スニーカー修理のWEBサービス、合同会社リモデリングプラス のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
スニーカー修理のWEBサービス、合同会社リモデリングプラス のSDGsへの取り組み

SDG’s的な新しいライフスタイルの実現に、WEB上でスニーカーの修理を気軽にオーダーするサービスのご紹介

お気に入りのスニーカーが破損したとき、スニーカー修理の専門店がWEBでその修理をお引き受けいたします。

現在スニーカーを取り巻く環境は、学生の普段履き、またはファッションシーンでのスニーカーマニア、ウォーキングやランニングなどのスポーツ・ギアにとどまらず、老若男女に通勤、買い物普段履きから、少しお洒落なシーンでのタウン履きなど、日常のあらゆるシーンでそのニーズは高まるばかりです。そうした昨今のライフスタイルの変化から、昨年来のコロナ禍でさらに環境意識が高まり、持続可能なファッションとしてスニーカーとの付き合い方も新しい形が生まれてきました。それはお気に入りのスニーカーをできるだけ長く愛用できるように、ちゃんとした修理ができること。
リモデリングプラスでは、従来の店舗型の見積修理ではなく、定価でWEBからオーダーできるスニーカー専門の修理サービス、そして自分だけのオリジナルスニーカーカスタムが気軽に作れる新しいサービスとして、2021年からスタートしました。

報道関係各位
2021年10月7日
合同会社リモデリングプラス

SDG’sの時代の気軽にWEB上で依頼するスニーカー修理のサービス開始

〜 店舗持ち込みが不要、WEBでより簡単に修理依頼できます〜
合同会社リモデリングプラス(本社:東京都墨田区、代表:中村秀幸)は、個人所有のスニーカー修理&カスタムをWEBから依頼できるサービス事業です。従来の店舗型から、お気軽にWEBサイトから修理、カスタムのご相談に応じます。
【URL】http://rmdplus-custom.co.jp

リモデリングプラス3つの特徴

1.スニーカー修理&カスタムを、WEBサイトから修理、カスタムそれぞれのシュミレーターを使ってオーダーできます。もちろんメールやラインを通じて、お見積りほかさまざまなご相談を承ります。
2.修理&カスタムご希望のお客様は、ゆうパックを利用の自宅への集荷、発送、受け取りができます。
3.スニーカーをオリジナルに戻す修理は部材の関係上難しいところ、弊社はオリジナル以上の品質の部材でアップグレード修理をサービスの基本にしています。

シュミレーターでは、修理したいメニューのピンを、カーソルを移動して画面上のスニーカー(線画)の上に置き、修理定額メニューの合計金額を確認、オーダーすることができます。

リモデリングプラス スニーカー修理&カスタム誕生の背景

スニーカーなどの履き物も、大量生産、大量消費の時代、そのまま履き捨てでは今後さらに環境に有害なものになります。リモデリングプラスでは、お客様所有のスニーカー修理&カスタムというサービスを、WEBで気軽にオーダーできる「今の時代にマッチした提案」をして、これからの新しいスニーカー・ライフスタイルを提案いたします。いままでの履き捨てを少しでも減らして、不用品という概念から「愛用したスニーカーと長く付き合う」という、SDG’s的なライフスタイルの実現をサポートします。

リモデリングプラスについて

50年近い社歴の靴修理工房とタイアップして2020年よりスタートしました。
取り扱うアイテムはスニーカーのみとし、環境に配慮したサスティナブルな価値観と、個人のこだわりを充足するオリジナルなデザインを提供するWEBサービスです。

合同会社リモデリングプラス 会社概要

会社名:合同会社リモデリングプラス
所在地:東京都墨田区緑1-22-8
代表者:中村秀幸
設立:2020年5月
URL:htpps://rmdplus-custom.co.jp
事業内容:個人所有スニーカーのリペア&カスタムのWEBサービス

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
TEL:03-6666-9009 (10:00am~17:00pm)
e-mail:mail@rmdplus.net

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ