チャリチャリのneuetがサステナビリティレポートを公表

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
チャリチャリのneuetがサステナビリティレポートを公表

neuet株式会社 のSDGsへの取り組み、チャリチャリを運営するneuetがSDGs週間にあわせてサステナビリティレポートを公表

シェアサイクルだからこそできるSDGsへの取り組み

チャリチャリを運営するneuet株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:家本 賢太郎、以下「neuet」)は、サステナビリティレポート「シェアサイクルで一緒にSDGsしませんか?」をGlobal Goals Week (SDGs週間) に合わせて9月24日に公開しました。

neuetは「まちの移動の、つぎの習慣をつくる」をミッションとし、シェアサイクルという公共的な移動手段を担う存在として、福岡、名古屋、東京の各エリアにて地域に寄りそいながらの成長を目指しています。

とくに、福岡市とは共同事業として採択され、名古屋市とは連携協定を締結し、市内の回遊性向上、放置自転車の減少、自家用車の市内中心部への流入抑制などの課題解決に取り組んでいます。
こうした中、シェアサイクル事業を通してサステナブルな社会を実現するさまざまな取り組みを進めてまいりました。
これらの取り組みを紹介した本レポートを通じて、シェアサイクルが地域の中でどのように貢献し、持続可能な社会に繋がるかを共有していきたいと考えております。

サステナビリティレポートの主な内容

What’s Charichari ?

ーただのシェアサイクルではない?ー

シェアサイクルで一緒に SDGs しませんか?

・シェアサイクル x SDGs 2 つのキーワード「日常移動」と「垂直統合」

Charichari’s SDGs Practice

・シェアサイクルでウェルビーイングな生活を
・お客さまと一緒に実践していく SDGs ライフスタイル
・お客さまの時間もお金も無駄にしない SDGs ってホント?
・自転車を愛してるからこそ!ロングライフな自転車づくり
・IoTでサステナブルな新しい都市インフラへ

<SDGs Talk Session>
SDGs に取り組む企業と考える、持続可能な社会の作りかた
・SDGs に取り組む企業と考える、持続可能な社会の作りかた【東海テレビ放送株式会社】
・SDGs 実践への第一歩は「共感と行動のギャップを埋める【株式会社丸井グループ】
・地球規模ではなく、身近な地域にこそ SDGs はある【九州朝日放送株式会社】

サステナビリティレポート「シェアサイクルで一緒にSDGsしませんか?」

こちらからダウンロード可能です。
https://neuet.com/static/charichari/sdgs-booklet202109.pdf

Charichari(チャリチャリ)について

「Charichari(チャリチャリ)」は、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、かんたんにご利用いただける、1分6円のシェアサイクルサービスです。いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指しています。福岡では2018年2月にサービスを開始し、現在までに約2,200台の自転車と400ヵ所以上の駐輪ポートを展開し、累計600万回以上のご利用をいただくまでに成長いたしました。
2020年7月15日より名古屋市、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始。名古屋市内ではサービス開始後約1年で80ヵ所以上の駐輪ポートに拡大しています。
1分単位の料金設定や、手軽に使えるアプリ仕様から各エリアにて「ちょっとそこまで」の日常的な移動を中心にご利用頂いております。

・Charichari(チャリチャリ)
https://charichari.bike

Charichari(チャリチャリ)ではポートオーナーを募集中です

店舗やオフィスの軒先・駐車場の一部・自宅のガレージなど、あなたがお持ちの未活用スペースをチャリチャリのポートとして活用しませんか。チャリチャリのポートは、自転車3台程度の小さなスペースから設置できます。普段使われていない場所を、新しい価値として活用しましょう。

・くわしくはこちら
https://charichari.bike/portowner/

 

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ