横浜植木株式会社と株式会社東海化成が生分解バイオマス資材「バイオーレ ポット」を共同開発

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 SDGs
横浜植木株式会社と株式会社東海化成が生分解バイオマス資材「バイオーレ ポット」を共同開発

「バイオーレ ポット」を共同開発

「バイオーレ ポット」は国産バイオマスを原料に使用した生分解性の農園芸用ポットです。苗をポットのまま植えることで、作業性向上と植物のストレス軽減を実現します。ポットは土壌中で自然に分解され、環境負荷を軽減します。
本製品は放置竹林の竹を使用し、他の植物残渣からも生産可能です。国内調達により輸送コスト削減とカーボンニュートラルな製品供給を目指しています。

このニュースのポイント
  • 国産バイオマスを使用した生分解性農園芸用ポットをリリース
  • ポットのまま植え付け可能で、環境負荷を軽減
  • 試作品モニターを募集、今後全国で販売予定

<以下リリース>

竹を原料にした生分解バイオマス資材「バイオーレ ポット™」~そのまま花壇に植えて自然と共生~(試作品モニター募集)

横浜市に拠点を置き、総合園芸事業を展開する「横浜植木株式会社」(本社:横浜市、代表取締役社長:伊藤智司)は、このたび国産のバイオマス*1を主原料に使用した農園芸用新製品「バイオーレ ポット」を株式会社東海化成(本社:岐阜県美濃市、代表取締役社長:景山昌治)と共同開発致しました。弊社のSDGs施策の一環となります。 そこでこのたび、この商品の試作品でモニターを募集しています。 *1 バイオマスとは、生物由来の再生可能な資源であり、炭素を含む有機性資源のことを言います。

■特長

「バイオーレ ポット™」は生分解性を持っており、苗をポットのまま圃場や花壇に植えることができます。作業性が向上し植物へのストレスも軽減されます。ポットは植え付け後、土壌中の微生物により徐々に分解され自然に還元されます。

この度開発した生分解性バイオマスプラスチック「バイオーレ™」²の主原料は、株式会社アミカテラの製造するmodo-cell®を用いて開発し、放置竹林の竹を使用していますが、籾殻・茶殻・珈琲カス・落花生殻・トウモロコシの芯などの植物残渣などからも同様の資材が生産可能です。これらを使用する事で環境への負荷がなく、国内で調達できることから、輸送コストも軽減され、カーボンニュートラルな製品が供給できます。生分解は土壌中の微生物によって行われ、最終的には二酸化炭素と水に分解され、自然に循環するものです。これにより、海洋汚染となっているマイクロプラスチック問題も回避できます。

横浜植木株式会社は、脱炭素活動の一環として、今後も「バイオーレ」を使った農業・園芸・造園資材の開発を積極的に進めてまいります。

*2 この度のバイオーレ™は、株式会社アミカテラの生分解性素材modo-cell®を用いて、共同開発致しました。

※modo-cell®(モドセル)は株式会社アミカテラが製造するもので、株式会社アミカテラ(https://amica-terra.com/)の登録商標です

(バイオーレ ポット3号)

(そのまま植付け可能)

(分解した部分から育ちます)

■試供品のご提供と試作のお願い

発表に際し、自治体や農園芸関連の法人のみなさまを対象に2サイズのポットの試供品をご用意しております。苗をポットのまま圃場や花壇に植えることの利便性や、植物の生育状況、時間と共に分解するポットの様子を是非実感下さい。

*野菜や花の品目、定植の時期など試験環境や結果についてアンケートをお願い致します。

■今後の展開

このたびのモニター様などを検証して、初回として、3号(直径9㎝)および3.5号(10.5㎝)の2サイズのポットを全国で販売予定となります。後日販売時期・価格などの詳細はリリースさせていただきます。

(参考まで)

■横浜植木の、夢を植え、未来を育んできたエピソード

百合の球根の輸出など園芸事業でスタートし134年目を迎えました。

ワシントンの桜並木は有名ですが、実は100年以上前にこの苗木6千本の輸出に携わったのが横浜植木でした。

種苗事業では、緑肉が主流であったメロンの市場に赤肉の「クインシー」を投入し開発から30年以上たった今でも夏の定番フルーツとして、全国のスーパーで販売されています。

また、タネの無い種なしピーマンは多くのメディアから注目を集めています。 

■試供品に関するお問い合わせ(メールでお問合せ願います)

メールでのお問合せ: info@bio-le.com

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向けランキング
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
ウエルシアカードの評判からメリットを分析
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ