食品ロス削減事業「ロスゼロ」、株式会社ビューティフルスマイル のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 更新 公開 SDGs
食品ロス削減事業「ロスゼロ」、株式会社ビューティフルスマイル のSDGsへの取り組み

食品ロス削減事業「ロスゼロ」、パソナグループ主催・淡路島スタートアップイノベーションコンテストにて準グランプリ受賞。

株式会社ビューティフルスマイルが、食品ロスの発生しない施設の仕組みを提案

ビューティフルスマイル社は、2018年4月より食品ロス削減事業を行っている。EC・DtoCフードシェアリングの他、《ロスゼロレストラン》《ロスゼロカフェ》の実績がある。その経験を活かし、島内のSDGs達成につながるソーシャルビジネスについてピッチを行った。同社は受賞を機に、今後パソナグループの淡路島オフィス利用や事業サポートを受ける。

構想名「もったいない」を新しい価値へ。食品ロスを減らして笑顔を増やすロスゼロ・レストラン

規格外食材だけでメニューを作る食イベントの運営実績(詳細後述)があるビューティフルスマイル社は、その経験をよりイノベーティブに進化させ、淡路島内にあるパソナグループの施設(将来的には淡路島全体)をサステナブルに近づける案として、島で発生する「もったいないもの」に新しい付加価値を与え、ブランディングしていくビジネスモデルについてピッチを行った。受賞を機に、ビューティフルスマイル社は今後同グループから事業サポートを受け、両社はSDGs達成を目指していくための共創をスタートする。

『淡路島スタートアップイノベーションコンテスト』概要

パソナグループは、2008年から農業の活性化・独立就農を目指す「チャレンジファーム」を皮切りに、兵庫県淡路島で”人材誘致”をキーワードに、独自の地域活性事業に取り組み、これまで、文化・芸術・健康・食・教育など、”人が集まる夢のある産業”を創造し、島内で多くの雇用を創出するとともに、全国の起業希望者に対し淡路島での起業支援を行っている。
本コンテストでは、先端技術を取り入れたスマートシティを実現するテクノロジー創出や、SDGs達成につながるソーシャルビジネスの創造など、社会(地域)課題を解決し、変革を起こすスタートアップ(起業家)の新規事業を公募。
https://www.pasonagroup.co.jp/asi/

《ロスゼロ食堂》、《ロスゼロカフェ》実績リポート

リポート記事一覧(24記事)
https://blog.losszero.jp/blogpost/blogcate/news-s/sosial-c/canteen/
規格外の生鮮食材が食品ロスにならないように、ロスゼロは2019年から地元のレストランとのコラボでワケあり食材をメニューにした食事会を不定期に行っている。食品ロスのプチ講座を行うほか、調理方法のレシピを配るなど、楽しく美味しく食べながら食品ロス削減を促進。有料ながら一日80人が満席と毎回好評であった。他にも食品ロス予備軍をおやつとするカフェイベントも開催している。

『ロスゼロ』サービス概要

2018年4月より未利用原料や未利用食品を消費者につなぐことで食品ロスを削減するフードシェアリングサービスを提供。製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐBtoCのほか、未利用の原材料を使ってオリジナルの「アップサイクル食品(Re:Youチョコレート)」を製造し、DtoCを行う。

作り手のブランド棄損を起こさぬよう、ロスの理由や作り手の思いをHPやイベントで丁寧に顧客に伝え、もったいないものをポジティブに消費してもらう「エシカル消費」を社会に提案。その他食品ロスや環境に関する情報コンテンツを大学生と作成、Z世代の人材育成にも注力。
大阪府「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業。2020年「食品産業もったいない大賞」審査委員長賞受賞。東大阪市及び兵庫県川西市と包括連携協定を締結、市の窓口を通じて子供食堂や福祉施設を支援。
・URL:http://losszero.jp/
・会社名:株式会社ビューティフルスマイル 代表取締役 文美月
・所在地:〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-21 四ツ橋センタービル9F
・事業内容:食品ロス削減事業『ロスゼロ』運営
・URL:http://beautifulsmile.co.jp/

 

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ