山一商事とポリバレント、インタビュー企画「トップアスリートと考えるSDGs」を始動

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
山一商事とポリバレント、インタビュー企画「トップアスリートと考えるSDGs」を始動

山一商事とポリバレント、インタビュー企画「トップアスリートと考えるSDGs」を始動

株式会社山一商事(本社:東京都港区、代表取締役社長 松本大輔、以下「山一商事」)とポリバレント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 飯田修平)は、スポーツ視点での地球環境問題への取り組み、SDGs啓発活動を共同展開の一環として、インタビュー企画「トップアスリートと考えるSDGs」を始動します。持続可能な開発目標である「SDGs」が現代社会における不可欠なテーマとなるなか、プロのアスリートたちはこの問題にいかに向き合っているのか、「スポーツ界からできること」をテーマに展開します。とりわけ様々な道具を使うスポーツでは、17の目標のひとつである「つくる責任 つかう責任」が身近なテーマとして関わっています。このインタビューシリーズでは第一線で活躍するトップアスリートたちに、自身の「SDGs」に対する価値観を語っていただきます。本日、「第1回山田 優(フェンシング・エペ/山一商事所属)Masaru YAMADA 前編」を公開いたします。

■インタビュー

第1回山田 優(フェンシング・エペ/山一商事所属)Masaru YAMADA 前編
URL:https://yamaichishoji.co.jp/sports1/

山一商事とポリバレントは、グローバルで活躍するアスリートと連携した、地球環境問題への取り組み、SDGs啓発活動を共同で展開していくことを目的として、2021年12月に業務提携契約を締結しました。近年スポーツの分野も、環境問題やSDGsの観点で、グローバルで注目されてきています。競技場やスポーツ施設の建設が生態系に与える影響、大規模な大会等の開催によるゴミや騒音の問題などへの対応が求められています。また地球規模での環境問題は、温暖化によるウィンタースポーツへの影響や、海洋汚染、大気汚染、過度の紫外線等によりスポーツ選手、アスリートが活躍する環境や健康への影響も大きいものです。グローバルでの影響力のあるアスリートらと連携し、スポーツの視点から、地球環境問題への取り組みや、SDGsの啓発活動を継続して展開していきます。

山一商事は、「循環型社会の構築」を企業理念に掲げています。創業以来、約40年にわたり、産業廃棄物(普通・特管)収集運搬、中間処理、最終処分業、総合解体工事一式、スクラップ買取等をコアの事業として、東京本社、埼玉県(さいたま市、川越市、越谷市)、千葉県(成田市)等を中心に展開してきています。これらの事業経験、知見、資産の活用と各ステーククホルダーやパートナーとの連携を通じ、美しい環境を守り、次世代へ受け継ぐために、廃棄物そのものの量を減らし、リサイクルを徹底するとともに天然資源の消費を抑制し、 環境負荷をできる限り低減する循環型社会の構築に寄与していくことこそ、山一商事の使命です。事業展開そのものが、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の取り組みと捉え、サステナブルな循環型社会の実現に向け、グループ事業とともに様々な展開を継続するなか、今後も地域や学校、省庁、企業等さまざまなステークホルダーとの連携を強化していきます。

ポリバレントは、元サッカー日本代表の稲本潤一選手やアルバルク東京の田中大貴選手、スケートボーダーの堀米雄斗選手をはじめ、多くのアスリートをマネジメントしてきています。アスリートのメディアへのキャスティングやセカンドキャリアまでに目を向けたサポートができるユーティリティプレーヤーとして多くの選手のサポートを展開しています。スポーツをはじめとする文化へ貢献していくことが第一の目的に事業を展開するなか、近年はアスリートやスポーツ文化のアングルから、現代社会における不可欠なテーマであるSDGsへの貢献活動にも注力し始めています。

山一商事とポリバレントは、今後も両者の強みの活かし、サステナブルな循環型社会の実現に向け、グローバルで活躍するアスリートと連携したSDGs啓発活動等を共同で展開していきます。

■ポリバレントについて

  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿1-24-16 カルチェ恵比寿403
  • 代表者:飯田 修平
  • 設立:2014年10月
  • 事業内容:アスリートマネジメント事業
  • URL:http://polyvalent.tokyo.jp/

■会社概要

  • 代表:代表取締役社長 松本大輔
  • 所在地:東京都港区六本木7-15-14 塩業会館ビル9階
  • 創業:1979年5月9日
  • 事業内容:廃棄物収集運搬・焼却中間処理・安定型最終処分場の運営。
  • URL:https://yamaichishoji.co.jp/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ