「グリーンステイ with アスコット丸の内東京」、アスコットジャパン のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
「グリーンステイ with アスコット丸の内東京」、アスコットジャパン のSDGsへの取り組み

サステナブルコンシャスなホテル滞在を体験できる「グリーンステイ with アスコット丸の内東京」プラン発売

環境に配慮した新開発タオル導入・省資源につながるモバイルアプリ新機能の運用開始

アスコット社(The Ascott Limited/本社:シンガポール、最高経営責任者 ケビン・ゴー)が運営する宿泊施設アスコット丸の内東京(Ascott Marunouchi Tokyo/東京都千代田区)は、サステナブルコンシャスなホテル滞在を体験できるプラン「グリーンステイ with アスコット丸の内東京」を、2021年9月30日(木)より自社サイト(https://www.discoverasr.com/ja/offers/green-stay-with-ascott )にて販売を開始いたしました。

宿泊プランの特徴

このプランでは、アスコット丸の内東京が日本国内ホテル業界として初導入した、環境に配慮して新たに開発されたサステナブルなタオルを客室でご使用いただけるほか、アメニティとして環境繊維を用いて作られているボディシートとフェイスマスクをご用意しています。

また、モバイルアプリ「Discover ASR」の新機能として、アプリ内で「Go Green」プログラムに賛同したゲストには、滞在中のハウスキーピング省略を選択することで、省資源推進とロイヤルティプログラムのポイント付与を同時に行うサービスも運用を開始します。(3泊以上対象)

アスコット丸の内東京ではこの他にも、客室内キッチンに浄水器を設置しペットボトル入り飲料水の配布を取りやめており、ベッドリネンの交換不要を意思表示できるリーフレットを設置するなど、ゲストの参加と選択により、よりサステナブルなご滞在を体験いただけるよう努めています。

宿泊プラン概要

プラン名:グリーンステイ with アスコット丸の内東京
施  設:アスコット丸の内東京 住所 東京都千代田区大手町1-1-1 電話 03-5208-2001
宿泊期間:2021年10月1日(金)~2021年12月23日(木)
販売期間:2021年9月30日(木)~2021年12月22日(水)
宿泊料金:39,930円~(1泊2名1室、税・サービス料込)

・新開発のテンセル™(TENCEL™)*繊維を使用したサステナブルなタオルを先行して客室でご使用いただけます
・環境繊維ヴェオセル™(VEOCEL™)*を用いて作られたボディシートとフェイスマスクをアメニティとしてプレゼント
・インスタグラム@DiscoverASRJapan および@tencel_japan をフォローいただいた先着50名様に、客室タオルと同じ素材の限定ハンドタオルをプレゼント
・ロイヤルティプログラムアスコット スター リワーズ(Ascott Star Rewards)メンバーには、サステナブルな滞在へのご協力のお礼として2000 ASRポイントを進呈 ※チェックアウト時までに会員登録を済まされている方
・レストラン「TRIPLE ONE」の朝食付き

新開発タオルについて

環境保護と計画植林、水のリサイクルによる水使用量削減など、サステナブルな方法で生産された生分解性を有する植物由来の原料テンセル™モダール*を使用したタオルは、日本国内のホテル業界として初導入となります。吸湿性と放湿性が高い繊維を使用しており、毎回のクリーニングの際の乾燥の時間短縮による省エネルギーも期待されます。

タオルの織り加工は国内タオル産地として名高い愛媛県今治市の工場で行われています。リネンサプライヤーは、自社クリーニング工場で洗濯排水を飲用可能な状態まで再生したり、シーツやタオル、ユニフォームの長寿命化の研究を進めるなど、環境に配慮した取り組みを行う新日本ウエックス株式会社です。各ベンダー、パートナーの協同のもとサステナブルなタオルの導入が実現しました。

ホテルで使用されるタオルは通常、耐用期間に合わせ順次新しいものに交換されます。今回はそのタオル交換のサイクルに合わせ、10月1日以降、サステナブルなタオルを設置する客室を拡大していく予定です。「グリーンステイ with アスコット丸の内東京」プランでは、先行してのご提供となります。
*TENCEL™ 、テンセル™、VEOCEL™及びヴェオセル™はLenzing AG の商標です。

モバイルアプリの新機能について

 モバイルアプリ「Discover ASR」は、2020年10月にサービスを開始し、ロイヤルティプログラムアスコット スター リワーズメンバーにさらなる利便性を提供しています。このアプリでは、キャンペーンの検索、メンバーシップの管理、ASRポイントの交換、モバイルチェックインやチェックアウト、非接触型決済を行うことができます。

最新機能では、ゲストが到着前や滞在中のリクエストを施設と共有して、滞在をカスタマイズできる機能が含まれており、アスコット社の「Go Green」イニシアチブの一環として、3泊以上のご滞在でハウスキーピングサービスを省略すると、ASRポイントを獲得できるようになりました。省エネルギーや節水につながるだけでなく、獲得ポイントを割引に使えるなどゲストにも利便性のあるサービスです。この機能は今後更に多くの施設に段階的に展開される予定です。
ASRメンバーシップへの無料登録や詳細については、https://www.discoverasr.com/ja/sign-up をご参照ください。

アスコット社の持続可能性への取り組み

アスコット社は、キャピタランドグループの一員として、2020年に開始されたキャピタランドの「2030 サステナビリティマスタープラン」に沿って、持続可能性への取り組みを強化しています。マスタープランに掲げられた目標の中で、2030年までに全世界の施設をグリーン化し、再生可能エネルギーの使用量を増やし、炭素排出量、エネルギー、水の使用量を大幅に削減することを目指しています。国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)についても、キャピタランドでは、マスタープランの目標に一致させ、プラスの影響を達成できるよう積極的に取り組んでいます。
アスコット社は、30か国200都市以上の拠点をもつ宿泊施設のオーナー兼オペレーターとして、その国際的なネットワークを活用して、持続可能性への取り組みを拡大し、環境とコミュニティに大きなプラスの影響をもたらしています。2012年には「Go Green @ Ascott(ゴーグリーンアットアスコット)」を立ち上げ、持続可能性への取り組みをグローバルに活性化させています。2021年5月には、厳格な衛生と安全基準、健康支援、持続可能な実践を提供する「Ascott Cares(アスコット・ケアーズ)」への取り組みを強化しました。これには、ゲスト、スタッフ、環境への配慮に対する包括的な取り組みが含まれています。

アスコット丸の内東京のご予約、お問い合わせ先

・公式サイトからのご予約 https://www.discoverasr.com/ja/offers/green-stay-with-ascott

・お問い合わせ メール enquiry.marunouchi@the-ascott.com
フリーダイヤル 0120-914-886 海外から 03-6757-0760

ASCOTT CARES(アスコット・ケアーズ)

アスコット丸の内東京は、高度の衛生および清潔基準を維持し、遠隔支援事業者との提携を通じてお客様の健康を守り、そして持続可能性への取り組みを通じて、事業を行う地域社会に前向きなグローバルフットプリントを残すための取り組み「ASCOTT CARES(アスコット・ケアーズ)」により、世界最大級の試験・検査・認証機関ビューローベリタスが全世界共通で定める国際的基準を満たす宿泊施設として検証されラベルを取得しています。
アスコット社では、ビューローベリタスとのパートナーシップにより、お客様とスタッフの健康と安全を最優先事項として、安心のご滞在をご提供してまいります。詳しくは、https://www.discoverasr.com/ja/ascottcaresをご覧ください。

アスコット丸の内東京(Ascott Marunouchi Tokyo)

2017年3月開業の全130室を備えた、1泊からの短期、1か月以上の長期共に宿泊可能なサービスアパートメントです。大手町駅直結、東京駅まで徒歩10分という立地にありながら、ご自宅で暮らしているかのようにお寛ぎいただけるプライベート空間をご用意しています。レストラン、ジム、エクササイズ用プール、会議室を併設し、全室に家具、バスタブを備え、長期滞在にも快適なキッチンや洗濯乾燥機などを備えたお部屋も多くご用意しています。ビジネスやレジャーのいずれであっても快適にお過ごしいただける、アスコット社の最上級ブランドです。
住所:100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1 電話:03-5208-2001

アスコット社(The Ascott Limited)概要

アスコット社はシンガポールに本社を置き、世界展開する宿泊施設のオーナー兼オペレーターとして業界をリードする企業のひとつです。アスコット社の施設は、アジア・パシフィック、セントラル・アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカそしてアメリカの30ヵ国200都市以上に広がり、71,000室以上を運営、56,000室以上が計画・開発段階にあり、計790施設以上約127,000室に及びます。
サービスアパートメント、コリビング及びホテルのブランドとして、「アスコット ザ レジデンス」「ザ クレスト コレクション」「サマセット」「クエスト」「シタディーン」「ライフ」「プリファレンス」「ヴァーチュ」「ハリス」「シタディーン コネクト」「フォックス」「イエロー」「フォックス ライト」「ポップ!」を展開しています。
アスコット社のロイヤルティプログラム「アスコット スター リワーズ」は、同プログラム参加施設での滞在を直接予約したメンバーに、特別な特典を提供しています。
アスコット社はキャピタランド・インベストメントの完全子会社であり、1984年に「ザ アスコット シンガポール」をオープンしたことで、アジア・パシフィックにおける国際レベルのサービスアパートメントの先駆けとなりました。現在に至るまで30年以上の業界実績と受賞歴を誇り、世界中で認知されています。
日本では2002年に株式会社アスコットジャパンとして展開を開始しました。現在は「アスコット」を東京に1軒、「シタディーン」を東京に2軒と京都に1軒、大阪に1軒、「サマセット」を東京に2軒、日本初上陸のコリビングホテルブランド「lyf(ライフ)」を福岡に展開しています。2023年夏には「シタディーン」を神奈川に開業予定です。アスコット丸の内東京、シタディーン新宿東京、シタディーンセントラル新宿東京及びシタディーン京都烏丸五条は、トリップアドバイザーの2021年トラベラーズチョイスアワードを受賞しております。アスコット丸の内東京は、ミシュランガイド東京 2021 東京のホテル部門において3パビリオン(特に快適)として2年連続で掲載されております。
インスタグラム:@DiscoverASRJapan https://www.instagram.com/discoverasrjapan/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ