点の国内回帰」を目指し、「椅子の再生事業」を始めました。

あまり知られていませんが、椅子は張替や修繕を施すことで、新品同様に蘇らせることができます。

海外の工場から今、多くの椅子が日本に運びこまれ、かつて日本の職人が作った「古い椅子」はお金を払って、産業廃棄物として処分されているのが現状です。しかし、古くて廃棄されてしまう椅子にも、後世に伝えていきたい想いや伝統・技術が詰まっています。

その想いや技術を残しながら、世の中の変化や流行にも対応して新品同様にするのが、エフラボが手がけてきた「椅子の再生事業」です。今では、職人軍団とIT機械を融合した工場から、毎日100本以上の椅子を出荷できる体制が整ってきました。

そしてこの度、スタートした「サーキュラーエコノミープロジェクト」は私たちの新しいチャレンジとなります。廃棄される運命しかない家具と向き合い、家具の再生を通じてお客さまへ新しい価値を提供したい、という想いを込めて実施いたします。

企画背景と、エフラボが目指す新しい家具再生工場の姿

シルバー人材の持つ職人技やノウハウを椅子の再生に役立てるとともに、ものづくりに関心のある若手社員への技能継承も行なっています。

主に椅子の張替・修繕を専門に行っていますが、ご相談いただく家具は椅子だけでなく、テーブルやクッション、ソファなど多岐に渡ります。そして、私たちの倉庫には商品化されず、行き場をなくした高品質な家具が眠ったままの状態になっていました。

さまざまな理由で商品化されず、行き場をなくした高品質な家具たち。
  • 試作段階まできていたが、注文自体がキャンセルになってしまった
  • 脚にキズが付いたため、B品扱いとなり出荷できなかった
  • メーカー品のアウトレット商品がそのまま眠ってしまっている

など、その背景はさまざまですが、家具の再生事業を生業としている一方、商品化に至らない家具を廃棄せざるを得ない状況があったり、日の目を浴びず、お客さまへご提案できない現状に心を痛めていました。

そこで今回、近年SDGsの推進で注目を集める「アップサイクル」の考え方を取り入れ、廃棄予定だった家具をアップサイクルし、新たな商品として販売することができないだろうか?と考え、本企画を準備してまいりました。

BtoC事業強化のために、オリジナルソファブランド「FMK SOFA+」も立ち上げています

またエフラボでは、これまで主に法人のお客さま(BtoB)をメインに事業展開をしてまいりましたが、一昨年よりBtoCでの新規開拓を目的にソファ専門の自社ブランド「FMK SOFA+」を開発。「家具の再生工場」だからこそできるソファを目指し、新商品づくりやECサイトの開発に取り組んでいます。

そして、今後は家具業界が抱える廃棄問題と向き合い、お客さまへ新しい価値を提案すべく、お取引先さまから廃棄扱いとなっている商品や生地を買い取り、手の届きやすい価格帯でアップサイクル商品として販売していきたいと考えています。

※一昨年立ち上げたソファ専門ブランドはこちらをご参考ください。

自社ブランド「FMK SOFA+」公式HP

第一弾企画は、某有名ブランドの家具をアップサイクル!椅子・ソファ・テーブルなど、エフラボでしか手に入らない一点モノをご用意しました!

アップサイクルした家具の魅力をお伝えすべく、ネーミングは商品の背景を一言を添えて販売いたします。

第一弾企画では、某有名家具ブランドで販売を予定されていた家具をアップサイクルし、販売いたします。販売する予定だった家具はできあがったものもあれば、パーツのみというものもありますが、どの家具の品質も折り紙つきです。

数に限りがあるため、販売方法は抽選制をとらせていただきます。また、本企画の売上は能登半島地震の復興支援に役立てるために、全額寄付いたします(※1)。


能登半島地震の発生から約1ヶ月が経ちましたが、いまだ被害の全貌が見えず、復興と生活再建に向けての長期化は免れない状況が続いています。私たちエフラボも被災者の一社となりますが、幸い復旧も進んでいるため、復興の一助になればと考えております。

詳細は以下となりますので、ぜひご覧ください。

キャンペーン詳細

  • 応募期間:2024年2月7日(水)〜2024年3月7日(木)
  • 販売方法:ウェブ抽選制(特設サイトよりお申し込みをお願いします)
  • 販売商品:椅子、ソファ、テーブル、クッション、座椅子
  • 商品価格:特設サイトをご覧ください
  • 特設サイト:https://circular.f-labo.jp/

販売商品一覧(※2)

  • この柄選んだ担当者に拍手!チェック柄がはまったアームチェア前世はそば屋のカウンターにありそうだったチェア
  • とある物件用に作られたが、余ってしまった訳ありカウンターチェア
  • 新たな人生の門出を祝う場に置かれなかったチェア
  • 「多分私ってこんなイメージで思われてるかも」と思ったチェア
  • テラスや屋上、プールサイドにどうかな?ソファ
  • 何気に本革仕様で、生地だけでもこの金額じゃ買えないソファ
  • 一点もの!試作で作られてそのまま独りぼっちだったソファ
  • バタバタの中で作ったが、不要になってしまい、捨てるに忍びなく倉庫入りしたボルスタークッション
  • 若かりし頃の工場長が監修したサイドテーブル
  • 背中が扇みたいでかわいい!こたつにもいいかも?おしゃれ座イス
  • 光沢感ある張地とデザインがぴったり!「ちょっと固めなのは業務用だったから」チェア
  • カフェな感じのお部屋にいいかも。海外生地張込みチェア
  • 某役員室でお払い箱になったけど、重役感そのままなソファ
  • 某役員室でソファと一緒にお払い箱になったレトロテーブル

※1:売上金額の寄付期間については、復興支援の状況を踏まえながら進めさせていただく予定です。あらかじめ、ご理解いただきますようお願いいたします。

※2:名称は一部変更される可能性があります。

ご注文の流れ

  1. 特設サイトへアクセス&ご希望商品を応募フォームへ入力&お申し込み
  2. 当選者の方のみにメールでご連絡(決済URLを添付いたします)
  3. ご注文完了後、ご自宅へ商品を郵送

※お届け納期などは、別途ご連絡させていただきます。

ご留意事項

※商品は先着順になります。

※当選者にはメールにてご連絡します。当選されたお客さまは、メールに記載の振込先へ、5日以内に支払いをお願いします。入金が確認でき次第、メールで発送日をご連絡いたします。

※入金後のキャンセル・返金はできかねます。

※発送は2024年3月中旬以降となります。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。

※返品対応は、お届け商品に不備があった場合のみ受け付けとなります。交換は、交換できる在庫がある場合のみとなります。それ以外の場合、返金での対応となります。

※お届けは玄関先でのお渡しになります。開梱や設置、空きダンボールの対応はできかねます。

※開梱、設置、不要になったダンボールや梱包材の引取り希望の場合は別料金が発生いたします。

株式会社エフラボの工場長・木村からのコメント

【株式会社エフラボ】 木村 元伸(エフラボ工場長/職人歴22年)

令和6年能登半島地震において、弊社のある能登地区は言葉にできないほどの甚大な被害を受けています。

かなり困難な状況であるにも関わらず、全国から当地へ救済と復興支援のために尽力いただいている皆様に深く感謝申し上げるとともに、お亡くなりになられた方、ご家族の皆様に謹んでお悔み申し上げます。

社員一同無事ではあったものの次から次と現れる壁に呆然としてしまい、何から手を付けてよいかわからなくなることがたびたびありますが、それを振り切り勇気を出して、一歩ずつ復興への道を歩んでいきたいと思います。

会社概要

  • 株式会社エフラボ
  • 所在地:石川県七尾市中島町小牧19、1009番地3
  • 代表:松井 正尚
  • 事業内容:椅子の張替・修繕、および椅子の再生事業を展開
    会社HP:https://f-labo.jp/
  • 自社ブランド「FMK SOFA+」公式HP:https://fmk-sofa.f-labo.jp/
<本件に関するお問い合わせ>

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ