合同会社チルシェがSDGsをサービスに組み込んだサービスサイト「Chilsche」をオープン

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
合同会社チルシェがSDGsをサービスに組み込んだサービスサイト「Chilsche」をオープン

サイズアウトした子供服に関するお悩み解決 × SDGsをサービスに組み込んだサービスサイト「Chilsche」が2022年12月1日よりオープン

合同会社チルシェ(代表:矢田 真太郎、本社:東京都品川区東品川3丁目21-10)は、必ずサイズアウトしてしまう子供服の手放し方に関する新提案と独自エコプログラム「こどもの木」プログラム等を通じて、“買うコトも渡すコトもワクワク体験に“をコンセプトにしたユーズド子供服専門の寄付・販売コミュニティプレイス「Chilsche」(チルシェ)を2022年12月1日より本格オープンいたします。※1

想い出いっぱいの子供服も必ずサイズアウトしてしまうという悩み

「退院したその日に着ていた服」、「初めてハワイに行った時の服」、「おじいちゃんとおばあちゃんがくれたけど季節が合わなくて一度も着られなかった服」など子供服には色々な想い出が詰まっています。

(イメージ写真:写真AC)(イメージ写真:写真AC)

 一方で子供服は必ずサイズアウトして不用になってしまいます。この必ずサイズアウトしてしまう。という悩みはお子様を持つ親御様が必ず直面する悩みです。また、サイズアウトしてしまうという事実があることで、洋服を購入する際に「勿体ないのでは?」「エコではないのでは?」という気持ちが芽生え100%気持ちよく購入できないことがあります。

本来サイズアウトすることはお子様の成長を実感できる素敵なコトであり、サイズアウトすること自体は問題ではない。むしろ、サイズアウトした洋服を気持ちよく手放せないことこそが問題の本質と「Chilsche」は考えます

サイズアウトした子供服の手放し方の現状

昨今は買取りサービスやフリマサイト等の普及に伴い子供服の手放し方には複数の選択肢が存在ますが、現行サービスでは「想い出を査定されている」、あるいは「育児に追われ出品・発送の時間を捻出することができない」等の感想をお持ちのかたも一定数いるのもまた事実としてあります。※2

※3(PRtimesスリーエム株式会社 記事より)※3(PRtimesスリーエム株式会社 記事より)

 現行サービスとは違う手放し方を提案することで選択肢が広がり、結果「気持ちよく子供服を手放せたと思えるかたが少しでも増えて笑顔になるかたが増えればよい」という想いをもとに当社は「Chilsche」サービスの提供開始にいたりました。

Chilsche3つのお約束

当社は「Chilsche」サービスを通じて、子供服を気持ちよく手放し、安心して購入できるようにすべく3つのことをお約束いたします。

1. 手放すコトがワクワクする仕組みを構築

 既存の買取サービスや寄付プログラムでは数量の下限やブランド指定がある場合もありますが、当社はブランドに関わらず1点から無料でお渡しいただけるサービスとなります。また、次のかたに渡った際に渡ったことを通知する仕組みを導入することで、お渡しいただいた後の透明性を追求いたします。そして、次のかたからもとの所有者のかたへメッセージをお伝えする機能を有していることも一つの特徴です。

2. 安心して購入できるサービスを提供

ユーズド品を購入する際に「コンディションが心配で購入に踏み切れない」という不安を払拭すべく、ユーズド子供服業界では異例の返金保証付きサービスといたします。※4

3. 独自のエコプログラム「こどもの木プログラム」

 お渡し頂く洋服や購入された洋服が一定数に達すると当社より提携団体に植樹を依頼。エビデンスを受領してHPに掲載していきます。この「こどもの木プログラム」を通じて地球温暖化の一役を担いお子様の未来にステキな風景を残せるようにしていきたいと考えております。

<注釈>
※1 サイト自体は2022年9月1日よりプレオープン
※2 当社調べ
※3 出典詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000009321.html
※4 一部商品につきましては、返金保証対象外となる商品もございます。
※ 記載されている会社名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

合同会社チルシェ 会社概要

  • 代表者: 矢田 真太郎
  • 所在地: 東京都品川区東品川3丁目21-10
  • 設立 : 2022年1月19日
  • URL  : https://www.chilsche.com/
  • 事業内容: リユース子供服専門の寄付・販売コミュニティプレイスの企画・開発・運営
 ▼本ニュースリリースについてのお問い合わせ
  • 合同会社チルシェ 広報担当
  • e-mail :corporate@chilsche.com ※@は半角に置き換えて下さい

リリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ