株式会社サンシキと高知大学が、畜産由来のメタンガスを削減する「カギケノリ」に関し学会で発表

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社サンシキと高知大学が、畜産由来のメタンガスを削減する「カギケノリ」に関し学会で発表

サンシキと高知大学、畜産由来のメタンガス削減に効果的な海藻「カギケノリ」の生産に関する成果を学会発表

タンクでのカギケノリの生産試験にて、10日で10倍に成長させることに成功しました。

ビーカーでのカギケノリの培養の様子

海藻「カギケノリ」の安定的な生産がますます重要となる中、株式会社サンシキ(以下、「サンシキ」)と、高知大学総合研究センター海洋生物研究教育施設・海洋植物学研究室 平岡雅規教授らのグループは、カギケノリの生産に関して、共同で研究を進めてきました。

この取り組みの中で、高知県産のカギケノリのタンク生産方法に関する我々の研究が、学術的価値を有する成果をもたらしました。この成果を広く共有し、学術会・産業界に示すため、サンシキと高知大学の平岡研究室のグループが『日本藻類学会第48回大会』にて発表することとなりました。

発表の概要/ハイライト

(要旨より抜粋/改編)

  • この研究では、高知県須崎市沿岸で採取したカギケノリから種苗を作製した。
  • 屋外タンクでの生産試験では、初期生重量13gが10日間で約10倍の134gに増加した。

研究の背景

反芻動物によるメタン排出の問題

反芻動物のメタンガス排出のイメージ

牛などの反芻動物の胃に存在する微生物は、消化分解と同時にメタンを生成し、それらは主にゲップとして大気中に排出されます。

メタンガスの温室効果は二酸化炭素の28倍(*1)とされており、世界に数十億頭いるとされる反芻動物による温室効果ガス排出量は、全世界の約4%もの割合を占めています(*2)。

気候変動を防ぐため、一部の国では畜産業由来の温室効果ガス排出の削減目標が設けられており、解決策が求められています。

*1: “Overview of Greenhouse Gases”. EPA. 2024-02. https://www.epa.gov/ghgemissions/overview-greenhouse-gases, (参照 2024-03-13)

*2: “(研究成果) 乳用牛の胃から、メタン産生抑制効果が期待される新規の細菌種を発見”. 農研機構. 2021-11. https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nilgs/144910.html, (参照 2024-03-13)

カギケノリとは

カギケノリによるメタンガス削減のイメージ

カギケノリとは、紅藻類に分類される海藻の一種であり、日本を含む太平洋熱帯海域などをはじめとして、世界に広く分布しています。

研究により、カギケノリを牛の飼料に0.2%混ぜて与えることにより、メタンガスの排出が最大98%減少することが確認されています。(*3)

しかしながら、カギケノリの量産技術はまだ確立されておらず、世界のスタートアップ企業や研究機関が研究に取り組んでいます。

カギケノリの安定した量産技術の確立は、畜産業由来の温室効果ガス削減に向けた重要なステップとなっており、研究の進展に大きな期待が寄せられています。

*3: Robert D. Kinley, et al. “Mitigating the carbon footprint and improving productivity of ruminant livestock agriculture using a red seaweed”. ScienceDirect. 2020-06. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0959652620308830.

今後の展望

我々は、カギケノリの効率的な生産方法の開発や、環境条件等の最適化を目指し、カギケノリの養殖生産性をさらに高めるべく研究活動を展開していきます。

今回の研究成果を基に、さらに大規模な商業規模の環境下での生産試験を計画しています。既に高効率での生産手法を開発していますが、量産が可能であることを実証し、事業化に向けての道筋を築いていきます。

これらの取り組みにより、カギケノリの生産に革新をもたらし、畜産業界の持続可能性に貢献していきます。

日本藻類学会第48回大会の概要

サンシキについて

サンシキは、日本の海藻テクノロジーを使って、世界に海藻ベースのプロダクトを届けるスタートアップです。現在は主に、カギケノリを使ったメタン削減のための飼料サプリメントを開発しております。

高知大学・海洋植物学研究室について

海藻の高効率の生産システムを開発し、研究室で考案されたアオノリのタンク生産技術は事業化されて高知県から全国に普及している。海藻の生態、生殖を研究し、気候変動に対応できる藻類バイオマス生産技術を開発している。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ