生ごみ堆肥化でCO²排出量削減「ごみカフェKYOTO」プロジェクト(実証実験)を開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
生ごみ堆肥化でCO²排出量削減「ごみカフェKYOTO」プロジェクト(実証実験)を開始

SDGs先進都市 京都で、10月9, 10日にキックオフ! 生ごみ堆肥化でCO²排出量削減をめざす「ごみカフェKYOTO」プロジェクト(実証実験)を開始

株式会社夢びと 、ローカルフードサイクリング株式会社 のSDGsへの取り組み

 株式会社夢びと(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社長 中田 俊)、ローカルフードサイクリング株式会社(本社:福岡県福岡市東区、代表取締役:平 由以子)は、循環パートナーとして京都市内8社の企業等の参画を得て、家庭の生ごみを堆肥化するLFCコンポスト(生ごみ:20kg投入可能、CO²:9.8kg削減)を活用し、生ごみ減量により生ごみの焼却時に排出されるCO2削減に取り組む実証実験を10月9日から開始します。
10月9~10日、循環パートナーである大丸京都店で、LFCコンポストでつくった堆肥を回収し、「回収した堆肥量」から「削減したCO²量」を換算。「削減したCO²量」に応じて大丸京都店が「ごみカフェKYOTO」への寄付を公益財団法人京都地域創造基金を通じて行います。
これから順次、循環パートナーの企業等と家庭でコンポストを実践する市民の開拓、堆肥回収、堆肥を活用して野菜を育てる等の食循環のコミュニティ拠点づくり、CO²削減量に応じた寄付を募り、持続可能なSDGs先進都市 京都モデルの実現をめざしていきます。

1)取り組み背景

地球温暖化が加速する中で、全世界に脱炭素化が求められており、今後、市民、企業としても脱炭素(CO²排出量削減)、SDGsの取り組みを強化していくことは必須です。
今回、CO²排出量削減の取り組みの中でも、どの家庭にもあり誰でも取り組むことができる、実感の得やすさから、家庭の生ごみ削減に着目しました。生ごみは80%以上が水分ですが、日本では90%以上が焼却処分されておりCO²を排出しています。生ごみは、腐敗しやすく資源循環の取り組みが遅れており、削減の余地が大きい資源です。

2)京都市の現状

京都市のデータによると、平成30年度のごみ処理量は409,779トン、市民1人あたりに換算すると764g/日です。このうち「燃やすごみ」は全体の94%、うち生ごみの割合は38.3%、市民1人あたり263 g/日を占めています。

3)「ごみカフェKYOTO」プロジェクトの概要

コンポストは、家庭の生ごみを削減する有効な手段の1つです。人口の多い都市部のマンション等に居住して庭のようなコンポストを置く広い場所がなくても、コンポスト初心者がマンションのベランダで簡単に実践できる、電気不使用のバッグ型のLFCコンポストを普及していきます。LFCコンポストは、1日あたり300~400g/日の家庭の生ごみの投入が可能、2~3ヵ月で堆肥ができます。できた堆肥は、自分でベランダ菜園や畑を借りて活用することが可能です。都市部では、忙しくて時間がない、菜園づくりの場所や経験がないなどの理由から、できた堆肥が活用できない方も多くいます。そのため、本プロジェクトの趣旨に賛同し、主に以下の4つの役割を担える企業等を循環パートナーとして公募して、生ごみを堆肥へ、堆肥から野菜をつくる食循環をつくります。
参加者同士の交流も促される食循環のコミュニティ拠点を京都市内に複数つくることで、市民も、企業も循環の担い手になり持続可能なSDGs先進都市 京都ならではのモデルを実現していきます。

「ごみカフェKYOTO」スキーム「ごみカフェKYOTO」スキーム

▶大丸京都店 10月9,10日 EVENT「しまつのこころ」
https://www.daimaru.co.jp/kyoto/shimatsu_kokoro/event.html?fbclid=IwAR0hUflpw2OlrQjZ_pQxQ2oL42XV9TywXIHotjNDvW_OC6_mOGlz7wnPUik

▶循環パートナーの主な役割 ※パートナーによって担う役割は異なります
(1)顧客や社員向けにコンポスト普及に関するPRや循環教育を行う
(2)身近な地域で堆肥の活用先がない方を対象に、堆肥の回収を行う
(3)自社の事業と連携して堆肥を活用した菜園づくり、農家との連携(援農、収穫等)、交流イベントなどを独自で計画、実践する(規模、内容は自由設定)
(4)「回収堆肥量」から「削減したCO²量」に応じて、自社設定した単価の寄付、協賛を行う

▶循環パートナー(8社、2021年9月末現在)

・「ごみカフェKYOTO」のWEB https://www.gomicafekyoto.com/ 
・  寄付ページ 公益財団法人京都地域創造基金 ウェブページ内 https://www.plus-social.jp/project.cgi?pjid=117

4)「LFCコンポスト」とは

LFCコンポスト(国産)は、都市部に住むコンポスト初心者がマンションのベランダで簡単に実践できる「バッグ型コンポスト」です。このバックは、再生プラスチックの生地を使用しており、虫や雨がバック内に入るのを防ぐ特注ファスナー付きで繰り返し使えます。独自配合した基材で、臭いの発生を抑えます。コンポストに基材を入れ、300~400g/日の生ごみを入れて混ぜるだけ、1日1分の作業で微生物が自然発生して生ごみを分解、約2~3かヵ月で堆肥ができます。電気は使いません。2020年1月の国内販売開始以降、現在まで会員登録者数は約25,000名、主に首都・関西圏の主要都市部を中心に利用されています。

【「ごみカフェKYOTO」問合せ先】
株式会社夢びと  営業時間:月~金 10時~17時
メール :gomicafekyoto@gmail.com
電  話:075-231-5155

株式会社夢びと

「本物に出逢う」「生き方、働き方について考えてみる」「自ら、仲間と一緒にやってみる」の3つを大切にするオープンスペース「学び場とびら」を運営。赤ん坊から学生、会社員、起業家、育休中のママ、経営者、先生など多様な人が集まり、凸凹を活かし合い新しい価値創造を行う。コロナで閉店になった飲食店を学生たちと引継ぎ、あるものを活かした、捨てない事業づくりに挑戦している。
本社:京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地オフィスワン四条烏丸13階
代表取締役:中田俊
設立:2015年12月
会社ウェブサイトURL:https://www.gomicafekyoto.com/

ローカルフードサイクリング株式会社

栄養循環の実感と価値を届けることをミッションとし、コンポストの開発・製造・販売・サポートを一気通貫で提供する。福岡を拠点として2020年1月よりサービスを開始。コンポストの意義や暮らしを伝道するLFCコンポストアンバサダーなどの人材育成、できた堆肥の回収や、堆肥を農家に届け育てた野菜を購入するキャンペーン等、食の循環を社会インフラにする事業を展開する。
本社:福岡県福岡市東区香住ヶ丘6丁目12番3号
代表取締役:平 由以子
設立:2019年10月会社ウェブサイトURL:https://lfc-compost.jp/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人カード最強の3枚はこれだ!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット


※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ