6自治体と大塚食品を繋ぐ取り組み、株式会社官民連携事業研究所 のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 更新 公開 SDGs
6自治体と大塚食品を繋ぐ取り組み、株式会社官民連携事業研究所 のSDGsへの取り組み

官民連携事業研究所が6自治体と大塚食品株式会社を繋ぐ新たな取り組み、フードロス対策プロジェクトを実施

大塚食品株式会社が6自治体に合計24万本の飲料を寄贈したことをコーディネートし、SDGsの観点から、官民連携を推進して持続可能な社会・まちづくりをサポート

「まちづくりに企業の力を」を経営理念とし、日本各地の自治体と官民連携による事業を企画・実施する株式会社官民連携事業研究所(大阪府四条畷市、代表取締役:鷲見 英利、以下「官民連携事業研究所」)は、SDGsやフードロスの観点から、企業から自治体への飲料や食品、ベビー用品などの寄付をコーディネートしている。

2021年7月から9月にかけて、大塚食品株式会社の協力のもと、大阪府岬町、高知県宿毛町、兵庫県三木市、大阪府枚方市、宮崎県延岡市、山梨県大月市(順不同)の6自治体に、ペットボトル(500mL)入りの清涼飲料水「マッチ ミネラル ライチ」を計24万本寄贈した。

各自治体では、小中高校の熱中症対策、災害における備蓄サポートや子ども食堂、新型コロナワクチン接種会場、各種スポーツ大会等のイベントでの配布など活用されている。

写真:各自治体との贈呈式・寄贈式(左上から、岬町、宿毛町、三木市、枚方市、延岡市、大月市)

官民連携事業研究所では、今後も同様の取り組みを全国の自治体と継続しながら、健康増進や教育、防災などの方面に広げ、SDGs、フードロス対策に取り組む企業と自治体の官民連携をサポートして社会に貢献していきます。

【本件に関するお問合せ先】
官民連携事業研究所と連携を希望するパートナー企業や地方自治体を随時募集しております。興味を持ってくださった方は、下記へご連絡ください。
株式会社官民連携事業研究所
メールアドレス:support@p4rl.com

株式会社官民連携事業研究所について

本社:大阪府四條畷市岡山1丁目3番12号 上邨ビル2F
H P:https://p4rl.com/
代表:代表取締役社長  鷲見 英利
設立:2018年11月
事業内容:日本国内における官民連携事業の推進など

 

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ