株式会社ギルドヒーローズが「SDGsヒーローを活用した産官学・地域連携型探究学習」を実施

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 SDGs
株式会社ギルドヒーローズが「SDGsヒーローを活用した産官学・地域連携型探究学習」を実施

 

話題の探求学習プログラム「SDGsヒーローを活用した産官学・地域連携型探究学習」を仙台育英学園にて実施!

沖縄市のご当地PRと地方創生に貢献するSDGsヒーローを探究学習の成果として発表!

話題の探求学習プログラム「SDGsヒーローを活用した産官学・地域連携型探究学習」を仙台育英学園にて2024年も本プログラム導入予定!

株式会社ギルドヒーローズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:森井聡)は、学校法人仙台育英学園と探究学習(総合的な探究の時間)における共同教育研究を行い、沖縄県沖縄市の仙台育英学園高等学校広域通信制課程ILC沖縄(以下、ILC沖縄)の探究学習において、「SDGsヒーローを活用した産官学・地域連携型探究学習」を2023年10月~2024年1月にかけて実施しました。また、2024年度は仙台育英学園沖縄高等学校(全日制課程)で引き続き導入を予定しております。

取り組みの背景

株式会社ギルドヒーローズ(以下、ギルドヒーローズ)は全国の自治体とSDGs教育の推進、起業家教育の推進、シティプロモーションの実施等について包括連携協定を締結し、地元のPRと地方創生、SDGsの目標達成に貢献する教育プログラムを提供しています。公立/私立の小学校~高等学校の総合学習や探究学習プログラムとして注目され、2023年1~3月には熊本県上天草高等学校にて特別講座を実施し、日本初のSDGsヒーロー「髪 切待(カミ キリタイ)」と「アメリア」が上天草市に誕生しました。その後、茨城県龍ケ崎市、茨城県常総市など、続々とSDGsヒーローが誕生しています。

(自社調べ2024年3月、日本国内のSDGsヒーローが初)

参照(全国に広がるSDGsヒーロー)

http://www.ghero.co.jp/

そのような中、沖縄県沖縄市で広域通信制課程と全日制課程の学校を設置する学校法人仙台育英学園からご要請をいただき、ゲーム×マンガスキルの習得でSDGsを学習する教育研究を実施すること、そして沖縄市のPRに貢献する地方創生プログラムの開発および実施を目的とする共同教育研究での連携協定を締結しました。その後、沖縄市や学校内外とのパートナーシップ、SDGsゲームの制作、マンガスキル講座、起業家入門講座、SDGsヒーロー制作などからなる地方創生教育プログラムを共同開発し、ILC沖縄における探究学習(総合的な探究の時間)の授業において、2023年10月~2024年1月の4か月をかけて実施することとなりました。

実施した探究学習の概要

1)実施概要 

○対象:仙台育英学園高等学校広域通信制課程ILC沖縄eフレックスコース

○開催日時:2023年10月~2024年1月まで計12回

○授業内容:

①沖縄市役所による「沖縄市の都市計画(沖縄市のSDGsの活動含む)」授業

②自ら考えるSDGsゲームの制作 「SDGs ワールド」

③マンガスキル講座 「ストーリー/キャラクター/イラスト基礎」

④起業家入門授業「起業家マインド/パートナーシップ/プレゼンテーション」

⓹SDGsヒーローイラスト最終制作および発表(プレゼンテーション)

2)学習の目標

〇自ら考えて未知の課題を解決する力を養う探究学習において、地元沖縄市の現状と課題を理解することで、世界的な課題であるSDGsを地元沖縄市で達成するための方法を学び、考える。

〇SDGsの目標を達成するためのアイデア、ストーリーを、アートの力(マンガスキル・キャラクター制作)によって可視化する方法を学び、考える。

3)授業の進め方と教育パートナーおよび成果

〇高校生たちが沖縄市のSDGsをゲームで学び、SDGsの目標を達成するアイデアやストーリーを考えて、マンガの主人公(ヒーロー)を描くようなイメージで、沖縄市のPR/シティプロモーションにつながるSDGsキャラクターを生み出します。その過程の中で、SDGs、地元沖縄市のこと、課題を発見・解決する方法を学び、考えます。

〇今回の授業は、高校生、沖縄市、地域のパートナーとの「協働」がテーマになっており、学習の成果として、沖縄市のシティプロモーションの実施および産業振興にもつながります。

沖縄市役所による「沖縄市の都市計画(沖縄市のSDGsの活動含む)」授業

沖縄市役所にご協力頂き、沖縄市のSDGsの取組みと都市計画についての話を聞き、地元沖縄市の現状と課題について考えました。

自ら考えるSDGsゲームの制作 「SDGs ワールド」

沖縄市役所による沖縄市の都市計画(SDGs準拠)での学びを参考に、高校生たちが地元沖縄市のSDGsの取組を個人、企業、国家の視点で考えて洗い出し、SDGsをテーマにした教育ボードゲーム「SDGsワールド(非売品)」のカードとして自分たちでゲームを製作しました。

SDGsワールドは、実際にSDGsの推進活動に行動することを目的としたボードゲームで、プレイヤーが直接SDGsの目標達成に向けたリアルな活動に参加し、その過程で学び、SDGsに関する自身の体験やアイデアをゲームに採用できます。SDGsゲーム制作により意識を高めることを促す設計になっています。

ゲームを通じて、SDGsに必要な知識と理解を深めるとともに、実世界での行動変容へと繋がる仕組みです。学生たちは、自ら考え作ったゲームで遊びながらSDGsを身をもって学習(ゲーミフィケーション)。笑顔で遊びながら知識の吸収と定着も早くなります。

マンガスキル講座 「ストーリー/キャラクター/イラスト基礎」

ストーリーやキャラクター、イラスト表現に必須となる「読者に伝えるテクニック」は、創作の分野に限らず、社会生活においても非常に有用なスキルです。ファンタジー要素を含むオリジナルストーリーを筋道立てて考え発表することで、論理的思考、国語力と伝達力も磨かれます。

そして、ギルドヒーローズが描くマンガやキャラクターの世界観を参考に、高校生たちは自らが考えたオリジナルのSDGs物語をつくりました。

高校生たちが描いたキャラクター、ストーリー設定/絵コンテ作品例

起業家入門授業 「起業家マインド/パートナーシップ形成/プレゼンテーション」

起業するしないに関わらず、これからの不確実な時代を生き抜くためには、起業家のように自ら行動し、課題を発見・解決できる能力と考え方が必要です。起業家マインドをはじめ、行動を成功に導くためのパートナーシップ形成の方法、相手の意識に訴えかけるプレゼンテーションの方法を学びました。

プレゼンテーションは、表現のプロである日本グローバル演劇教育協会による指導を受けました。

SDGsヒーローイラスト最終制作および発表(プレゼンテーション)

地元沖縄市のSDGs授業をしていただいた沖縄市役所、生徒と一緒になって制作に取り組んだ仙台育英学園の先生方など、多くのパートナーの協力を得て、最終制作および発表(プレゼンテーション)に臨みました。

沖縄市教育長 比嘉様による講評

沖縄市教育委員会教育長および沖縄金融公庫様から制作したキャラクターの講評を頂き、2つのSDGsヒーローが採用されました。

最優秀に選ばれたSDGsヒーロー2作品

エンドースコメント

沖縄市教育委員会 比嘉良憲教育長                          

私たちの周りには、いつも小さな新しい発見や気づきに溢れています。それをいかに感じ取り、自身の問いに昇華させ、情報を分析し、自ら考案したキャラクターに託して問題解決に立ち向かう。まさに、探求学習の目指す「生徒の主体性」が鮮明に発揮された発表会でした。それは今、注目を集めるウェルビーイングに確実に繋がりますし、自身の将来の選択肢を広げる契機にもなるはず。生徒の秘めたる可能性に期待が膨らむばかりです。

学校法人仙台育英学園 常務理事・仙台育英学園沖縄高等学校 校長 

SDGsヒーローの作成を通じて、生徒たちは個人、地域、企業、国家と様々な視点で社会課題を分析し、課題解決にむけて空想を含めた柔軟な発想を持ち、表現・発信することができました。ビジネスを含む社会の中で新しい事を起こしていく上では、現状に異議を唱え、挑戦することが重要とされていますが、本授業がその第一歩を踏み出す貴重な機会となりました。本授業を踏まえて、起業にむけた創業計画書を作成する次の学習に繋げて参ります。

東京大学 東京大学大学院情報学環 准教授 藤本 徹       

沖縄の地域の特色を取り入れたSDGs教育に、ギルドヒーローズのゲームの特色を組み合わせた素晴らしい取り組みだと思います。教育目標とゲームを通した学びのつながりをよく考えて実装されています。今後も沖縄市からこのような取り組みが広がっていくことを期待しています。

ギルドヒーローズ社について

カードゲーム・マンガ・イラストなどの「エンターテインメント(アート)」と、好きなことを仕事にする「自己実現力」を掛け合わせた「職業教育」で、「イノベーションによる課題解決能力」を持った子どもたちを育てる教育会社です。探究学習や総合学習において、小中高生たちがマンガやゲームなどのスキルを学び、遊びながら職業やSDGs、アートや魅力的なグラフィックを学習するプログラムを提供しています。未来のSDGsの目標を達成するための仮想世界(物語)を制作して、エンターテインメント(アート)によりSDGsや職業を学べる教育教材の開発も行っています。

会社概要

  • 社名       : 株式会社ギルドヒーローズ
  • 所在地      : 東京都千代田区神田鍛冶町3-4 oak神田鍛冶町7F
  • 代表者      : 代表取締役 森井 聡
  • コーポレートサイト: https://ghero.co.jp/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
年会費無料 法人カード
中小企業におすすめの法人カードはビジネスカード
史上最強の法人カード、究極の3枚はこれだ!
副業におすすめのクレジットカード
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
楽天など個人カードも使える”請求書カード払い”は即日OK
初心者におすすめクレジットカード 特集
年会費無料の最強クレジットカードはどれ?
おすすめのナンバーレスクレジットカード 特集
カードレス クレジットカードのおすすめランキング
特選、即日発行してすぐ使えるクレジットカードアプリ
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードのお得な作り方 特集
三井住友カード(NL)ナンバーレスの評判
ウエルシアカードのメリットとは
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPay 入会キャンペーン
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
審査なし、最新 後払い電子マネーアプリ
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
楽天モバイルのデメリットとは

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ