一般社団法人エシカル協会が「エシカルフェスタ2023」を11月23日(木・祝)に開催

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
一般社団法人エシカル協会が「エシカルフェスタ2023」を11月23日(木・祝)に開催

5年ぶり!エシカルの祭典「エシカルフェスタ2023」11月23日(木・祝)に開催!

エシカル×リジェネラティブの多様な分野のマーケットおよびワークショップ、専門家とのトークショーを東京・広尾の聖心女子大学で実施。

2023年11月23日(木・祝)に、一般社団法人エシカル協会(東京都渋谷区、代表理事:末吉里花、以下「エシカル協会」)は聖心女子大学グローバル共生研究所(東京都渋谷区、所長植田誠治)と共催で「エシカルフェスタ2023」を聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザにて開催いたします。本イベントは、2015年から毎年1回、エシカルな生産や消費、ライフスタイルを考え、発信するために開催しているイベントです。当日は、聖心女子大学の学生やエシカル協会認定のエシカルコンシェルジュの方々にも運営に参加いただき、一緒に盛り上げていきます。大人たちと未来を担う若者たちが共になって、エシカルの学びや体験の場を作っていくことで、世代を超えた連携と絆を創出していきます。

今回のテーマに込めた想い

“Are you ready for your regenerative journey? ”
私たちの新しい旅のはじまり

昨今のパンデミックや異常気象などで明らかな通り、現在の気候や生態系は“地球沸騰化”と言われるほど、SDGsやカーボンニュートラル達成ではとても間に合わないほど急激に変化してしまっています。
そんな現在、そしてこれからの時代に、よりエシカルな暮らしを実現するために、重要になってくるテーマが「リジェネラティブ(環境再生)」
リジェラティブという考え方は、自然環境つまり土壌や生態系の改善をすることではじめて、私たちの暮らしや文化、ビジネスが持続可能になることを意味しています。
そして、この考え方の根本にある「人と人、動物、そして地球との繋がりを今一度見直し、再構築する」という意味において、リジェネラティブへの移行は1つの希望だと考えています。
そこで、今回このリジェネラティブ領域や精通したテーマで活躍するゲストの方々のクロストークやマーケット・ワークショップでのエシカル消費体験を通して、参加者の方々と一緒に課題への理解を深め、解決のためのアクションをしていく機会にしたいという想いを込めています。

コンテンツ内容及び出演者・出店店舗一覧(敬称略)

特別トークショー

11:00〜18:00(開場11:00~)

左上から)辻井隆行、衣川晃、衣川木綿、東光弘、竹本吉輝
左下から)奥川季花、水谷伸吉、野村路子、永田佳之

  • 開催場所:聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザ 3Fブリット記念ホール
  • 参加方法:事前予約
  • ご予約はこちらから:https://ethicalfesta2023.peatix.com

オープニング 11:30~

開会挨拶:
  • 末吉里花(一般社団法人エシカル協会代表)
  • 永田佳之(聖心女子大学グローバル共生研究所副所長)

トークショー① 11:45〜12:55

「大地の再生~リジェネラティブ実践者たちと考える、みんなにとって持続可能な食と農とは何か~」

登壇者:
  • 衣川木綿(はちいち農園園長/株式会社SOYSCREAM JAPANブランディング責任者CBO)
  • 衣川晃(はちいち農園ファーマー/株式会社SOYSCREAM JAPAN代表取締役CEO)
  • 東光弘(市民エネルギーちば株式会社/株式会社TERRA各代表取締役)
司会:
  • 辻井隆行(Jリーグサステナビリティ領域執行役員/元パタゴニア日本支社長)

トークショー② 13:55〜15:20

「森の再生~環境再生の答えはMORI(森・杜)にある!?~」

登壇者:

  • 奥川季花(株式会社ソマノベース代表取締役)
  • 水谷伸吉(一般社団法人more trees 事務局長)
司会:
  • 竹本吉輝(株式会社トビムシ代表)

トークショー③ 16:20〜17:40

「人間性の再生~世代を超えて、次世代に引き継ぎたい平和とは~」<アウシュビッツ等への学生スタディツアー報告会>

登壇者:
  • 野村路子(ノンフィクション作家/テレジンを語りつぐ会代表)
  • 学生6名(聖心女子大学)
司会:
  • 永田佳之(聖心女子大学 現代教養学部教育学科 教授/グローバル共生研究所 副所長)

特別出演/空間伴奏

平井真美子(音楽家)

プロフィール:

小鳥と古い楽器をこよなく愛する音楽家。主に劇伴作家として活動。ピアノと足踏みオルガンを軸に、音と音が混ざり消えゆく瞬間をとらえ、奏で、ている。最近は”とあるひ”と題し日々の心模様をスケッチした短編曲の創作に勤しむ毎日。

また、アート、服装飾、異なる分野で活動する作り手たちが開く催しの空間音楽制作やインスタレーションなどを実施。共創の場を広げている。

当日の空間伴奏について:

「リジェネラティブ」をテーマに、自身が親しんでいる山の裾野でフィールドレコーディングした環境音や、修復された古い鍵盤楽器、拾った珊瑚や落ち葉、など有機的かつ多彩な音で空間音楽を奏でます。

さまざまな分野でお話される皆さんの物語に、その日にしかない響きで交われたら。

エシカル・マーケット
11:00〜16:00(最終入場:15:45 予定)

エシカルな食品や雑貨などを取扱う企業・生産者・個人から、目利きの入ったラインナップでマーケットを開催。
出店者:

and/or(グラノーラ)/BOOK BUS by バリューブックス(古本)/BLUE Inc.(カトラリー・雑貨)/Hoippo(ペット雑貨、フード)/KAWAGUCHI(エコラップ・雑貨)/mellowbear(フードロスペットフード・雑貨)/MODRINAE(植林苗木ポット)/noi(富士山麓のワイルドアロマ・ハーブティー)/Öffen(リサイクルニットシューズ)/SHUNNO KITCHEN(旬のお弁当・調味料)/SHO Farm(不耕起栽培の野菜)/SOYSCREAM!!!(不耕起栽培アイス・野菜)/UKAI Brooklyn(ヴィーガン・グルテンフリースイーツ) /オーガニック蒸留酒のGreenbar(ノンアルコールドリンク・お酒)/七十二(森のスイーツ)/シモキタ園藝部(植物・ハーブティ)/聖心女子大学(Gnadaa Japanのアクセサリー)/ピープルツリー(フェアトレードチョコレート・雑貨)

(全18店舗)and more…

*アルファベット順

展示:

BUZZU(サステナブルなものづくりを提案)/市民エネルギーちば(ソーラーシェアリング)

エシカル・ワークショップ
11:00〜16:00(最終入場:15:45 予定)

エシカルな企業やブランドの商品やサービスを直接体験できるワークショップを開催。

  • rikskog(株式会社山櫻):バナナペーパーで作るオリジナル紙ハンガー *事前予約不要
  • ミヤザワ株式会社:バナナペーパーで万華鏡づくり *事前予約不要
  • Sports Upcycle Laboratory:使えなくなった想い出のボールを植木鉢にアップサイクル!
    事前予約フォーム:https://forms.gle/38eRmpgcveBthGRHA
  • シモキタ園藝部:りんご箱でキエーロづくり
    事前予約フォーム:https://forms.gle/Zh5x5cauYD6BFtiLA

 

 ▶イベント概要

〇日時:2023年11月23日(木・祝)11:00~16:00(最終入場:15:45 予定)

〇会場:聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザ

〇入場料:無料

〇主催:一般社団法人エシカル協会

〇共催:聖心女子大学グローバル共生研究所

〇協力:TOKYOエシカル

〇協賛:株式会社STACTs、豊島株式会社、花王株式会社、株式会社ワントゥーテン

〇運営:エシカルフェスタ2023実行委員会

〇コンテンツ:エシカルショップ出店、専門家と企業を招いたトークショー、エシカル消費を体験できるワークショップなど

一般社団法人エシカル協会について

一般社団法人エシカル協会は、2015年に日本で最初の”エシカル”の団体として立ち上がりました。エシカルの本質について自ら考え、 行動し、変化を起こす人々を育み、 そうした人々と共に、エシカルな暮らし方が幸せのものさしとなる持続可能な社会の実現を目指して、エシカル・コンシェルジュ講座や講演、企業や行政機関との取り組みや政策提言などを通じて、エシカルの考え方やエシカル消費の普及啓発に取り組んでいます。

イベントに関する問い合わせ先

  • 一般社団法人エシカル協会 事務局
  • info@ethicaljapan.org

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ