株式会社ビューティースマイルの「ネイルドネーション®」に浜松いわた信用金庫がSLL実施

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 SDGs
株式会社ビューティースマイルの「ネイルドネーション®」に浜松いわた信用金庫がSLL実施

「ネイルドネーション®」にSLL実施

株式会社ビューティースマイルは、がん治療中の患者などを対象にネイルチップを提供するサービス「ネイルドネーション®」の試験運用を開始しました。このプロジェクトは、浜松いわた信用金庫とのサステナビリティ・リンク・ローンを活用し、総額5000万円を調達。展示用ネイルチップのリサイクルを通じ、障がい者や高齢者の雇用を促進しながら、社会貢献を実施しています。

このニュースのポイント
  • 医療患者向けネイルチップ提供サービス
  • サステナビリティ資金で事業展開
  • リサイクルと社会貢献を推進

<以下リリース>

がん等の治療中の方にネイルチップを届ける医療アピアランスケアネイルドネーション®に浜松いわた信用金庫がSLLを実施

サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)を利用し、一般財団法人しんきん経済研究所が第三者からの立場から「KPI」及び「SPT」の妥当性を確認し評価結果を報告した。

がん治療中の方や、病気で通院、入院中の方にネイルチップを届けるSDGs通販サイトを開発するベンチャー・株式会社ビューティースマイル(本社:静岡県浜松市、代表取締役:髙橋繁世)はこの度、浜松いわた信用金庫および一般財団法人しんきん経済研究所の第三者評価を実施し、総額5000万円の資金調達を行ったことをお知らせします。    

株式会社ビューティースマイルは今回のサステナビリティ・リンク・ローンで調達した資金の一部を用いて、現在開発中のARによる爪の計測システムを搭載したネイルチップ専門の通販サイト「ネイルドネーション®」の試験運用をしてまいります。

ネイルドネーション®は、ネイルサロン等で捨ててしまう展示用見本をリサイクルして再販するビジネスモデルであり、販売するネイルチップのリメイクや梱包配送等を、障がい者及び高齢者雇用を通じて行っています。今回のSLL「KPI」は、今後10年間で5名の障がい者雇用を実現させることを目標設定しています。     https://naildonation.com/

d139311-1-24aab03d9dc232fda653ca6ae0fb2f70.pdf

爪のAR計測システム搭載のネイルチップ専用通販サイト

「ネイルドネーション®」

実際の自爪計測システムAR画面。卓上にネイルチップが浮かび上がり実際に爪を当ててサイズを確認できる。独自のサイズラインナップによりS/M/Lで表示される。今後キッズネイルも展開予定でSSサイズも導入予定。

プロのネイリストが作成した展示用ネイルチップを全国から集めて、病気や身体が不自由な方におひとつを無料(送料別)で提供する社会貢献活動です(2024年2月9日OPEN)。

ネイルサロンに展示されている見本のネイルチップは誰も装着されていない新古品。見本品はデザインクオリティが高いため、従来よりもデザイン性の高いネイルチップ通販が完成しました。

ネイルドネーション®の一番の特徴は「爪のサイズがスマホのカメラ機能で測定できる」AR画面とサイズ入力画面が表示され、爪のサイズに合ったデザインから選べることです。すでにフィジビリティで販売がスタートしていますが、多数の患者さんから「多数のデザインから選べる喜び」「自分の爪のサイズに合ったものが届く」など、お喜びの声がすでに届いています。


ネイルドネーション®の取り組みについて

本事業を開始した経緯

2020年のコロナウィルス感染拡大により、弊社が運営するネイルサロンが運営の危機に陥り、ひとりのネイリストの「世の中の暗い気持ちを明るくしたい」という想いから展示用ネイルチップの再利用がスタートしました。抗がん剤治療の方へ、病院とがん患者支援のNPO法人への寄付を行い約2年で500人分のネイルチップを梱包し無料提供をするボランティア活動に成長をしました。

サイズが合わない、デザインが選べない、という課題と、有料化に切り替え永続的な活動へと進化させるために、2022年にクラウドファンディングにて「患者さんの爪のサイズを測定できる」システム開発費用の募集を行い、約2カ月間で128名、244万円の支援金が集まりシステム開発がスタートしました。1年後の2023年にARの爪の測定システムβ版が完成し今に至ります。

解決したい社会問題

がん患者は43万人、入院患者は70万人、爪の病気は100万人、全盲・失明者は87万人、車椅子生活者は50万人。(2023年実績)

これらは女性のみの数です。

病気を抱えながら、闘病中でも、女性はお洒落を楽しみたいと思っています。しかし通院をするとき、入院中はとくにマニキュアすら禁止されており、当たり前にネイルを楽しむことはできません。

2020年からボランティア活動として500人を超える、がん患者さん達に無料提供をしてきた経験から「爪に両面テープで貼るだけで、取り外しが簡単なネイルチップはアピアランスケアに最適である」ことが分かり、この度事業化をしました。


私たちが目指したいSDG

◇地球環境の改善

ネイルチップ(プラスチック)の廃棄を軽減します

◇すべての人に健康と福祉

病気や身体が不自由な方にお1つプレゼントをして前向きに治療が行えるようにします

◇働きがい経済成長

障がい者の方とネイルチップのリメイクや、梱包&配送を行っていきます

◇産業と技術革新

ARやECのシステム開発でネイル業界、ネイルチップの普及をけん引します

◇パートナーシップ

健康な方やネイルチップを提供してくださるネイリストと共に全員が寄付に参加できる仕組みです


今後の展開について

2024年2月9日にサイトをOPENしInstagram等のSNSで拡散を行った結果、ネイルチップの寄付提供が50サロンを超え、1000人のフォロワーの獲得と、3000人分のネイルチップが届いています。またユーザーからの発注の際に返品交換も柔軟に対応しながらサイズ測定機能の不具合のバージョンアップ、ECサイトのバグの解消等も同時に行っている最中です。

今後は、ユーザーの獲得のために、キャンサーサバイバー等のインフルエンサーのみならず大手製薬会社や、保険会社とのオープンイノベーションを活用して協業による告知を目指しています。

国内の販売を安定化させつつも、オーダーネイルチップのプラットフォーム事業として拡大させながら、海外展開を検討しています。

浜松いわた信用金庫のコメント

同社は社会における女性活躍の推進に尽力する中、SDGs事業としてがん患者向けネイルチップの無償提供に注目しました。2021年には「ネイルドネーション」の事業規模拡大に伴い、創業支援のサポートを目的とした、当金庫主催のビジネスコンテスト「チャレンジゲート」に応募いただき、数ある応募の中からSDGs部門優秀賞を受賞されました。「ネイルドネーション」をはじめとした同社の取組みは事業モデルとして非常に魅力的であり、当金庫としても同社の事業拡大の支援の一つとして、SLLを提案し本件取組みに至りました。

今後も同社の発展に協力していきたいと考えております。

浜松いわた信用金庫 志都呂支店

髙橋繁世:株式会社リクルート出身 / 多摩大学大学院 経営情報研究科卒業

株式会社ビューティースマイル 代表・髙橋繁世のコメント

私がこの事業に対して熱心に取り組むきっかけとなったのは、ボランティア活動をした途端に、全国のネイリストさんからたくさんの展示用ネイルチップの寄付が届いたことでした。全国のネイルサロンから「もらってくれて、さらに社会に役立てていただきありがとうございます。」とうれしい声もたくさん届きます。

またネイルドネーション®を立ち上げて、多数の患者さんがご購入いただけているのですが「こんなに素敵な活動をしてくださりありがとうございます。」と患者さんからもお礼のメッセージが毎回届きます。リサイクル品を有料で提供しながらも、こんなにお礼をたくさんの人に伝えていただける事業は他にないのではないか、と我ながら革新的な新事業を考えたのではないかと思っています。

そして、障がい者支援施設へ委託を実行している最中なのですが、先日ネイルチップのリメイクのレクチャーに行ったときに、ご利用者様から「この仕事は楽しい」と、とても好評だったことが新たな価値を生み出していることが分かりました。知的障害がある方達がご自身の個性、感性でデザインを組み合わせていくネイルチップリメイクは、障害がある方だからこそ価値のあるものに変わるような気がいたしました。これからも寄付を頂くネイリストさんのため、ネイルチップの購入を待っている患者さんのため、新しい価値を見出せる障がい者施設のご利用者様のために全力で取り組んでいきたいです。


株式会社ビューティースマイルについて

【経営理念】いちばんに人を大切にするづくり~価値を認め会い高め合う~

私たちが最も大切にしていきたいことは「人の価値・可能性」そのものです

【会社概要】

社名:株式会社ビューティースマイル

本社所在地:静岡県浜松市中央区若林町23番地1

代表取締役:髙橋繁世

事業内容: ネイル・まつ毛・エステ等の美容事業

認定こども園、保育園事業

設立: 2011年6月

HP:https://www.beautysmileinc.com/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向けランキング
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
ウエルシアカードの評判からメリットを分析
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ