こくみん共済 coop〈全労済〉/「2021年 こくみん共済 coop 地域貢献助成」募集のお知らせ

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
こくみん共済 coop〈全労済〉/「2021年 こくみん共済 coop 地域貢献助成」募集のお知らせ

こくみん共済 coop〈全労済〉のSDGsに関する取り組み/応募期間:2021年8月20日(金)9月30日(木)

こくみん共済 coop〈全労済〉(全国労働者共済生活協同組合連合会 代表理事理事長:廣田 政巳)では、地域でたすけあいの活動を行うNPO法人や市民団体などを支援するため「2021年 こくみん共済 coop 地域貢献助成」を実施します。
 本助成は、1992年に環境問題などに取り組む団体を対象にスタートし、今回で30回目となります。
 「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」をテーマに、「環境保全活動」「子どもの健全育成活動」「防災・減災活動」を通じて、地域社会のセーフティーネットづくりに取り組む団体の活動を支援します。
 地域で活動する皆さまからのご応募をお待ちしております。

  • 「2021年 こくみん共済 coop 地域貢献助成」の概要

助成テーマ:「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」

【助成の対象となる団体】
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)~(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1)NPO法人、任意団体、市民団体
(2)設立後1年以上の活動実績を有する団体
(3)直近の年間収入が300万円以下の団体

【助成の対象となる活動】
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
【例】防災研修、防災マップの作成、防災ウォークなど
(2)地域の自然環境・生態系を守る活動
【例】自然観察会、森林や生物多様性の保全活動など
(3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
【例】自然エネルギーの普及・啓発活動、省エネルギーや3Rの促進活動など
(4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
【例】親子サロン、読み聞かせ、プレーパークなど
(5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
【例】障がい・外国籍・ひとり親家庭などの子どもや親の交流など

【助成内容】
(1)1団体に対する助成上限額:30万円(1団体1事業のみ)
(2)助成総額:2,000万円(上限)予定

【助成の対象となる活動期間】
2022年1月1日~12月31日の間に実施、完了する活動が対象です。

【応募期間】
2021年8月20日(金)~9月30日(木)

https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/josei.html

<本助成の主旨>
 当会では、SDGsの達成に貢献していくため、「こくみん共済 coop SDGs行動宣言」にもとづき、「6つの重要課題(①共済を通じた安心の提供、②環境保全の取り組み、③子どもの健全育成の取り組み、④防災・減災の取り組み、⑤共創による社会づくり、⑥魅力ある組織づくり)」を設定し、「誰一人取り残さない」社会づくりに向けて、持続可能な社会づくり・セーフティーネットづくりに取り組んでいます。
 本助成はその取り組みの一つであり、6つの重要課題のうち「環境保全」「子どもの健全育成」「防災・減災」に関して、地域でセーフティーネットを広げている団体の活動を支援しています。

 

 

<こくみん共済coop>
正式名称:全国労働者共済生活協同組合連合会
たすけあいの生協として1957年9月に誕生。「共済」とは「みんなでたすけあうことで、誰かの万一に備える」という仕組みです。少子高齢社会や大規模災害の発生など、私たちを取り巻く環境が大きく変化しているなか、こくみん共済 coop は、「たすけあい」の考え方や仕組みを通じて「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」にむけ、皆さまと共に歩み続けます。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ