浜田化学株式会社が廃食油バイオ燃料で国内初の船舶運航に成功

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
浜田化学株式会社が廃食油バイオ燃料で国内初の船舶運航に成功

国内初!廃食油バイオ燃料での船の運航に成功

船用燃料に飲食店などから出る廃食油の直接利用は国内初

廃食油リサイクルの浜田化学株式会社(兵庫県尼崎市、代表取締役 岡野嘉市、以下、当社)は、廃食油を直接重油に混合したバイオ燃料での国内初の船舶運航を目指し、廃食油の納入を進めておりました。このたび無事に海上実証実験が完了しましたのでお知らせ致します。

今回の海上実証実験では、内航船2 隻を対象に、通常使用されている舶用燃料のLSC 重油にStraight

Vegetable Oil(以下、SVO)(※)を段階的に混合し、その有効性を検証しました。約1 か月の実証実験の間SVO24%添加の舶用燃料を使用し、燃焼性などに問題がないことを確認いたしました。

今回の実験で使用されたSVO は、当社が船舶燃料用に品質管理を行い、阪和興業株式会社(本社:東京都中央区)に納入したものです。SVO は加工処理を施していないバイオ燃料のため、加工処理の際に発生するCO2 を伴わず、加工処理が必要なBDF などと比べ、CO2 の削減が期待できます。また、生成プロセスが少ないため、他のバイオ燃料に比べ調達が容易で低コストを実現することが可能です。

この技術を活かし、飲食店やコンビニから排出される廃食油を使用した燃料で船舶を運航し、再び食材や商品を飲食店やコンビニに届けることによる、資源循環を実現します。

(※)SVO:FAME 化処理や水素化処理等の加工を施していない廃食用油

当社では、「人と循環で世界を救う Recycling Heroes 」という使命のもと、地球環境に貢献する循環型ビジネスをさらに発展させ、循環型社会の実現に取り組んでまいります。

(※)本件は国土交通省による 2023 年度「船舶におけるバイオ燃料 の利用に関する調査事業」の一環として行われた海上実証試験であり、SVO を利用した舶用バイオ燃料 の海上実証試験としては日本で初めてのものです。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ