株式会社中国銀行が株式会社ケイ・エヌ・ビーの「SDGs私募債」の引受け・財務代理人に

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 SDGs
株式会社中国銀行が株式会社ケイ・エヌ・ビーの「SDGs私募債」の引受け・財務代理人に

中国銀行がケイ・エヌ・ビーの「SDGs私募債」を引受け

株式会社ケイ・エヌ・ビーが発行する「SDGs私募債」は、地域社会への貢献を目的としています。手数料の一部を「おかやまの森整備公社」に寄附し、環境保全活動に活用されます。さらに、11トンのCO2クレジットが同社に譲渡されます。

このニュースのポイント
  • SDGs私募債を通じた地域貢献
  • 「おかやまの森整備公社」への寄附
  • 11トンのCO2クレジット譲渡

<以下リリース>

SDGs私募債を活用した脱炭素支援の取組みについて(株式会社ケイ・エヌ・ビー)

 当行では、私募債発行を通じ、地域社会に貢献する企業を応援しております。5月24日(金)に、株式会社ケイ・エヌ・ビーの『SDGs私募債「地域応援型」※』の引受けと財務代理人を務めることになりました。その手数料の一部をおかやまの森整備公社(以下、「公社」)へ同社と当行の連名にて寄附いたします。
本件は「おかやまの森応援プロジェクト」(※)による取組みであり、寄附金については公社がおこなっている岡山県内全域での環境保全活動に活用される予定です。また本取組みにともない、公社から株式会社ケイ・エヌ・ビーに11t-CO2のJ-クレジットが譲渡されます。

※『SDGs私募債「地域応援型」』
SDGsに関連した地域社会への貢献を目的として、私募債発行企業からいただく手数料の一部で備品などを購入し、私募債発行企業が指定するSDGsに関連する先へ当行と発行企業の連名にて寄贈する私募債。

【発行企業および私募債の概要】

  • 銘 柄 名 :株式会社ケイ・エヌ・ビー 第2回無担保社債(当行保証付および適格機関投資家限定)
  • 所 在 地 :岡山県倉敷市大島560-12
  • 代 表 者 :三村 廣彦
  • 売 上 高 :1,218百万円(令和5年4月期)
  • 発 行 額 :50百万円
  • 発 行 日 :令和6年5月24日(金)
  • 発行期間  :3年
  • 返済方法  :満期一括償還
  • 資金使途  :運転資金
  • コメント  : 当社は建築物解体業者として、高度な技術と豊富な経験をもとに、事業活動に取組んでいます。また、今回のプロジェクトへの参加により得られるJ-クレジットは、当社の事業活動から排出されるCO2のオフセットに利用する予定です。今後も環境とリサイクルに配意した事業活動に取組んでいきます。
(※)「おかやまの森応援プロジェクト」

「おかやまの森応援プロジェクト」は、環境保全への貢献度を価値化できるJ-クレジット制度を活用し、地域の経済活動と自然環境保護活動との積極的な循環を促すことを目的とし、SDGs私募債「地域応援型」のスキームを活用して公社へ寄附をおこなうとともに、公社から一定量のJ-クレジットを私募債発行企業へ譲渡するという取組みです。
本取組みは、期間限定の取組みとして、令和6年2月9日から募集を開始しております。(募集期限:令和6年6月28日まで)
公社は、その寄付金を同社のおこなう森林整備事業などに有効活用いただき、私募債発行企業は、本取組みへの参加を通じてCO2の削減に間接的に貢献できるとともに、環境価値をJ―クレジットという形で受け取ることにより、自社が排出するCO2のオフセットを主体的におこなうことができます。
当行では、本取組みを通じて、お客さまとともに地域の脱炭素への取組みの活性化を図り、持続的成長に貢献してまいります。

【取組みのイメージ】

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、資金調達をすると同時にSDGsへの取り組みを簡単に実施できる新しく便利な融資商品です。
銀行に法人口座を開設すると利用でき、都市銀行から地方銀行が積極的に取扱っています。

私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。
VOIXでは他にも、資金繰りを楽にする「中小企業におすすめの法人カード」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料を徹底比較
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ