植物と「共に⽣きる」取り組みをBOTANISTが実施、株式会社I-ne のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
植物と「共に⽣きる」取り組みをBOTANISTが実施、株式会社I-ne のSDGsへの取り組み

植物と「共に⽣きる」未来のためにサスティナブルな一歩を踏み出す様々な取り組みをBOTANISTが実施

国連総会でSDGsが採択された9月25日(GLOBAL GOALS DAY)にキャンペーンをスタート

株式会社I-ne(本社:大阪市北区)が展開するボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST(ボタニスト)】は、国連が定めたSDGs週間に合わせ、サスティナブルな暮らしを広げるための様々な活動やキャンペーンを行います。

BOTANISTは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGsカードキャンペーン「 BOTANISTとはじめるSDGs」

9月25日は、国連総会でSDGsが採択された「GLOBAL GOALS DAY」です。BOTANISTでは、9月25日より、サスティナブルなアイデアを集めた「SDGsカードキャンペーン」を実施します。「SDGsに興味がある」「私も何かしたい!」と思っても「具体的に何をすれば良いか分からない」という人に向けて、BOTANISTは、「環境に配慮した製品を選ぶ」や「水はこまめに止める」など、SDGsに関する30のアイデアをカードにしました。身近なこと、好きなこと、面白そうと感じることがきっとあると思います。楽しみながら、持続可能な社会を目指すきっかけになればと考えています。

※「30のアイディア」はBOTANISTリニューアルのディザーキャンペーンで集めた「みんなのサスティナブル宣言」から抜粋しました。

・「BOTANISTとはじめるSDGs」
https://botanistofficial.com/shop/t/t1081/
・「みんなのサスティナブル宣言」
https://botanistofficial.com/special/sustainable_voice/

サスティナブル ポータルサイト(10月18日公開予定)

環境課題や社会課題など、世の中には様々な問題が渦巻いています。企業や消費者も、そうした問題と向き合い、より良い世界をつくるため、BOTANISTは「一歩踏み出す。自然と変わる。」をテーマに様々な社会の問題を提起するキャンペーンを行ってきました。
この度、具体的な一歩を踏み出すための、情報発信の場となるポータルサイト「FOR A SUSTAINABLE FUTURE 共に⽣きる未来のために、一歩踏み出す。」を開設します。
※ポータルサイトのURLは後日掲載いたします。

咲くやこの花館との取り組み

今月、植物園・咲くやこの花館(大阪市鶴見区)とBOTANISTは、植物に触れるワークショップを実施しました。「植物と人のつながり」をテーマに、咲くやこの花館の久山名誉館長が、自然を守る大切さなどを伝えるとともに、BOTANISTの空ボトルに、植物の寄せ植えを行いました。当日は、大人から子どもまでたくさんの方々に、「植物と共に⽣きる」ことについて考えていただきました。

BOTANISTの森

北海道美幌町で「BOTANISTの森」づくりを開始しています。森林保全団体 more trees を通じて、伐採跡地に複数樹種を植林し、多様性のある森に戻すための活動において、ボタニカルシャンプー・トリートメントに採用している「ホワイトバーチウォーター」を採取できる白樺(シラカバ)などを、来月、植林する予定です。 また、BOTANISTの売上の一部は、植林保全活動の支援に活用させていただきます。

BOTANIST

BOTANIST=植物学者ボタニカルライフスタイルとは、植物の恵みを⽣活・ライフスタイルに取り入れること。モノに溢れ、目まぐるしく変化する現代において、よりシンプルで丁寧な⽣活、植物と共に⽣きる事が、本質的な豊かさに繋がると考え、ボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST】は⽣まれました。環境への取り組みとして「森林保全団体 more trees」を支援しています。
・公式サイト:https://botanistofficial.com/
・公式Instagram:https://www.instagram.com/botanist_official/
・公式Twitter:https://twitter.com/BOTANIST_01

 

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ