チャリティ絵画コンクール「わたしのSDGs」、アミー株式会社 のSDGsへの取り組み

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
チャリティ絵画コンクール「わたしのSDGs」、アミー株式会社 のSDGsへの取り組み

【あなたのデザインが商品ラベルに!】チャリティ絵画コンクール「わたしのSDGs」作品募集開始、応募期間:2021年10月1~31日

あなたの「ï」をデザインして、環境配慮型デイリーケアブランドamieeの商品パッケージを目指そう

環境配慮型でフェムテックプロダクトや日用雑貨を製造・販売するアミー株式会社(東京都港区、代表取締役 渡部雪絵、以下「アミー社」)は、SDGs(持続可能な17の開発目標)のうち1つのテーマを取り入れ、運営するデイリーケアブランド「amïee(アミー)」のモチーフである「 ï 」を描きいれた絵画コンクールを開催します。作品の応募期間は2021年10月1日(金)~31日(日)。入賞作品は、オリジナル商品であるアミーライナー(【布製】使い捨ておりものシート・ナプキン)の商品ラベルになります(限定数)。当コンクールは子ども・女性支援活動に取り組む団体へ入賞作品ラベルの売り上げ1点につき5円を寄付するチャリティプログラムです。年齢・性別問わず自由に応募できます。

第一回アミーチャリティ絵画コンクールについて

本コンクールは絵画を通じて自分自身や環境について考えるきっかけを得て、楽しみながら社会課題に関する意識を高める機会になればと願い開催し、アミー社が創業当時から掲げるミッションの「日本に寄付文化を広げる」目的のもと実施するものす。

絵画に描きいれるアミーのモチーフ「 ï 」について

環境配慮型デイリーケアブランド amïee(アミー) は、「自分に振り向く一瞬をもって欲しい」という想いを込めて活動しているブランドであることから、「わたし」を意味する「 i = ï 」をシンボルマークとして採用しました。

作品にはSDGs ( 持続可能な開発目標 : Sustainable Development Goals )* の17の目標から1つのテーマを選び、アミーのブランドモチーフである「 ï 」**を描きいれて自由にデザインしてください。

*SDGs( 持続可能な開発目標 : Sustainable Development Goals )は、2015年9月の国連サミットで提唱された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17の目標・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も国や企業、個人当で積極的に取り組む動きがあります。アミーもこの取り組みを推進しております。詳しくはコチラをご覧ください。
(出所:外務省HP)

**「 ï 」はフランス語表記の「i = I = わたし」を意味します。

最優秀作品1点、優秀作品3点の合計4点をアミーオリジナル商品である「アミーライナー(【布製】使い捨ておりものシート・ナプキン)」のパッケージラベルに採用。応募者皆さまにアミーライナーをプレゼントします。

チャリティ絵画コンクール要項

コンテストテーマ

わたしのSDGs

応募対象

どなたでも応募可

エントリー・応募期間

2021年10月1日(金)~31日(日)

応募規定

1. 応募原稿
以下(1)(2)のいずれかで作品をお創りください。その際、SDGs17の目標のうち1つをテーマに選んだうえで、環境配慮型デイリーケアブランドamïeeのモチーフである「 ï 」を作品に描きいれて作品を仕上げてください。
※入賞者の作品はご送付ただく場合がございますので、原稿用紙の大きさは順守してください。
※お送りくださった作品は返却いたします。
※お取扱いが困難な作品にならないようご注意ください。

(1)A4サイズ(21.0㎝×29.7㎝)以内の用紙
※用紙向きは縦横自由
※丸形や変形した形もOK
※用紙の色、素材、形は自由
※厚さ5mm以内

(2)ダウンロード用紙(A4サイズ)
※アミー公式サイト( https://amiee.jp/2021-i-competition/ )からダウンロードしてください。
※すでにモチーフの「 ï 」が記載されていますので、この ï を活かして創作してください。

【SDGs17の目標一覧】
1. 貧困をなくそう
2. 飢餓をゼロに
3. すべての人に健康と福祉を
4. 質の高い教育をみんなに
5. ジェンダー平等を実現しよう
6. 安全な水とトイレを世界中に
7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8. 働きがいも 経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
10. 人や国の不平等をなくそう
11. 住み続けられる街づくりを
12. つくる責任 つかう責任
13. 気候変動に具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう
16. 平和と公正をすべての人に
17. パートナーシップで目標を達成しよう

2. 応募要件
※絵のどこかに「ï」をモチーフにしたデザインを入れる。
※SDGsの17の目標の中のいずれかのテーマをイメージする。

3. 画材:自由
色鉛筆、マーカー、クレヨン、絵の具など自由
※平面絵であれば、貼り絵や切り絵でも可。
※応募はスマホ等で撮影した画像を提出。

CGで描いた作品も応募可
※CG作品はコンピュータで描いた作品です。
タブレットやスマホでの創作も可能です。
※ご自身で制作されたものに限定してください。
既製品の使用は不可です。

4. 応募対象外となるもの
商業キャラクターや商標登録されたもの、著作権に反するものが描かれている場合。入賞作品意外もSNSやWeb等でご紹介する場合がございますが、対象外となる理由になるものが描かれていた場合の責任は応募者に帰するものとします。

■応募方法
1. 作品の制作
2. スマホ等で撮影して写真(データ)の準備
3. 下記リンクより提出
※応募リンク >> https://forms.gle/5KFFdNEahizRjg4UA

※応募作品はすべてアミー公式サイト( https://amiee.jp)内に掲載します。審査もございますので、提出くださるお写真は可能な限り美しく撮影くださるようお願い申し上げます。

■審査
アミースタッフ及びアミー運営を応援してくださる方々で厳正に審査します。

■入賞賞品など

  • ラベルに採用する「アミーライナー」について 

「アミーライナー」は、無漂白コットン100%の布製おりものシート・布ナプキンです。使い捨てタイプで衛生的、肌にやさしく環境負荷の少ない新しいサニタリーアイテムとして注目されています。

今回のコンクールでは、受賞作品がこちらのライナーのパッケージラベルになります。

アミーライナーについて詳しくはこちらへ
https://amiee.jp/amieeliner-line

アミーのモチーフ「 ï 」について

アミーは「自分に振り向く一瞬をもって欲しい」という願いを込めて活動しているブランドであることから、「わたし」を意味する「 i = ï 」をブランドのモチーフに採用しました。

フランス語表記(点が2つあるもの)を選んだ理由は、 「 ï 」の形がそれぞれ「自分を見つめる瞳」「女性の子宮のかたち」を表現しているからです。

アミーは環境配慮型のフェムテックブランドとして、またデイリーケアブランドとして、環境と未来に向けたモノづくりをして参ります。

モチーフである「 ï 」の背景をお伝えしましたが、皆さまの作品はこの背景にとらわれることなく自由な発想でお創りください。

アミー社の想い

アミー社は「日常生活の自然な消費から生れる寄付活動がもっとも継続性のある寄付活動」「寄付は未来への投資」と考えており、本プロジェクトに限らず取り扱いアイテムの販売1つにつき5円を途上国の女子支援やコロナ対策支援に寄付しています(寄付先:国際NGOプラン・インターナショナルさま、日本財団さま)。

必要としている方に「環境配慮型かつ作りすぎないというコンセプト」で生産された日用品を届け、その売上の一部を未来への投資につなげるという想いを込めて寄付をしています。

アミーについて:
amïee(アミー)は365日あなたの生活に寄り添う”デイリーケアブランド”です。「自分に向き合う一瞬を日々もって欲しい」そんな願いを込めて毎日の生活に欠かせないプロダクトを環境配慮型で開発しています。また、わたしたちアミーは女性のお悩みを解決する【フェムテック=Female Technology】企業として、社会に貢献することも目指しています。
---------------------------------------------------
【お問合せ先】
アミー株式会社 担当:松原、渡部(わたべ)
TEL 03-6374-5811
MAIL info@amiee.jp

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ