海と日本プロジェクト広報事務局/ビーチがバリアフリー!?障がいの有無に関わらず、海を満喫!障がい者と健常者が共に海を体験、楽しむイベントを開催!

VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
海と日本プロジェクト広報事務局/ビーチがバリアフリー!?障がいの有無に関わらず、海を満喫!障がい者と健常者が共に海を体験、楽しむイベントを開催!

海と日本プロジェクト広報事務局のSDGsに関する取り組み/2021年8月22日(日) 宮海海岸

ドリームやまがた里山プロジェクトでは、ビーチをバリアフリー化し、障がい者と健常者が共に海を体験、楽しむイベントを開催いたしました。イベントでは、マリンアクティビティを行い、浜辺に車イスやベビーカー、歩行補助くるま等で降りることができるよう、古タイヤをリサイクルしたゴムマットを砂浜に設置しました。このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

イベント概要
・開催概要:ビーチがバリアフリー⁉in宮海
・日程:2021年8月22日(日)
・開催場所:山形県酒田市宮海海岸
・参加人数:58名(参加者32名・スタッフ26名)
・協力団体:酒田市、東京オリンピック・パラリンピック酒田市ホストタウン推進協議会、NPO法人自然体験温海コーディネット、NPO法人スペース・アンド・タイム・クリエーション、山形県ガールスカウト連盟、山形ライフセービングクラブ

バリアフリービーチイベント
8月22日、山形県酒田市宮海海岸で、障がい者・健常者が一緒に楽しめるバリアフリービーチを創出したマリンアクティビティイベントを開催。20日に県から緊急事態であるという主旨の知事の会見発表があり、参加申込者の皆さんのほとんどから参加見送りという連絡あり、正に異常事態下での実施となりました。参加申込の1家族の他、海岸を訪れた市民等を巻き込み、イカダやビッグサップ、障がい者の方も海に入れるビーチスター等を体験していただきました。

砂浜にゴムマットを敷設
砂浜には、ゴムマットで車いすやベビーカー等でも通行可能な通路を設置、実際に用意した車イスで参加者・来場者に体験していただき実感してもらいました。また、写真の通り、歩行が大変なご高齢者も楽々と休憩テントまでお越しになり、久しぶりに潮風に触れて満足だ、とおっしゃっていました。

団体概要
団体名称:ドリームやまがた里山プロジェクト
所在地:山形県山形市十日町三丁目9-36
電話番号:023-666-6967
代表理事:小谷卓
設立:2015年11月30日
URL:https://www.dysp.org/

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ