ペットボトルのリサイクル啓発プログラム、サントリー食品インターナショナル のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
ペットボトルのリサイクル啓発プログラム、サントリー食品インターナショナル のSDGsへの取り組み

サントリーが小学校・中学校・高等学校向けにペットボトルのリサイクル啓発プログラムを実施

東京都港区立青山小学校・私立青稜中学校・早稲田大学本庄高等学院よりスタート

サントリーホールディングス(株)とサントリー食品インターナショナル(株)(以下、「サントリー」)は、循環型社会形成を通した持続可能な社会の実現に向けて、小学校・中学校・高等学校向けにペットボトルのリサイクル啓発に関するプログラムを9月27日(月)より開始します。

サントリーホールディングス(株)とサントリー食品インターナショナル(株)(以下、「サントリー」)は、循環型社会形成を通した持続可能な社会の実現に向けて、小学校・中学校・高等学校向けにペットボトルのリサイクル啓発に関するプログラムを9月27日(月)より開始します。

近年、教育現場でも学習指導要領改訂により、「持続可能な社会の創り手の育成」が明記され、SDGs教育のニーズが高まっています。
一方、サントリーでは、2019年に策定した「プラスチック基本方針 https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/environment/recycle/plastic/」の4つ目の柱である「New Behavior」に基づき、消費者の行動変容を促す啓発活動を実施することを掲げています。今回、「ペットボトルという身近な素材を通して、リサイクルや資源循環、自分自身にできることについて考えてもらうきっかけをつくりたい」「教科書以外の学びを提供したい」という教育現場のお声にお応えし、当社社員が講師として参加するなど、啓発プログラムを順次開始していきます。

各プログラムにおける主な特長

東京都港区立青山小学校

(株)サン・アドと共同開発した「おこさまBINGO® -リサイクル-」を家庭学習教材に活用し、プログラムを通した知識習得だけでなく、子どもたちが楽しみながらリサイクル行動を起こすきっかけを提供する。

青稜中学校

学校側が行うSDGsゼミの一環として実施する。「水」を育む「天然水の森活動」や「ペットボトルのリサイクル」について、ディスカッションも交えながら、気候変動や海洋汚染の仕組みについても、理解を深めてもらう。

早稲田大学本庄高等学院

5月に締結した「資源循環型社会の実現に関する協定 https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF1131.html」に基づき、附属校である本庄高等学院との共同プロジェクトとして実施する。ペットボトルリサイクルだけでなく、企業のサステナビリティへの取り組み理由や、気候変動・海洋汚染の仕組みについても、理解を深めてもらう。

サントリーは、ペットボトルの「ボトルtoボトル」水平リサイクルを推進していくとともに、循環型社会の実現にむけ、豊かな地球環境を次世代に引き継ぐ活動を行っていきます。

以上

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ