株式会社チクマが「第6回アップサイクルワークショップ」を開催、垂れ幕を「ハニカムボール風鈴」にアップサイクル

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 SDGs
株式会社チクマが「第6回アップサイクルワークショップ」を開催、垂れ幕を「ハニカムボール風鈴」にアップサイクル

「第6回アップサイクルワークショップ」を開催

株式会社チクマは、大阪中之島美術館で第6回アップサイクルワークショップを7月24日に開催します。今回は昨年の展示会垂れ幕を「ハニカムボール風鈴」にアップサイクルします。
このワークショップは小学生を対象に、SDGs学習の一環として行われ、地域連携や環境保護の意識を育む機会を提供します。

このニュースのポイント
  • 小学生向けSDGs学習ワークショップを開催します。
  • 展示会垂れ幕を風鈴にアップサイクルします。
  • 地域連携と環境意識向上を目指します。

<以下リリース>

美術館の巨大垂れ幕を「ハニカムボール風鈴」にアップサイクル

小学生を対象に、SDGsの学びにもつながるワークショップを開催アップサイクルするのは「デザインに恋したアート♡アートに嫉妬したデザイン」垂れ幕

衣服を通して豊かなこころを育む「服育Ⓡ」を提唱する株式会社チクマ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:堀松 渉)が企画・運営として参画する大阪中之島美術館アップサイクルプロジェクトは、第6回アップサイクルワークショップを7月24日(水)に開催します。

今回は、昨年大阪中之島美術館で開催された「開館1周年記念展 デザインに恋したアート♡アート

に嫉妬したデザイン」の垂れ幕を、風に揺れる姿が涼しげな「ハニカムボール風鈴」にアップサイク

ルします。

夏休み期間ということもあり小学生を対象に募集し、社会福祉法人いちょうの森が丸や四角にカットした垂れ幕の生地を、子ども達が速乾性ボンド(コニシ株式会社提供)等を使って制作していきます。

大阪中之島美術館アップサイクルプロジェクトの一環として開催するこのワークショップは、美術館内で利用されていた展覧会の巨大垂れ幕を、無駄に廃棄するのでなくアップサイクルしようと企画されたものです。

環境への配慮や福祉の観点はもちろん、地域との連携やパートナーシップも取り入れたワークショップは、体験的にSDGsを学ぶことのできる場でもあります。

■大阪中之島美術館アップサイクルプロジェクト 第6回アップサイクルワークショップ

日時:2024年7月24日(水)10:30~11:30、14:00~15:00

場所:大阪中之島美術館 1階ワークショップルーム

募集人数:各回10名

対象:小学生ならどなたでも(小学1年~3年生のお子様は、大人の同伴が必要です)

参加費:500円(税込)

申し込み方法:大阪中之島美術館チケットサイトより申し込み

主催:大阪中之島美術館(https://nakka-art.jp/

企画・運営:株式会社エヌケービー(http://www.nkb.co.jp/

株式会社チクマ(https://www.chikuma.co.jp/

協力:社会福祉法人いちょうの森(https://ichou20.my.canva.site

助成:一般財団法人地域創造(https://www.jafra.or.jp/

物品協賛:コニシ株式会社(https://www.bond.co.jp/

■これまでのアップサイクルワークショップレポート

第1回

「開館記念特別展 モディリアーニ ―愛と創作に捧げた35年―」「開館記念展 みんなのまち 大阪の肖像 第1期」の垂れ幕を、ハンギングオーナメントにアップサイクルしました。

https://www.fukuiku.net/report/event/e-others/nakanoshima_1.html

第2回

「大阪中之島美術館 国立国際美術館 共同企画 すべて未知の世界へ ― GUTAI分化と統合」の垂れ幕を、ハニカムボール風鈴にアップサイクルしました。

https://www.fukuiku.net/report/event/e-others/nakanoshima_2.html

第3回

「ロートレックとミュシャ パリ時代の10年」の垂れ幕を、クリスマスフラワーツリーにアップサイクルしました。

https://www.fukuiku.net/report/others/o-others/nakanoshima_3.html

第4回

「開館1周年記念特別展 大阪の日本画」の垂れ幕を、フラワーデコレーションにアップサイクルしました。

https://www.fukuiku.net/report/others/o-others/nakanoshima_4.html

第5回

「民藝MINGEI―美は暮らしのなかにある」の垂れ幕を、フラワープレートにアップサイクルしました。

https://www.fukuiku.net/report/others/o-others/nakanoshima_5.html

■大阪中之島美術館

2022年2月2日開館。19世紀後半から今日に至る日本と世界の優れた美術とデザインを核としながら、地元大阪の豊かな芸術活動にも目を向け、6000点を超えるコレクションを所蔵しています。建物は館内に立体的に設計された“パッサージュ”によってくり抜かれ、開かれた公共空間として人々を迎え入れます。「さまざまな人と活動が交錯する都市のような美術館」をコンセプトに、誰もが気軽に訪れ、くつろぎ、触発される美術館をめざします。

https://nakka-art.jp

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社チクマ キャンパス事業部 服育net研究所 担当:有吉直美

email:  n-ariyoshi@chikuma.co.jp

tel. 06-6222-3511   fax. 06-6222-3614

【 補 足 】

株式会社チクマ

1903年創業の繊維専門商社

本社:大阪市中央区、代表取締役社長:堀松 渉

主な取扱品目は、ビジネスユニフォーム、スクールユニフォーム、婦人服の生地素材及び製品。

1995年 環境推進室 開設

2004年 広域認定制度 第一号認定企業

「服育」の理念を提唱

2007年 循環型社会形成推進功労者等「環境大臣表彰」を受賞

2009年 第11回グリーン購入大賞「経済産業大臣賞」を受賞

2014年 北九州市との官民一体型リサイクル事業会社「㈱NCS」設立

2017年 服育学びツール「制服の一生すごろく」が、消費者教育教材資料表彰 優秀賞を受賞

2018年 SDGs実現に向けて取り組みを宣言

2020年 「チクマとSDGs」を発行

チクマWebサイト:http://www.chikuma.co.jp

衣服を通して豊かな心を育む「服育」

衣服を通して、コミュニケーションやマナーなどの社会性、環境問題、健康や安全、国際性や様々な文化等に対する理解を深め、「生きる力」や「豊かな心」を育もうという取り組みです。2004年にチクマが提唱し、教育関係を中心にファッション、環境関連の業界などに広がっています。

服育Webサイト:https://www.fukuiku.net/

服育website

チクマの「環境推進室」

繊維専門商社であるチクマは1995年に「環境推進室」を開設し、環境対応ユニフォームの普及に取り組んでいます。使用済みのPETボトルを繊維に再生利用したユニフォームの導入をはじめ、2004年に環境大臣が認定している『広域認定制度』の 第一号認定 の企業となり、2014年には北九州市に官民一体型古着リサイクル事業で回収・リサイクルした衣服は累計1,465万点に達しています。「ユニフォームをゴミにしない」を合言葉に、ユニフォームのリサイクル推進に努めております。

チクマリサイクルシステムWebサイト:http://www.recycle-system.com/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向けランキング
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
ウエルシアカードの評判からメリットを分析
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ