りそな銀行がサンケン電気株式会社のサステナビリティ・リンク・ローンを組成

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ESG
りそな銀行がサンケン電気株式会社のサステナビリティ・リンク・ローンを組成

りそな銀行がサンケン電気株式会社に対しシンジケーション方式によるサステナビリティ・リンク・ローンを組成

株式会社りそな銀行(社長 岩永 省一) と 株式会社埼玉りそな銀行(社長 福岡 聡)が、 9月 27日 にサンケン電気株式会社(代表取締役社長 髙橋 広)に対して、株式会社日本格付研究所よりサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットの合理性等について第三者意見を取得し、シンジケーション方式のサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)を組成した。

サンケン電気株式会社の「CO2排出量」の削減率をサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットに設定したファイナンススキーム

サンケン電気株式会社は、モーターの回転数を制御するパワーモジュールの製造・販売を行っており、企業の成長と環境負荷低減の双方を実現するため、生産拠点における設備の省エネ化や再生可能エネルギーの活用などを通じた「CO2排出量」の削減率をサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットに設定し、取引金融機関とシンジケートローンを組成するファイナンススキームを構築したという。

サステナビリティ・リンク・ローンとは

サステナビリティ・リンク・ローンは、環境・社会・経済に対する取引先の「サステナビリティ戦略」と、それに整合した目標である「サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPT)」を定め、達成状況に応じて金利等の融資条件が連動する借入手法。

サンケン電気株式会社へのシンジケートローンのスキーム図

サンケン電気株式会社へのシンジケートローンのスキーム図

サンケン電気株式会社へのシンジケートローンの概要

  • 契約締結日: 2021 年 9 月 27 日
  • 借入金額: 100 億円
  • 資金使途: 事業資金
  • アレンジャー 兼 貸付人: りそな銀行
  • コ・アレンジャー兼貸付人: 埼玉りそな銀行
  • 貸付人 :みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、八十二銀行
  • 第三者機関: 日本格付研究所

<公式ページ>

 

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ