「熊本県フットボールセンター(仮称)」整備事業(PPP事業)に対する融資を肥後銀行が組成

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん SDGs
「熊本県フットボールセンター(仮称)」整備事業(PPP事業)に対する融資を肥後銀行が組成

肥後銀行のSDGsへの取り組み、「熊本県フットボールセンター(仮称)」整備事業(PPP事業)に対する融資を組成について

株式会社肥後銀行が、株式会社熊本フットボールセンターに対して、アレンジャーと
なり、熊本第一信用金庫(本社:熊本市、代表理事:鴻池卓児)と共同でPPP事業(官民連携事業)向け融資を9月10日に組成した。

「熊本県フットボールセンター(仮称)整備事業に係る連携協定」について

株式会社肥後銀行、株式会社熊本フットボールセンター、一般社団法人熊本県サッカー協会、嘉島町、熊本第一信用金庫の 5 者間による「熊本県フットボールセンター(仮称)整備事業に係る連携協定」もあわせて9月10日に締結した。

株式会社熊本フットボールセンターについて

株式会社熊本フットボールセンターは、一般社団法人熊本県サッカー協会(KFA、本社:熊本市、代表理事:前川隆道)の 100%出資により設立された会社であり、嘉島町での「熊本県フットボールセンター(仮称)整備事業」を目的としている。

嘉島町での熊本県フットボールセンター(仮称)整備事業は、一般社団法人熊本県サッカー協会と嘉島町とのPPP事業として、嘉島町総合運動公園敷地内にサッカー施設および保育施設等を建設、運営することで、SDGsの観点からも社会的意義の高い事業となっている。

「熊本県フットボールセンター(仮称)」整備事業について

  • 施設名: 熊本県フットボールセンター(仮称)
  • 事業主体: 株式会社熊本フットボールセンター
  • 代表者: 代表取締役 松下 涼太(まつした りょうた)
  • 建予定地: 上益城郡嘉島町下六嘉(嘉島町総合運動公園敷地内)
  • 出資会社: 一般社団法人熊本県サッカー協会
  • 施設内容:
    サッカー施設概要
    ・人工芝グラウンド(2 面)
    ・クラブハウス(シャワールーム等)
    保育施設概要
    ・企業主導型保育園(定員 30 名)
    複合施設概要
    ・コワーキングスペース(定員 40 名)
    ・シェアワークアウトスタジオ(1 室)
    ・チームルーム(5 室) 他多数
  • 開業予定日:
    ・保育施設は、2022年春頃
    ・サッカー施設・複合施設は、2022年夏頃
  • 対応するSDGs
    ・4.1:スポーツを身近に、質の高い教育を促進する。
    ・8.9:雇用創出、スポーツ振興を通じた交流人口の増加を促進する。
    ・11.7:地域住民に安全で利用容易な緑地を提供する。
    ・17.17:嘉島町との官民連携事業として、さらなるパートナーシップを推進する。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ