「ジェンダーボンド」への投資について、株式会社北陸銀行 のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 更新 公開 SDGs
「ジェンダーボンド」への投資について、株式会社北陸銀行 のSDGsへの取り組み

北陸銀行、独立行政法人国際協力機構(JICA)発行の「ジェンダーボンド(ソーシャルボンド)」に投資

開発途上国のジェンダー平等と女性のエンパワメント推進事業に

株式会社北陸銀行(頭取 庵 栄伸)は、このたび独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する、開発途上国のジェンダー平等と女性のエンパワメントを推進する事業に資金を充当する「ジェンダーボンド」(ソーシャルボンド※)への投資を実施いたしましたので、お知らせいたします。
※衛生・福祉・教育などの社会的課題の解決を目的とした事業に要する資金を調達するために発行される債券のこと。
JICAは、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に実施する機関として開発途上国への国際協力を担っており、JICAによる債券の発行(JICA債)は、日本政府からSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための具体的施策の一つにも位置付けられています。
今回のジェンダーボンドの発行により調達された資金は、OECD-DAC(経済協力開発機構 開発援助委員会)のジェンダー事業分類基準(①ジェンダー平等に関する政策・制度整備を支援する事業、②女性を主な裨益対象とする事業、③ジェンダー活動統合事業)に合致する有償資金協力事業に充当される予定です(ただし、石炭火力発電事業への投融資を除きます)。
当行は、企業の持続的成長のために必要とされるESG(環境、社会、ガバナンス)や、国際連合が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)等の視点を踏まえながら、適切なリスク管理のもとで安定的な収益を確保できる運営に努め、当行、地域経済、および地域社会の持続的な発展を目指します。

1.投資したジェンダーボンドの概要

銘柄名

第61回国際協力機構債券(JICA債)

年限

10年

発行日

2021年9月27日

2.該当するSDGsの目標

5.ジェンダー平等を実現しよう

5.ジェンダー平等を実現しよう

10.人や国の不平等をなくそう

10.人や国の不平等をなくそう

 

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ