JALが「未来に残す機内食」をテーマに「RED à table」を国際線で開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
JALが「未来に残す機内食」をテーマに「RED à table」を国際線で開始

日本航空 のSDGsへの取り組み、「未来に残す機内食」をテーマにした「RED à table」を10月1日より国際線で開始、

JALが「RED U-35~若き料理人たちによる機内食~」をリニューアルして「RED à table」に

2021年9月30日

 JALは、これまでSDGs達成に向けさまざまな機内食の取り組み(*1)を実施してきており、 今回、「RED U-35~若き料理人たちによる機内食~」をリニューアルし、新たに「RED à table」 として「未来に残す機内食」をテーマとしたメニューをスタートします。
「RED à table」のà tableは仏語で、「ご飯ができたわよ。さぁみんなテーブルに集まって」という、家庭的で温かく、楽しい時間の始まりを意味する言葉であり、食プロデューサー狐野扶実子氏とRED U-35(*2)ファイナリスト6名が一つのテーブルを囲み、美味しさに加えて食品ロス削減や食文化の継承などさまざまな視点でメニュー考案した機内食をご用意します。また、シェフ達のメニューへのこだわりやメニューの開発秘話を収めたオリジナル映像を機内にて放映します。
(*1) 「JAL Ethical Choice」参照URL:https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/service/meal/meal_skip/
「SDGsをテーマとした機内食を提供」参照URL:https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/200907/
(*2) 参照URL:https://www.redu35.jp/

JALの「RED à table」サービス概要

機内食

「未来に残す機内食」として、環境負荷の低減や食文化に取り組む「LOVE FOR THE PLANET」、伝統的な調理法や食材で社会との繋がりに取り組む「LOVE FOR THE SOCIETY」、栄養価の高い食材やシェフの新たな挑戦に取り組む「LOVE FOR OURSELVES」の3つのテーマに沿ったメニューをご用意します。

■第1弾メニュー:2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)は「LOVE FOR THE PLANET」のメニューを提供予定です。

メインディッシュ豆腐の油焼きとうまみ鶏肉味噌
五目御飯添え」
田陽平シェフ監修

肉味噌には、畜産のなかではCO2排出量の少ないと言われている鶏ひき肉や、「未来の食材50」に選ばれ栄養価の高いクルミを使用しています。また、発酵食品の味噌、漬物、乾物といった日本の食文化をふんだんに詰め込み、和食の良さや知恵を未来に伝えるメニューです。

メインディッシュ牛肉の四川水煮スタイル」
:髙木祐輔シェフ監修
サシが入りにくいことなどから、広く市場に出回っていない牛肉を使用していますが、スパイスや香りを生かした中国四川の伝統的な調理法や技術により、牛肉の深い味わいと美味しさを引き出したメニューです。

 サイドディッシュ狐野扶実子シェフ監修
これまでは使われなかったかぼちゃのわたや種まで丸ごと使用した「かぼちゃのムース」、食品廃棄物などを堆肥に栽培した「循環型ほうれん草」を使用した「キャロットヌードルと鶏、ほうれん草の胡麻風味」、「未来の食材50」に指定されているれんこんを使用した「れんこんとりんごのポテトサラダ」をご用意します。

JALの「RED à table」提供期間

「RED à table」は2021年10月1日(金)~2022年9月30日(金)まで実施予定です。
第2弾は2022年2月1日(火)~、第3弾は2022年6月1日~(水)を予定しています。

JALの「RED à table」提供路線

羽田・成田発     シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、
サンディエゴ、バンクーバー、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワ、
シドニー、メルボルン、シンガポール(*3)、クアラルンプール、デリー、ベンガル―ル、
ジャカルタ、マニラ(*4)、バンコク(*5)、ハノイ、ホーチミンシティー行き

関西発              ロサンゼルス行き
(*3)JL35便除く (*4)1種類のみのご提供 (*5)JL33便除く

JALの「RED à table」提供クラス

プレミアムエコノミークラス/エコノミークラス
※一部路線では、メニューが変更になる場合がございます。
詳細はURLをご参照下さい。https://www.jal.co.jp/inter/service/newsky/kitchen_gallery/red.html

オリジナル映像

新しい機内食に挑戦する7名のシェフに密着したドキュメンタリー映像を、10月1日より国内線、 国際線全路線の機内でご覧いただけます。
映像に登場するシェフとテーブルを一緒に囲んでいるような雰囲気でお食事をお楽しみください。

                                                                                                                                            以上

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ