第一熱学建設株式会社 がSDGs私募債「地域の未来応援債」を発行し資金調達、筑波銀行が受託

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん SDGs
第一熱学建設株式会社 がSDGs私募債「地域の未来応援債」を発行し資金調達、筑波銀行が受託

筑波銀行、第一熱学建設株式会社 が発行する 寄贈サービス付 SDGs私募債「地域の未来応援債」を受託

株式会社筑波銀行(頭取:生田 雅彦)が、第一熱学建設株式会社 の発行する 寄贈サービス付 SDGs私募債「地域の未来応援債」を受託した。

第一熱学建設株式会社 の企業および発行私募債 概要

  • 会社名:第一熱学建設株式会社
  • 銘柄名:第一熱学建設株式会社 第 4 回無担保社債
  • 起債日: 2021 年 1 月 29 日
  • 発行額: 50 百万円
  • 所在地: 茨城県水戸市千波町 2499 番地の 5
  • 代表者: 代表取締役社長 田山 浩之
  • 設立:1970 年 10 月 8 日
  • 資本金:30 百万円
  • 事業内容:建築設備一式工事業・太陽光発電システムによる売電事業他
  • 寄贈先:水戸市立吉沢小学校
  • 寄贈理由:未来ある子供たちの教育環境整備に役立てていただきたい
  • 寄贈品: 体育館暗幕 一式

寄贈サービス付 SDGs私募債とは

寄贈サービス付 SDGs私募債は、筑波銀行が私募債発行企業から受け取る発行手数料の一部を地域の学校や地方公共団体に寄付または寄贈するサービスが付加された私募債であり、企業は比較的長期の資金調達を行うと同時に持続可能な地域社会の実現にむけた貢献ができるメリットがある。

  <以上>  

【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、資金調達をすると同時にSDGsへの取り組みを簡単に実施できる新しく便利な融資商品です。
銀行に法人口座を開設すると利用でき、都市銀行から地方銀行が積極的に取扱っています。

私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。
VOIXでは他にも、資金繰りを楽にする「中小企業におすすめの法人カード」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ